パソコンが好きになるブログ〜表技・裏技・便利技伝授!

北海道札幌市中央区 大通駅徒歩7分のパソコンスクール「リズ札幌・ライフデザインスクール」パソコンインストラクター川上雄大によるパソコン・IT・ワンポイントレッスン。
スクールでのいろんな方のパソコンレッスンだったり、パソコンとは関係ない話だったり…


テーマ:
こんにちは、パソコンワンポイントレッスン!

PCインストラクターの川上です。


今日はちょっとデザイン(レイアウト)のお勉強を。


グリッド拘束率」について。

グリッド拘束率は「自由度」ということになります。


ヘッダー画像などで、写真やタイトルの位置を決めるのには、レイアウト用紙上のグリッド線に沿うのが原則です。


グリッド線に沿ってレイアウトされたのが、グリッドに拘束されたレイアウトで、「グリッド拘束率」が高い、と言います。

一方、グリッド線を無視して、自由に配置するレイアウト方法もあり、これを「グリッド拘束率」が低い、と言います。


・・・で、グリッド拘束率が高かったり、低かったりすると、どのような感じになるか、というと↓


■グリッド拘束率■

A.グリッドに沿ってレイアウトとすると(グリッド拘束率が高い)・・・落ち着いた印象になり、理性的で、男性的な感じが強まります。

B.グリッドを無視してレイアウトすると(グリッド拘束率が低い)・・・自由気ままな感じになり、女性的で、楽しい感じになります。



・・・と、ブログを見てみると、ありました、ありました・・・
グリッドをはずして、頭が飛び出したヘッダー画像が↓↓↓

川上雄大のワンポイントレッスン!

↑間違いなく、風のように自由な感じになってます。

川上雄大のワンポイントレッスン!

↑グリッドはずして、活気が出てます。

川上雄大のワンポイントレッスン!

↑こちらもグリッドを完全無視して、元気ハツラツで、楽しい感じに見えますね。


上記のいずれのヘッダー画像も、このように頭が飛び出ていて、グリッドを外して躍動感のある雰囲気を出しています。

川上雄大のワンポイントレッスン!



・・・で、もっとアメブロを見ていると、ありました、ありました~

こんな厳しいこと言ってるのに、グリッドはずれて、頭がびょーんと飛び出て、楽しそうなブログが(^^!



厳しい言葉の裏に、愛が感じられます・・・(^^♪






以上、グリッド拘束率についてでした。


LIDS札幌・ライフデザインスクール
川上 雄大
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

川上雄大・パソコンインストラクターさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント