日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師 チベット院長のブログ

当院は神尾記念病院や某有名鍼灸院に通っても、突発性難聴が治らず苦しむあなたのための応援団です。
日本で唯一の、どこに行っても治らない突発性難聴を専門的に治療する、離島を旅する鍼灸師です。


テーマ:
おはようございます。

日本最高水準の耳鼻科・神尾記念病院で治らなった患者が当院に大勢来院することから、「営業妨害」だと妬みのクレームが来る難聴専門鍼灸院。

日本で唯一の、離島を旅する難聴治療専門鍼灸師のチベットです。





社会人になると、いろんな立場に立たされることになります。


自ら望んで立つこともあれば、気が付けばいつの間にかそこに居た、なんてこともあります。






たしか白洲次郎でしたか、役得ではなく役損だといいましたかね。



立場が上になればなるほど、役職に就く程に、損することが多いと。





ただ、その損ってのは単純な損得勘定の話ではなくて、上に立つ者は下の者を守るためにある、それが役職に就くってことだと言ってるんじゃないかなと僕は思います。



詳しくは知らないよ。








職人の立場というのは、どんな世界であれ弱いものでしょう。




下請けに回るほど、現場作業になるほど、立場は弱くなるのだと思います。




上からの指示に逆らえず、協調性をもって行動する。




それはそれでいい面もあるでしょうけど、



僕にとっての職人ってのは、聞き分けの良い人間なんかじゃないんですよ。





話が通じる職人ってのは、どこかで妥協したり、保身に走ったり、あるいは単純な損得勘定に走っているってことだと思うわけです。






でもさあ、職人ってのは技術屋なんだから、



無理なものは無理っていうべきだし、



自分の技術に誇りがあるからこそ、そして先人たちが遺してくれた技術の検証と継承をするためにも、頑固であるべきだと思っています。




話なんかいちいち聞いていたら、職人の仕事を全うできんだろうがよ。








治療家という職業も同じでしょう。





患者さんの人生を応援する手段の一つに治療があり、そしてそのためには妥協すべきではない。





もちろん、状況に応じて治療計画を変更したり、患者さんの希望や目標を聞くことは大事なことだけど、



それに振り回されていたんじゃ、職人としての仕事ができないって。







自分はこうありたい、こういう想いでやっている、そしてこういう人を助けたい。



そんな旗を心に掲げ、堂々と帆を張って、風を受けて進んでいきたいよな。





職人だからこそ、真っ向勝負だろ。










チベットでした。


























※不労所得に興味がある人は、まずはこれに登録しましょう。














健康と医療ランキング






詳しい医療コラムはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/columnlist/1752/






当院の口コミはこちら

https://www.shinq-compass.jp/salon/review/1752/






メールでのお問い合わせはこちら


tourouken.0221@gmail.com







チベット院長のドキュメンタリー作品はこちら

https://youtu.be/-JU1ewCH1A4








院長のチベットって誰?なんでチベットなの?と思った方。facebookはこちら〉〉
https://www.facebook.com/sumiyoshisekkotsu/







院長の旅の軌跡。チベット旅ブログはこちら〉http://ameblo.jp/sumiyoshi-tibet/








リアル忠犬ハチ公を従えて、堂々たる日本男児の生き様を貫きたい方はこちら

https://ameblo.jp/zion-akitainu/







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

斉藤鍼灸院さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。