周りの言葉に左右される必要はない | パソコンが好きになるブログ〜表技・裏技・便利技伝授!

パソコンが好きになるブログ〜表技・裏技・便利技伝授!

北海道札幌市中央区 大通駅徒歩7分のパソコンスクール「リズ札幌・ライフデザインスクール」パソコンインストラクター川上雄大によるパソコン・IT・ワンポイントレッスン。
スクールでのいろんな方のパソコンレッスンだったり、パソコンとは関係ない話だったり…


テーマ:

こんにちは、パソコンインストラクターの川上雄大です。

 

 

 

 

なんとか自分の情報を発信をして、みんなに知ってもらおうとしたりして、頑張ってブログ書いたり、SNSやったり、セミナーでかけたり、ランチ会に参加したりして、

 

ようやく、自分の認知度が上がってきたかな、

 

といった頃にあるのが、次の段階。

 

 

自分のやっていることを好まない人も目にするわけで。

 

すると、誹謗中傷、嫌がらせ、ダメ出し、一方的な上から目線の意見、アドバイス等を知らない人から受けることが出てきたり・・・。

 

 

嫌なら見なきゃいいのに、

 

という言葉は届かず、

 

 

勝手に、自分の首を絞めて、

 

勝手に落ち込んでいったり、

 

塞ぎ込んだりして、

 

発信をしなくなってしまう・・・。

 

 

そんな人をたくさん見てきました。

 

 

きっと、みんな、真面目だから、まともに受け取っちゃうのでしょうね。

 

 

あ、真面目がダメだ、と言っているわけではありませんのでm(__)m

 

 

要は、

 

 

周りの言葉に左右される必要はない

 

 

ということです、ので^^!

 

 

夢に向かって、

 

希望に向かって、

 

明日に向かって、

 

 

しっかりと歩いていくことが、大切なんだろうな、

 

 

と、50過ぎて、なんとか感じている次第でございますm(__)m

 

 

 

そういえば、孔子の論語にこういうのがありますね。

 

 

子の曰く

『吾れ
十有五にして学に志す。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳順う。
七十にして心の欲する所に従い、矩を踰えず。』 (為政編)

 

 

<意味>

孔子は言う。

私は15歳で学問に志した。

30歳で自信がつき 自立できるようになった。
40歳で心に惑いがなくなった。

50歳で天から与えられた使命を知るようになった。
60歳では耳にどんな話が聞こえても動揺したり、腹が立つことがなくなった。
70歳になると、自分が行うすべての行動は、道徳の規範から外れることはなくなった。
 

 

15歳を志学(しがく)、30歳を而立(じりつ)、40歳を不惑(ふわく)、50歳を知命(ちめい)、60歳を耳順(じじゅん)、70歳を従心(じゅうしん)と呼ぶ。

 

 

どんな話が聞こえても動揺したり、腹が立つことがなくなるのは、60歳を過ぎてから、という孔子の言葉がありますが、

 

60歳にならないと、腹が立たなくならない、と諦めずに、その前の歳でも雑音は気にしない、強い心を持てるよう精進するといいですね。

 

 

というか、

 

これは自分に対してのひとりごと、でしたm(__)m

 

 

Instagram

 


LIDS札幌・ライフデザインスクール
川上 雄大

 

 

 

 

川上雄大

 

川上 雄大☆パソコンインストラクターさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント