株式 調整一巡、戻り試す

テーマ:
今週の株式相場は戻りを試す展開か。目先の調整は一巡したとの見方が出ているうえ、前週末に米株相場が大きく反発し、不透明感も薄れつつある。一本調子の上昇は難しいとの声もあるが、一部には外国人買いが再び勢いを増すという観測が浮上している。
 日経平均株価は先週146円(1.1%)上昇した。ハイテク銘柄がさえない一方、建設や不動産、地方銀行といった内需関連株が値上がりした。31日から東証株価指数(TOPIX)は浮動株基準による算出に移行するが、これに関連した売買で目立った混乱はなかった。TOPIXは一時、今年の高値に接近した。
 本番を迎えた2005年9月中間決算発表は、事前の予想どおり資源、内需関連企業を中心に好業績が続いている。企業収益の面では大きな懸念材料は見当たらない。
 前週末のシカゴ日経平均先物の清算値は1万3435円と、大証の終値を125円上回った。東証二部指数や日経ジャスダック平均は前週末に年初来高値を更新し、個人投資家の買い意欲を浮き彫りにした。今週も週初は買い先行で始まりそうだ。
 31日の内閣改造は改革路線の継続が鮮明になる見通し。この日は日銀の「経済・物価情勢の展望」(展望リポート)も発表される。二つの動きはいずれも「欧米投資家が日本株への投資姿勢を強めるのに役立つ」との楽観論が多い。
 米株式相場は前週末に今年2番目の上げ幅となったが、先行き慎重な見方もある。商品先物大手レフコの破綻や、ゼネラル・モーターズの経営悪化などが重しとなりかねないためだ。1日の米連邦公開市場委員会(FOMC)後に米株価が落ち着けば「日本株への買い安心感につながる」(大和証券SMBCエクイティ企画部)との声もある。
 このところ外国証券経由の寄り付き注文動向が、市場推定で買い越し基調なのも注目点。今週は産油国の多くでラマダン(断食月)が明ける。オイルマネーが日本株に流入すると期待する向きもある。
AD