お金の切れ目は、縁の切れ目 | 日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

当院は大学病院や某有名鍼灸院に通っても、突発性難聴が治らず苦しむあなたのための応援団です。
日本で唯一の、どこに行っても治らない突発性難聴を専門的に治療する、離島を旅する鍼灸師です。


こんばんは。

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師のチベットです。




世の中には、「お客のため」だの「あなたのため」だの、聞こえのいいサービスを謳う商売で溢れかえっているわけです。



お客様第一とかいいながら、お金が払えなくなったりだとか、サービスに対して注文をつけた途端、「客」としての対象から外されて見放されることが往々にしてあるものです。




店側にとって都合がいい時だけ「お客様」で、ちょっとでも都合が悪くなると見放し見捨てる。



お金の切れ目は縁の切れ目っていうけれど。



僕からしてみればふざけた話だよ。



中途半端に期待させておいて、いつか見捨てるなら最初から関わらなければいいのにさ。



手のひらを返したように見捨てるくらいなら、いままでの「お客様」は何だったの…。





僕はそういう見捨てるっていうことが一番嫌なわけです。




もちろん事情がかわることもあるし、状況は千差万別だけど、


僕は一度でも引き受けた患者さんは絶対に見捨てない。



自分がされて一番嫌なことが見捨てられたり、「関係ない」って態度をとられることだからさ、


それをうちの患者さんには絶対にしたくないんです。





だから僕はそう簡単には治療を引き受けないし、いろんな相談メールにも簡単には応じないんです。



治療費は、責任の値段なんだ。



中途半端な優しさが、あとでどれほど人を傷つけ苦しませるか。



優しい言葉、親切な態度の裏には、都合が悪くなったら見捨てるという意味を含んでいることが多いもの。




だから自分だけは、患者さんにそんなことをしたくない。




患者さん以外の人間には興味ないんでどうでもいいけどね。



僕が責任もつのはうちの患者さんだけで、ほかの人間がどうなろうと知ったことではない。



だからさ、



軽い気持ちでうちに来たいなんて電話するなよ。




中途半端な気持ちの人に、僕は責任もちたくないんでね。





チベットでした。














健康と医療ランキング






詳しい医療コラムはこちら
https://ameblo.jp/sumiyoshi-tibet/





当院の口コミはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/review/1752/






メールでのお問い合わせはこちら


tourouken.0221@gmail.com







チベット院長のドキュメンタリー作品はこちら









院長のチベットって誰?なんでチベットなの?と思った方。facebookはこちら〉〉
https://www.facebook.com/sumiyoshisekkotsu/







院長の旅の軌跡。チベット旅ブログはこちら〉http://ameblo.jp/sumiyoshi-tibet/






日本で唯一の、離島専門雑誌はこちら
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680707/ap-sumiyoshi