自然素材は生かして使わなければ価値は半減

 

自然素材は、使い方が肝心! 
自然素材は、生きています。 
生きているのですから、 
呼吸ができるように使ってあげなければいけません。

自然素材を殺す環境においてはダメなのです。

自然素材がかなり使われるようになりとても喜んでいますが、 
一方で、素朴な心配があります。 
自然素材は生きていると思い、大切に使ってあげれば、 
とても長く、お役に立ってくれます。 
生きているものを長く元気でいるためには、 
窒息させずに呼吸ができる環境をつくりことと、 
太陽の恵みで育ったのですから、 
使用されてからも、 
間接的にでも 太陽の恵みを自然素材に届けることです。 

理想的には 建築後も、自然素材の裏表に流れる空気がふれること。 
太陽の光や熱が間接的にも届くことです。 
そうすることで、 
自然素材の水分の調整や腐朽菌の発生を抑える、 
シロアリや虫がつかないようにして 長生きさせることができます

 

自然素材は生かして使わなければ価値は半減