室内に使う材料の原則

 

室内に使う材料の原則

パッシブな家づくりに使用される材料は、健康に貢献する、安全である、エコロジヵルであるということが大前提になっています。ここでは、その大前提は当然のこととしてあえて触れずに少し違う観点から考えていきます。

室内に使う材料とは、具体的には、床、壁、天井に使われる材のことです。
それらのすべての材料に求められる共通の性能、それは、
調湿機能すなわち湿気を吸ったり吐いたりする吸放湿性能です。

湿気の多い日本の気候風土では、絶対に必要不可欠な要素です。昔の家では、土や板で当たり前のように実現されていたのですが、戦後の家づくりの主流は、全く逆さの材料が前提となってしまいました。

今では調湿機能のない材料ばかりがメインとなりました。
合板フローリング、石膏ボードにビニールクロス、ベニアにプリントした天井、たまに塗り壁があると思えば接着剤で固めたにせものジュラク壁など。質感もなく、ぺラペラな材料です。それらが、安い、ピカピカときれいで?ホテルのようだ、などと錯覚され、ここ20〜30年も使い続けられてきました。

 

これらの吸放湿性のない材料とあいまって、断熱気密が進み、日本の住宅は結露やダニカビ、腐れなど湿気の害に悩まされ続けています。
これらの湿気対策は、間取りや建築工法といった、もっと根本的な対策が求められるのですが、同時に、室内に使用する材料も避けては通れません。
例えば、いくら断熱性能のよいペァサッシを使用しても、窓面の結露が防げるというわけではありません・室内の空気中の水蒸気量が多ければ、必然的にガラス面に結露する可能性は大きいのです。
この窓ガラスの結露を防ぐためには、断熱性能をアップするだけではなく、室内空気の水蒸気量を少なくする必要があります。

これまでの一般的対策は、換気扇、除湿機、エアコン、ふとん乾燥機など機械器具のオンパレードです。

最近では二四時間機械換気など、ますます機械に頼る傾向が強まっています。すぐに機械に依存してしまう前に、建築的手法でできる限りのことをしましょう、ということが、パッシブな家づくりの原点です。現実に、天井や壁、床などに、調湿機能のすぐれた材料を使用すれば、窓面の結露はグンと少なくなってしまいます。

 

具体的にどのような材が適しているのかを見ていきましょう。

まず、木です。無垢であること、塗装処理していないことが前提です。

国産であればより望ましいと言えます。接着剤で固めた集成材では、性能が落ちますし、ウレタンなどのケミヵルな塗膜をつくってしまっては、全く無意味になってしまいます。
塗装するのであれば、木材の呼吸を妨げないように、自然のオイルやワックスを薄く塗る程度にとどめましょう。本来は、何もしない無垢材が一番です。
天井板や壁板は、無塗装がベストです。

次に、塗り壁です。

最近は珪藻土などがもてはやされていますが、残念ながら、そのほとんどがケミカルな接着剤で固められています。
それでも、漆喰など自然素材だけの塗り壁材料もあります。


また、最近では、ありがたいことに、工業化製品の中にも、安全な上に調湿機能を持つ材料が出現してきました。

昔からある材料としては、ケイカル板、これは杉板より多少落ちる程度の調湿機能があります。それ以上の吸放湿性能のあるセメント系ボードや新しい石膏ボードなども続々と発売されてきました。
それらを下地として、湿気の通過を妨げない、透湿機能のあるクロスや塗料も発売されています。もちろん、安全な素材として。

こうした組み合わせで、床、壁、天井を構成することは十分に可能となりました。
国産の無垢板でも、節を許容できれば、そんなに高いものではありませんし、さらには、板、塗り、塗装、クロスと多種に亘りますから、自在な設計表現も可能になりました。
ぜひ、これらの材を室内にたっぷりと使用しましょう。

しかし、最後に吸放湿性の高い材料の恐ろしい点にも触れておきます。

これらの材料を使うためには、守らなければいけない前提があります。それは、風通しのいい所や太陽の恵みのある所で用いるということです。

吸放湿ということは、湿気を吸う、吐く、ということです。
吸うという機能は、材料さえあればいいのですが、一旦吸いこんだ湿気を吐き出すためには、風通しや熱がかかることが必要になります。

閉じ込められた、風通しの悪い場所や太陽の恵みのとどかない場所では、せっかくの調湿性能も一瞬であって、長期にその機能を発揮することはできません。床下に置いた炭にカビが生えたという笑えない笑い話はそうした環境から生まれます。

田中慶明
やっと出会えた本物の家より

 

室内に使う材料の原則

新築の家で、犬が病気に…

正田純子さんのブログに大変なことが書いてありました。

犬好きには無視できません。ぜひ読んでみて下さい。

 

 

こんにちは

ヘルシーホームアドバイザーの正田純子です

 

 

知人が、念願の一戸建てを購入し、先月引っ越しをしました。

 

 

ところが、5歳になるワンちゃんが

引っ越し直後から体調を崩し、吐き下していると。

 

獣医さんによると「引っ越しによるストレス」だそうで

お薬を処方されたそうです。

 

 

 

 

その話を知人から聞き、思わず「うーん」とうなってしまいました。

それって、シックハウス症候群じゃないですか?

 

シックハウス症候群とは、室内空気汚染に由来する様々な健康障害の総称です。

シックハウス症候群の主な症状は

目がちかちかする

のどの痛み

全身の倦怠感

めまい

頭痛

吐き気

皮膚疾患 などなど

 

症状が、風邪や花粉症、自律神経失調症や更年期障害などに似ていることから

なかなか原因が特定できない病気です。

そもそも体調不良の原因が「家」にあるなんて、思いつかないですよね。

 

シックハウス症候群の原因のひとつは、

家の建材(材料)に含まれる化学物質(ケミカル)によるもの。

接着剤などに含まれるホルムアルデヒドや、

塗料やインクや洗浄剤などに含まれるVOC(揮発性有機化合物)が

原因で住んでいる人の健康を害してしまうのです。

 

 

 

知人の家では、引っ越し後にワンチャンをひとりで(一匹で?)

留守番させることが多く、

その際、ご近所に鳴き声が迷惑にならないように…と

窓を閉め切っていたそうです。

 

新築直後は、家の材料に含まれる有害物質が多量に

室内に揮発されるので、

閉め切った部屋の中では、有害物質濃度が高かったのではないかな…と思われます。

 

刺激臭に対する犬の嗅覚は人間の一億倍ともいわれるそうですから

ワンチャンの体調不良は、化学物質によるシックハウス症候群ではないのかな…

と思いました。

 

ワンチャンもそうですが、小さいお子さんも

シックハウス症候群で体調が悪くなっても

なかなか症状を伝えられません。

出来るだけ、身体に害のないもので家づくりをしたいと思います。

 

 

シックハウス症候群の心配のない材料で室内の仕上げをすると安心ですね。

それには、漆喰(しっくい)や、無垢の木などの「自然素材」がお勧めです。

 

窓を開けて、換気をよくすることで

有害物質の影響も多少は軽減されます。…多少ですけど。

ワンチャンの体調が早くよくなりますように…。

 

そうそう、無垢の木のフローリングは

ワンチャンの脚にも優しいです。

合板フローリングのようにつるつるしないので、ワンチャンも歩きやすいみたいですよ。

 

 

無垢の木や自然素材でつくるパッシブデザインの家を

ご紹介しています。

実際にお住まいの方のご感想はこちら↓

http://www.passive.co.jp/voice/

妹のぜんそくも緩和されました 

 

神奈川県茅ヶ崎市 I様(築1年)

半信半疑でPACのゼミナールに参加、また実際に住んでおられる方々のお宅を拝見し、お話も伺い納得の上で建築を決意しました。

 

大寒に入りましても、朝方の温度は10度を下らず、日中暖かな日は18度位に上がり、今まで暖房は10回使った位です。北側に面した部屋も寒さは感じず、各部屋の温度差のないことには感心しております。

外出から戻り玄関に入りますと、ホワッとしたぬくもりを感じ、留守中の家とは信じられない位です。毎日の家事も楽に動ける快適さ、主婦にとっては何よりありがたいことです。

 

また、妹が長年持病の瑞息で早朝の発作に苦労しておりましたが、入居して以来そのような苦しみは一度もなく、病状が改善されたと喜んでおり、PAC住宅の良さを痛感しております。

 

毎日温度計を見てまわるのも楽しみな日課となりました.一階と二階の差も1、2度位です。

これからだんだんと老いてゆくわれわれにとりまして、このような住宅で余生を送れるとは夢にも思っておりませんでした。

 

改めてPAC住宅に御縁がありましたこと、心より感謝しております。

 

妹のぜんそくも緩和されました 

日本の住宅をだめにした「中廊下」

 

住宅がだめになってしまった要因は数えたらきりがない。しかしこの何気なしにつくられる中廊下は、可愛そうだが犯罪者としては凶悪犯に入りそうだ。
まず、日本の住まいが持つ生活空間の融通性、可変性がなくなってしまった。どの空間も使いまわしができ、襖や障子の開け閉てで、空間は大きくも小さくも使えるというダイナミックさが失われた。

その上、自然との接点、生活のつながりすなわち家族の人間関係、そして温熱環境的にも問題が生じてきた。
では、何故中廊下を中心とした間取りがでてきたのだろう。住まいの中でも一人になれる空間がほしいという発想が、壁とドアで構成される個室という名の箱をつくり、箱と箱をつなぐ動線として、廊下が必要となってきた。

 

まるでホテルを思わせるような廊下に並ぶ個室のドア。ホテルの部屋の仕切りが襖や障子などでは困るだろう。ただ家族空間の中にどれほどドアで仕切らなければならないような個室が必要なのだろうか。
一人になれる空間がほしかったら一人で暮らしたら、と言ったら怒られそうだけど、わたしの子ども時代には家族の個室ってなかった。それは決して特別な住まいのありようではなく、ごく一般的な暮らしのスタイルであったと記憶している。
そして家族から距離がほしい、一人になりたいと思えば、一番自然だったのが結婚して家を出ると言うパターンだった。


誰々のための部屋とか、何々をするための部屋という感覚が家の中にはなかったのだと思う。しいて言えばトイレ、風呂、客間とか応接ということだろうか。しかし客間とか応接だって普段も使っていたし、小さい頃の住まいの風呂は台所とつながっていて個室にはなってなく、家族と一緒に入るケースが多かった。そうなるとトイレだけが唯一の個室だった。
 子どもの頃の思い出に話が飛んでしまったけれど、中廊下が必要とされる原因は個室にあるだけに、本当に必要な個室とは、ということを再度考えていただきたかった。
中廊下の害について言及したい。

 

住まいを分断することで、開口部から得られる太陽熱や光が家全体にとどけられない。そのため、昼間から照明が必要なほど暗い空間ができてしまうばかりか、中廊下をはさんで相当に大きな温度差をつくってしまうことになる。
住まいの中に温度差が生じると、血管系の病に良くないことはよく言われることで、お年寄りなどにとっては過酷な環境にもなりかねない。そしてさらなる問題は風通しが悪くなること
である。ドアと壁の個室、そして廊下という家のつくりは、窓を開けても風が抜けない。それでなくとも今の住まいは気密性が高い、それだけに窓を開けた時には風がす-つと抜けてほしい。

風通しが悪ければ湿気をこもらせることとなり、湿気の害は家を腐らせるばかりか、身体の不調にもつながり、カビの発生やダニの繁殖へと連鎖し、アトピー、アレルギー、過敏症などさまざまな健康障害を呼び寄せることとなる。
太陽が隅々まで行きとどかない、風が抜けない、自然との融合の上に成り立っていた日本の住まいはどこへいってしまったのだろう、と思わざるを得ない。
中廊下の存在は、住まいの中を分断しただけでなく、自然の恵みを遠ざけ、家族のふれ合いを希薄にし、広々使える生活空間を細切れにしてしまうという大罪をおかす結果となる。部屋と部屋を壁で仕切るから廊下が必要になるのであって、ふすまや障子で仕切るようにしておけば問題は解決しそうだ。
ドアと壁でつくる箱としての個室は本当に必要なところだけとし、できるだけ室内空間をつなげてつくる・廊下部分を居室空間にとり込めば広々した空間となり、もっと自然と仲良く暮らせる住まいができる。
家の中で一人になりたい時は、もちろんあると思う。でもそれが自分の部屋という位置付けでなければだめなのかと考えていくと、家づくり、少し見直せるような気がする。個室を個人の部屋と考えるから、いくつも個室が必要になるのであって、個室であっても共有で使うと考えればいいのではないだろうか。
いずれにしても中廊下など要らないと考えた時、そこから健康な家づくりの第一歩が始まるキッカケになりそうだ。

