Ⅰ基本事項 CareSystem 業務フローの定義とマスタデータ | 介護経営に役立つ情報 by 吉田りゅうた

介護経営に役立つ情報 by 吉田りゅうた

山口県限定で活動中の介護経営コンサルタントが、介護経営に役立つ情報をUPします!


テーマ:

//////////////////////////////////////////////////

//介護品質支援ソフト(CareSystem)の説明です

//////////////////////////////////////////////////


デイサービスの業務フローは、大雑把に次のような順番となっています。


 ①居宅事業所のケアマネさんから、利用者の紹介をうける。

 ②利用者やご家族と面接して、利用者の意思に基づいて利用契約を行う

 ③前後して、ケアマネさんから利用者のケアプランを頂き、デイプランを作成する

 ④デイプランは、フェイスシートや要管理情報等の利用者の特徴を考慮して作成される

 ⑤利用当日は、「迎え→バイタルチェック→昼食・入浴・レク等→記録作成→送り」でサービスが実施される

 ⑥全員の記録が済むと、当日の業務日誌を作成する

 ⑦介護記録等を踏まえて、改善点や継続実施のポイントを見極めて、次のケアに活かす


CareSystemでは、この流れどおりの入力・出力作業を行います。


ここで出てくるヒト系の登録項目は、

 ①利用者

 ②スタッフ

 ③ケアマネ

 ④居宅事業所

                       です。


上記のヒト系のマスタデータ(基本となる情報登録)を作成するところから、システム運用は始まります。

この中でも、特に情報量が多いのは、「①利用者」です。

利用者のためのデイサービスなので、当然です。


その他のヒト系の登録項目は、連絡先など簡単なものです。

「②スタッフ」だけ、「入退社チェック」「利用権限チェック」などがあるくらいです。


「①利用者」のマスタデータには、次のような項目があります。

 ★フェイスシート(好き嫌いなモノ等、家族構成、)

 ★要管理・処置(既病歴、傷病名と処置方法等)

 ★日常生活(認知症の有無、自力歩行等の日常生活に関わる事柄等)


全部列挙したらきりがないのでしませんが、全部で60項目程度あります。

いわゆる備考欄のような、定性情報も入力できるようにしています。高い柔軟性を目指して作りました。


こちらも見てくださいねー http://www.suminasu.net

すみなすねっと 吉田立太(りゅうた)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス