スイーツと排卵障害 | 東京都 不妊症専門鍼灸院 住吉鍼灸院のブログ

東京都 不妊症専門鍼灸院 住吉鍼灸院のブログ

妊活中、ベビ待ちさんのための鍼灸院ブログ。延べ90万人を超える施術実績の不妊症専門住吉鍼灸院。錦糸町から一駅、住吉駅徒歩3分。病院を転院してきた方や年齢で難しいと言われた方からも続々と妊娠報告をいただいています。不妊治療で悩む人にも。

こんにちは

住吉鍼灸院 院長の藤鬼千子です

 

 

また床が

真っ黒になりましたー笑い泣き

 

汚い画像でスミマセンアセアセ

 

 

半年前にダスキンさんに清掃をしていただいて、

この汚れガーン

 

 

ちなみに半年前の床はこちら↓

https://ameblo.jp/sumiyoshishinkyuin/entry-12425763576.html

 

 

みなさまいつも

ご来院いただきありがとうございますニコニコ

 

 

綺麗に清掃していただきましたキラキラ

 

 

----------------------------

 

 

 

最近わたし

甘いもの断ちをしています

 

 

 

甘いものやめるというか、

正確に言うと血糖値が一気に

上下しないような食事をしているのです

 

 

 

そのため

上差しはじめにおかずを食べてご飯を食べる

 

上差し空腹時の甘いものは食べない

 

というお食事をしています

 

 

 

血糖値と妊娠には

関係性があることを知っていますか?

 

 

 

 

不妊のひとつに

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)があることは

ご存知のことと思います

 

 

 

 

排卵障害の原因の多数を占める

内分泌疾患です

 

 

PCOSの中には

インスリン抵抗性が原因で

排卵しにくいということがあります

 

 

インスリン抵抗性があると、

通常よりもインスリンが効きにくくなるため、

インスリンの分泌量が増加して、

高インスリン血症という症状へつながります

 

その結果

卵巣からのアンドロゲン(男性ホルモン)の産生を増加させ、

卵胞が発育しにくかったり、

卵胞閉鎖を引き起こしたりします

 

 

 

理解できましたでしょうか??

 

 

 

空腹時にスイーツを食べる

→血糖値があがる

→ブドウ糖が血中に増えたことですい臓からインスリンが分泌される

→ブドウ糖が筋肉などに取り込まれて血糖値が下がる

 

 

血糖値がガンガンあがる食事を続けていると

インスリン抵抗性をもってしまうことになるのです

 

 

食事の仕方で

卵胞が育ちにくくなったりするわけです

 

 

 

なので多嚢胞性卵巣症候群は

食事の仕方を見直すことで

改善できる場合もあるのです

 

 

不妊クリニックに行けば、

食事の見直しをしなくても

排卵誘発剤を使用して対処することができるのですが、

妊娠するだけが女性のカラダではありませんので、

健康体でいることは人として大事なことですよね

 

 

 

 

***

 

 

血糖値と妊娠についてのおはなしでしたが、

私が甘いもの断ちをしていて感じたこと

 

 

それはおなかが減っても死にそうにならない

ということを実感しました

 

 

 

 

ある程度おなかは空きますが、

割と平気という感じになりました

 

 

つまり血糖値が下がったときに

下がりすぎず自分の力でキープできるようになったのです

 

 

人間のカラダは柔軟に変化してくれて、

愛おしい存在です

 

 

 

 

先日患者さんから頂き物をし、

メンバーにはかりんとうを、

私にはお吸い物をいただきました!

 

 

密かに甘いもの断ちをしている私に、

Iさんナイスです!

 

 

 

 

 

 

 

本日も最後まで

お読みいただき、

ありがとうございます^^

 

藤鬼千子

 

 

 

 

 

延べ90万人を超える臨床経験の実績!
リピート率94%を誇る満足度
江東区の住吉鍼灸院
ご予約のお電話はこちら
03-5600-2522
東京都江東区毛利1−9−6マハロタウン1F
お気軽にお問い合わせください♪

---------------------------------
住吉鍼灸院はにほんブログ村に登録しています。
「この記事参考になったな」っという方は

クリックをお願いしますニコニコ

ポチッ!右矢印にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 不妊治療相談・支援(業者)へラブラブ

他にも参考になるブログがいっぱい登録されています☆
あなたのもとにもコウノトリさんが来ますよ~うに