 

「住まいの健康」を手に入れ、アレルギー性湿疹が改善しました
妹のぜんそくも緩和されました 

 

「住まいの健康」を手に入れ、
アレルギー性湿疹が改善されました。
  
(熊本県熊本市.Uさん、2000年建築) 

二人目の子どもがお腹にいるとき(1999年)のことです。アレルギー性湿疹が身体中に広がり、全身のかゆみに苦しみました。それが健康に住まう家づくりへの出発点になりました。 

アトピー体質もあったので衣服も木綿素材を身につけることがほとんどで、特に食べ物には気を使い、なるべく無添加無農薬のものをと心がけていました。それなのにどうしてこんなに悪化していくのだろうと考えていました。 

そして、湿疹の悪化をきっかけに、自分の健康を損ねているのは「衣」でも「食」でもないとするなら「住」かもしれないと、住まいについての本を読み始めました。 

住んでいた賃貸マンションは、換気扇をまわすと玄関のドアが開かなくなるほど気密性が高く、窓の結露も水滴が流れ落ちるほどでした。住まいや空気汚染と健康との関係を調べれば調べるほど、「ここでは親子共々安心して暮らせない」ことが実感され、「健康に暮らすための住まいを手に入れるには、自分でつくるしかない」という考えに思い至りました。 

いろいろなメーカーの家を見てまわりました。「家に入った瞬間臭う」「目がチカチカする」「胸への圧迫感がある」「顔がほてる」など、自分の体が悲鳴をあげてしまうのです。 

どんなに形が良くても、どんなに「うちのは健康に配慮した住宅ですから」とセールス・トークで誘われても、体が敏感に反応してしまいます。

 

そんなときに夫がインターネットで探し当てたのがPAC住宅でした。熱心に聞けば聞くほど「矛盾」を感じた大手メーカーの家づくりに比べ、PACは調べれば調べるほど「納得」できるのです。「健康な住まい」と「夏冬の快適な住まい」の両方を両立できるのは、PACしかないという夫婦の結論に達しました。 

それからは、あるご縁で知り合った良心的で研究熱心な地元の工務店さんにPACのことを相談しました。自分のアレルギー体質のこともお話しし、PACのサポート建築で建てたい旨伝えました。結局、工務店の社長さんや大工さんには、専門的な立場から私たち以上に勉強しこだわってつくっていただいたと思います。 

PACの工法、建材、薬剤による防蟻処理をしないコト…、そして遠隔サポート建築と、それまでのやり方を完全に覆しての家づくりを引き受けていただいたのです。

張り物のない我が家はほとんど大工仕事ばかりです。家が完成した時大工さんが「こんなに大工仕事をしなくちゃならん家も今時なかった。そのうえ仕事もえらく気をつかわんとうまくいかんし、もう引き受けんちゃよか」と笑い話で話されたくらいです。

とにかく、納得するまでしつこくしつこく疑問に答えてもらえたことで「遠距離のサポ-卜建築」への不安はなくなったように思い

ます。工務店の方々にはまた別のご苦労もあったと思いますが。 

調べ始めてから完成まで長い時間がかかりましたが、「住まいの健康」を手に入れたことにはかえられません。おかげで湿疹の悪化はその後見られません。そして本当に自然に気持ちよく住めることの幸せを実感しています。 

三年が経ち、壁や床の色もだいぶ落ち着きを増しました。「自分たちの健康」を何より願って始めた、ある意味では自己中心的な家づくりでしたが、結果的に環境にも優しい家づくりになったのではないかと思います。 

そうそう、PAC住宅に一つ注文するなら、これしかないですね。環境に優しい断熱材の開発です。ぜひ近いうちに良いお知らせが聞けるよう願っています。

 

 

「住まいの健康」を手に入れ、アレルギー性湿疹が改善しました
妹のぜんそくも緩和されました 

実はお手入れが簡単だった! 無垢フローリング

正田純子さんのブログです。 大変に参考になると思い、私のブログにもアップしました。

こんにちは

ヘルシーホームアドバイザーの正田純子です

 

無垢フローリングの魅力について、

今日はびっくりの事実をお伝えします。

 

「無垢のフローリング」と聞いて、どんなイメージを抱きますか?

