それぞれの苦しみ、それぞれの想い | 日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

当院は大学病院や某有名鍼灸院に通っても、突発性難聴が治らず苦しむあなたのための応援団です。
日本で唯一の、どこに行っても治らない突発性難聴を専門的に治療する、離島を旅する鍼灸師です。

こんにちは。

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師のチベットです。




自分の苦しみは自分だけのものであり、他人には理解できない。



治療家が口にした励ましの言葉や、安易な共感の態度が、人を苦しめることもある。




人には、それぞれの苦しみがあるもの。


自分の苦しみと相手の苦しみを混ぜて考えてはいけない。




自分には取るに足らない些細な問題が、相手にとっては命を削るほどの苦しみなのかもしれない。





治療家にとっては大した意味のない、ただの口癖のような励ましの言葉が、


病状を伝える何気ない口調が、



患者さんには耐えがたい苦しみである可能性もある。





いろいろうまくいっているうちは、そういうことには気が付かないもの。




成功者ほど、見えないものは増えてくる。




もっともみえないもの、それは自分自身の「今」の姿。




自分で自分の、「今」は見えない。




強い立場になるほどに、やがて相手の姿もみなくなり、気づけば独りよがりの孤独な存在になっているのかもしれない。










逆に、「成功者」に見える人の苦しみも、他人からは理解してはもらえない。


女の子が「キレイ」を維持するために、どれほどの努力と時間とお金を使っているのか、そこまではなかなか気づけない。




僕が離島に年間数十回行くことに対して、よく羨ましいだとかいい人生送ってるだとか言ってくる人もいるけど、

じゃあやってみろよ?

僕は好きで離島往診しているだけだから、自分が苦労するのは一向にかまわない。でも、なんにも知らない人から羨ましいだとかって連呼されると、

どんだけそれを続けることが大変なのかやってみろって言いたくなるわけですよ。





苦しみも、幸せも、気持ちも、

すべて自分だけのものであり、他人には理解できないもの。




だから、目に見える現象を通して、相手のことを理解したつもりになることが、どれほど相手を傷つけるのかを、もっと考えるべきでしょう。



人は思い込みの中で生きているもの。




自分が信じたいものしか信じないし、見たいものしか見えない。




そういうものだから。





互いの想いは永遠に一致しないからこそ、


お互いを想い続けることができるのかもしれない。





チベットでした。
























健康と医療ランキング






詳しい医療コラムはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/columnlist/1752/






当院の口コミはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/review/1752/






メールでのお問い合わせはこちら


tourouken.0221@gmail.com







チベット院長のドキュメンタリー作品はこちら

https://youtu.be/bQ6FVuHWxfI







院長のチベットって誰?なんでチベットなの?と思った方。facebookはこちら〉〉
https://www.facebook.com/sumiyoshisekkotsu/







院長の旅の軌跡。チベット旅ブログはこちら〉http://ameblo.jp/sumiyoshi-tibet/






日本で唯一の、離島専門雑誌はこちら
https://www.fujisan.co.jp/product/1281680707/ap-sumiyoshi