妊活にも関係するセロトニン | 東京都 不妊症専門鍼灸院 住吉鍼灸院のブログ

東京都 不妊症専門鍼灸院 住吉鍼灸院のブログ

妊活中、ベビ待ちさんのための鍼灸院ブログ。延べ90万人を超える施術実績の不妊症専門住吉鍼灸院。錦糸町から一駅、住吉駅徒歩3分。病院を転院してきた方や年齢で難しいと言われた方からも続々と妊娠報告をいただいています。不妊治療で悩む人にも。

こんにちは

住吉鍼灸院 村石菜乃です


さくらんぼ🍒


こないだ奮発してさくらんぼを1パック買ったのですが、美味しくて一瞬で無くなってしまいました!😲


豆知識ですが、果物狩りで一番元が撮れるのはさくらんぼ狩りらしいです💡

いくらでも食べれちゃいそうですもんね!!



食べすぎると身体を冷やしてしまうので、フルーツでもほどほどが大事ですよ!




幸せホルモン「セロトニン」



セロトニンとは脳内の神経物質で、ストレスに対応したり、感情をコントロールするホルモンです。




セロトニンの働きは他にも

・覚醒させる

実は朝起きて頭がすっきりしていく状況はセロトニンによって起こるもので、目覚めが悪くいつまでも頭がボーッとしている人は、セロトニンが不足している可能性があります。

そのほかに、シャキッとした姿勢、目もぱっちり開く状態を維持するための筋肉への影響してるんですね。

・感情に働きかける

大脳の内側に大脳辺縁系という、意欲や心のバランスに関わる領域があって、そこにセロトニンが分泌されるとポジティブな気持ちがわき起こり、逆に分泌されない場合はネガティブな感情になります。


不足すると、覚醒しづらく感情のコントロールがしにくくなることで自律神経を乱し、不定愁訴がより多くなる(なんとなくつらい、なんとなく痛い)傾向にあるようです😱




生理周期によって、


イライラしたり

落ち込んだり

不安になったり

頭痛になりやすかったり

だるかったり



したことはありませんか??


強く出てしまうかたは、幸せホルモンと言われるセロトニンがなりていないのかもしれません。


女性ホルモンのエストロゲンは、セロトニンの分泌を活性化してくれる働きがあるのです。


なので、エストロゲンが減っていく排卵後、

黄体期は精神的に不安定になりやすい時期なのです。



セロトニンが減ると、甘いものが欲しくなります。


甘いものをたくさんとってしまったり、

セロトニンが減ることでストレス耐性が下がって、

それによって

自律神経が乱れる

とまた女性ホルモンのバランスも崩れて、悪循環になってしまうのです。。。





なるべくセロトニンを分泌しておくことがポイントになってきそうですね。





次回は、

そんな重要なセロトニンを

どうしたらたくさん分泌できるのか


についてお伝えしていきたいと思います。




それでは本日も最後まで

お読みいただきありがとうございました(^^)

次回もよろしくお願いいたします。

 


村石菜乃

 

 

 

施術ご希望の方は

こちらから予約状況ご確認できます♪

予約

 

 

延べ90万人を超える臨床経験の実績!
リピート率94%を誇る満足度
江東区の住吉鍼灸院
ご予約のお電話はこちら

03-5600-2522
東京都江東区毛利1−9−6マハロタウン1F
お気軽にお問い合わせください♪

---------------------------------
住吉鍼灸院はにほんブログ村に登録しています。
「この記事参考になったな」っという方は

クリックをお願いしますニコニコ

ポチッ!右矢印にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療相談・支援(業者)へラブラブ

他にも参考になるブログがいっぱい登録されています☆
あなたのもとにもコウノトリさんが来ますよ~うに!!