 

体によさそう…とか、気持ちよさそう…というプラスのイメージがある反面、

お手入れが大変そう…まめにワックスを塗らないと傷むのでは…といった

マイナスのイメージもあると思います。

 

ところがどっこい!

実は、無垢材フローリングのお手入れは簡単なのです。

 

 

日常のお掃除は、掃除機でOK。

掃除機をお持ちでない方は、ほうきで掃くだけ。

以上、お掃除終了です!  

 

ね、簡単でしょ。

もちろん、ルンバなどの自動掃除機もお使いいただけます。

 

面倒くさがりの私にとっては

「無垢の気持ち良さ」よりも

「無垢の木の調湿機能」よりも

なによりも

「合板フローリングより掃除が簡単で美しいまま」というのが

最大の魅力です。

 

どんなにすばらしい素材でも、

そこで毎日を過ごすのですから

傷をつけないように気をつけたり、

毎日のお手入れが面倒くさかったり…では

意味がありません。

 

 

気持ち良いうえに、性能が高く

メンテナンスが楽ちん💛

それが、無垢材のフローリングなんです。

 

一年に一度、硬く絞った雑巾で拭き掃除をして、

そのあと、天然のオイル(亜麻仁油など)をうすく塗ってください。

この、一年に一度のお手入れが無垢材フローリングを永く美しく楽しむ秘訣です。

 

ワックスはお勧めしません。

ワックスを無垢材フローリングに塗ると、木が呼吸できなくなるからです。

無垢の木の「調湿機能」が活かされなくなるからです。

 

メンテナンスがこんなに簡単な「無垢材フローリング」ですが、

住宅営業の担当者によっては

「お手入れが大変だから、やめた方が良いですよ」と

アドバイスする人もいます。

 

どうしてなのでしょう???

 

 

その答えは、「家づくりセミナー」でお伝えしています。

知りたい方は、ぜひセミナーにご参加ください。

ブログではご紹介できない話も、ぜーんぶ話しちゃいます。

他にも、無垢材フローリングの魅力や家づくりのヒント満載でお待ちしています。

http://www.passive.co.jp/event/ 

シックハウスの経験から「安全第一」を求めて

 

そこで自然素材、国産材、天然塗料、手づくり、身体に優しい家と、思いつくままのキーワードを元に資料を取り寄せて調べました。その中に「PACの家」があったのです。

 

待ち望んでいたものにようやくたどり着いた思いがし、共感で一杯でした。

 

しかし、私の思いが、大地震を経験している主人や親族にそう簡単に受け入れられるほど甘くはありませんでした。が、そこはとことん話し合いました。木造でも、建て方次第で地震にも火事にも強いことをPACのネットサイトで勉強し伝えました。また電話やメール交換でのていねいな姿勢に、自社の家づくりに対する愛情と誇りを感じ、PACの家に決めたのです。

 

その後、幸運なことに、今回お願いした親方とご縁がありました。長男でも大丈夫な材料選びは特に慎重に進める必要がありましたが、こちらの希望をいち早く察し柔軟に対応してもらえました。見積りから引渡しまでの約一年間、楽しく家づくりに参加できたのが、私たちにとっては一番の思い出です。主人も、文句のつけようのない基礎工事や、頼もしい桧の骨組みに、これなら大丈夫と感じたようです。質感の高い漆喰仕上げは心地よく、シンプルな外見ですがドアを開けるとそこはまさに癒しの空間です。悩みの種であった結露ともサョナラしました。

 

入居して約半年ですが、おかげで、長男も日常生活に支障がないくらいに回復し、心身ともに安定しています。結局、床も外部も建具も塗料を塗りませんでした。早くもあちこち傷がついていますが、本当に本当の無垢の杉・桧と漆喰に囲まれての生活に満足の一言です。また引き戸は評判に違わず使い勝手が良く、風が渡る気配を感じます。元栓付けの一軒丸ごと浄水器のおかげで、心配せずに水道水も使えます。

 

私たちが住まいに求めた「安全第一をPACの家は、多方面からクリアしてくれました。こうして思い起こすと、長男の発症はそれまでの生活・考え方を根本から見直すいい機会になりました。ハウスメーカーやフランチャイズの家を建てていたら、一生後悔したでしょう。PACの家を選んで間違いなかったと心から感謝しています。

 

シックハウスの経験から「安全第一」を求めて