いじめは良くない。 | パソコンが好きになるブログ〜表技・裏技・便利技伝授!

パソコンが好きになるブログ〜表技・裏技・便利技伝授!

北海道札幌市中央区 大通駅徒歩7分のパソコンスクール「リズ札幌・ライフデザインスクール」パソコンインストラクター川上雄大によるパソコン・IT・ワンポイントレッスン。
スクールでのいろんな方のパソコンレッスンだったり、パソコンとは関係ない話だったり…


テーマ:

こんにちは、パソコンインストラクターの川上雄大です。

 

 

ちょっとパソコンのお仕事のお話ではないですが。

 

 

さきほど音楽活動用のブログを書いていたら、ちょっと昔の頃のことを思い出しまして。

 

そう、今日(7/21)の夜にお祭りで30分ほどステージに立つのですが。

 

その場所(万生公園)が、昔小さい頃(小学校の低学年)で、住んでいたり遊んでいた場所の近くでして。(あまり記憶はないのですが、もしかしたら、その頃この公園で遊んだこともあるのかもと。)

 

Google Mapで付近を色々とチェックしていたら、懐かしい場所、通っていた耳鼻科、通っていた南郷小学校など、急にその頃の思い出が出てきまして。

 

その中で、なぜだか、ある公園(それがどこの公園かは思い出せない)で、ある年上の兄弟に泣かされたことが思い出されて。

 

具体的にどのようないじめを受けて、泣いて家に帰っていったかは覚えてはいないのですが。

 

ただ、記憶の端には、小学1年か2年の頃、2つ下の弟を連れて(たぶん、くっついて来たのだと)、公園の鉄棒で遊んでいたかと。そして、何かしらいじめられて、弟を連れて、泣きながら家に帰って行った、ということが。

 

たぶん、もっと、もっと良い思い出があの頃、その地であったのだと思うですが、なぜだかそれが真っ先に頭に出てきて。

 

そしたら、その頃の気持ちまで戻ってきてしまうのですね。

 

 

兄として恥ずかしい、という気持ちや、自分は何も悪くないのになぜ意地悪をされるのか、といったやるせない気持ちなど。

 

そして、なぜ泣いていたのかはよくわからない・・・、けど、なんだか悲しい、と。

 

 

でも、

 

あ、あれはいじめだったんだな、と今は思う。

 

 

やっぱり、子供でも大人でも、

 

いじめは良くない、

 

ですね。

 

 

身体の傷は治ってしまえば、また鍛え直すことができるのでしょうが、

 

心の傷は、すぐには治らずに、ずーっと何十年も心の中に残ったりしますからね。

 

 

 

それにしても、その後、小学3年生から栗山町へ転校して、岩見沢、札幌、函館、札幌、東京、千葉、札幌と移動しているのに、またこの場所に戻って、ステージに立つとは・・・。

 

 

これも必然、なのかな、と。

 

 

 


以上、ひとりごとでした。

 

Instagram

 


LIDS札幌・ライフデザインスクール
川上 雄大

 

 

 

 

川上雄大

 

川上 雄大☆パソコンインストラクターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント