駄目だと言っているのに…(#`皿´) | SUMMIT RACING BLOG

駄目だと言っているのに…(#`皿´)

またまた、過去の作業記事です。




180SX ミッション オイル漏れの修理。

まずは、オイルシール交換!

オイルシール交換にあたり、ミッションオイルを抜きます。

↓↓外したドレン。こちらのオーナーさんも、シールテープ巻いてますね(ノ_・,)

駄目だと言っているのに…シールテープ。


シールテープはさておき、オイルシール交換。

↓↓新品を装着!


新品装着完了!!



ドレンボルトを取り付けようとした瞬間に、異変に気が付きました!

↓↓わかりますか?

↓↓クラック入ってます!

↓↓目の錯覚では無くて、間違いなくクラックです(#`皿´)





再三に渡り、駄目だ!!
とブログとかにも書いているにも関わらず、やはりやっている人が多い(#`皿´)

日産系のミッションドレンボルトにシールテープを巻く行為(#`皿´)

当然、日産系のデフも駄目です!

理由は、ドレンがテーパー形状になっているから!!

オーナーさん自ら、プライベートで車を触っている人は、自分の責任なんで仕方無いにしろ…

ミッションオイル交換や、デフオイル交換は殆どの人が、車屋やプロショップなどに依頼している人が多いはず。

その車屋やプロショップが、未だにシールテープ巻いているなら…

声を大にして言わせてもらいます!


お店、やめた方が良いですよ!

何故なら、車を壊すだけなんで!!(#`皿´)


日産車に限らず、ドレンボルトがテーパー形状になっていて、ドレンボルトの受け側の材質がアルミで出来ている車輌に関しては、シールテープは使用しないで下さい!!

いつか、必ず割れます!!








友だち追加


公式 LINE@は↑↑の “友だち追加” をクリック!


〒242-0024

神奈川県大和市福田6-9-24

㈲サミットレーシング

TEL 046-267-5191

FAX 046-267-8125

http://www.summit-racing.co.jp