価値があるのは自分自身 | 日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

当院は大学病院や某有名鍼灸院に通っても、突発性難聴が治らず苦しむあなたのための応援団です。
日本で唯一の、どこに行っても治らない突発性難聴を専門的に治療する、離島を旅する鍼灸師です。

こんにちは。

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師のチベットです。



2017年という年は、僕の人生においてもっとも「イケイケ」な時代でした。


ちょうど会社を興し、離島往診を毎月行い、目標にした年収を達成した、絶好調の時期でした。



だから、その時の様子を自分で振り返ると、なんか恥ずかしいというか、だいぶ勘違い人間だったかもしれません。



患者さんの気持ちとか、弱い人の立場とか考えず、思い上がりで生きていたような気もします。



別にそれも悪くはないと思うけどさ。





でも、最近ようやく気付いたんです。




積み上げてきたものに価値はない、とね。



治療技術、患者さん(顧客)、お金、経験、



いろんなものを積み上げてきた。



ずっと、ぞういう積み上げたものに価値があると思ってた。




学生時代は必死に勉強し、学園理事長賞という最高の賞も受賞した(賞金と額縁がすんごいの)。





棲み上げの人生だったけど、なんか変だなと気づいて2018年から今までのやり方を変え、生き方を変え、場所を変えた。



そこでもまた、いろんな積み上げがあった。




そして、2019年。



さらにこれはおかしいと気付き、うまくいかなくなり、もがき苦しんできて、ようやく心底気付いたことがある。





価値があるのは積み上げてきたものではない。




積み上げることができた、自分自身に価値があるのだと。







人はなにかを得ると、失うことを極端に恐れる。



最近の僕もそれに陥り、依存になっていた部分もあった。



でも、



たとえば貯金を1億したとして、


1億そのものに価値があるのではなく、


1億円を貯めることができた自分自身に価値がある。


自分には1億円の価値があるとの同じことだから、



貯金した1億円は手放しても構わないのだと。





手放してはいけないのは、いつだって自分自身だから。




それに気づいてから、ぐっと心が楽になった。



そういう生き方のほうが、はるかにかっこいいしな。





職人ってのは、だいたいそういう生き方だから、僕も自分に価値があるんだって、ようやく認めることができた。




ずっと弟子入りで否定されて生きてきたから、自分に価値があるって自分で認めることができてうれしい。




他人の評価なんかなんの意味もなくて、



自分がちゃんと、自分を評価してあげること。



それが大事なんだなって、ようやく気付いた。




だから、いま、悩んで苦しんでいる人も、



大丈夫。



あなたがあなたを認めてあげれば、あなたの人生はもっと輝くから。




そのお手伝いを、僕が治療で応援するよ。



それが僕の、治療家としての生き方だと思ってる。





ありがとう。





チベットでした。



















健康と医療ランキング






詳しい医療コラムはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/columnlist/1752/






当院の口コミはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/review/1752/






メールでのお問い合わせはこちら


tourouken.0221@gmail.com







チベット院長のドキュメンタリー作品はこちら









院長のチベットって誰?なんでチベットなの?と思った方。facebookはこちら〉〉
https://www.facebook.com/sumiyoshisekkotsu/







院長の旅の軌跡。チベット旅ブログはこちら〉http://ameblo.jp/sumiyoshi-tibet/






日本で唯一の、離島専門雑誌はこちら
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680707/ap-sumiyoshi