皆さま、こんにちは♪


人生の問題解決カウンセラーの結月澄龍です(゜ω゜)ノ



まず最初に、お知らせですが、


昨日、受け付けを開始しました、


カウンセリング実践練習会については、


実習生1名のお申し込みを、頂きました。



そのため、残りの枠としましては、


実習生1名、被験者2名と、なっておりまーす。


(4/25 00:00現在)



さて、今回の記事では、


公開質問に、お答えしていきまーす。



それでは、お便りを、ご覧くださいませ。


 

【ハンドルネーム : たまよし さん 】 


γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ


澄龍さん、こんばんは。たまよしです。
施術レポート、むさぼるように読みました。

というのも、
このレポートの通りのことが起こったからです。


まず、直近の近況についてお話します。(前振り長いです)


●近況
彼に、つきあってからはじめて、
「ちょっとの間、この関係をリセットしよう」と言われました。

発端は、飲んだ勢いで、彼の仕事のやり方について、
わたしがどうしても嫌なことがあり、それを泣きながら訴えたからです。
今までのわたしなら、そんなことは絶対に言わなかったでしょう。

でも、先月の怒りに続き、
自分のココロの中に貯めていた、どうしても嫌なことが、
次々と自然に口から吹き出てしまいました。

彼は相当ショックを受けたようで、驚き、悲しい顔をして、
「たまよしが、そんなことを考えてるなんて思わなかった。
 仕事も嫌だったら、オレと一緒にしなくていいよ。本当に嫌だったら、誰かに頼むし。
 もしかしたら、この関係も、よくないかもしれないから、一旦リセットしよう。
 オレ、奥さんも子どももいるし、腐れ縁だし。
 リセットするのが、たまよしのためだから。
 たまよしが、嫌いなわけじゃない。そうじゃないから。
 早く、元気で明るいたまよしに戻って。頼むわ」
と言いました。

この展開には、わたしも驚きましたし、愛も感じましたし、
言われた日はこってり泣きました。
が、どこかすがすがしい気持ちの自分もいます。


というわけで、質問です。


1、
こんな彼を、わたしは愛しています。
たくさん欠点だなと思うところもありますが、そこが嫌いな訳ではありません。
それ以上に、スキなところがたくさんあります。
わたしは、今回のこんなに悲しい話ですら、一緒に深く話をできてうれしかったのです。

リセットをリセットし、
今度こそは、しあわせな結婚をする関係に持って行きたいのですが、
澄龍さんの見解をおしえてください。


2、
せっかくのリセットチャンスなので、わたしは、自分をがっつりと本気で変えたいです。
今まで本気だと思っていたけど、やっていなかったこと、覚悟できていなかったことが、
たくさんありました。

つい尽くしすぎたり、我慢しすぎるココロをやめて、
今の自分にオッケーを出して、新しい女になって彼と向き合いたいです。
そのために、勇気がでるアドバイスをおねがいします。


3、
彼のフィードバックをおねがいします。


以上です。
こってりとしたアドバイス、よろしくおねがいいたします!


γ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞγ(▽´ )ツヾ( `▽)ゞ




ふむふむ。


こってりとしたアドバイス、ですかぁ(笑)



さすが、僕の読者の、皆さん方は、


濃厚なのが、お好きなようですネ。



それでは、ご質問について、


お答えしていきましょう。




「1、
こんな彼を、わたしは愛しています。
たくさん欠点だなと思うところもありますが、そこが嫌いな訳ではありません。
それ以上に、スキなところがたくさんあります。
わたしは、今回のこんなに悲しい話ですら、一緒に深く話をできてうれしかったのです。

リセットをリセットし、
今度こそは、しあわせな結婚をする関係に持って行きたいのですが、
澄龍さんの見解をおしえてください。」




ちょ




僕の見解、でございますか???



残念ながら、何をお聞きになりたいのかが、


その主旨が、僕には、良く解りません。



ですが、無理矢理、答えますと、


「リセットをリセットし、
今度こそは、しあわせな結婚をする関係に持って行きたいのですが、」


との事ですから、


“しあわせな結婚をする関係に持って行きたい”


という意志については、


別に僕は、否定も肯定も、しません。



それは、たまよしさんの、ご自由ですし、


よろしいのでは、ないでしょうか。



あとは、まぁ、そうですねぇ、


「今回のこんなに悲しい話」


というように、たまよしさんは、


“悲しい話”と、意味付けしていますけれども、


本音を言い合って、二人の距離を近付けた、


喜ばしい話と捉えても、よろしいのでは。



たまよしさんも、


「一緒に深く話をできてうれしかったのです」


と、嬉しさを、感じているようですけどネ。



僕の見解としては、そんな感じでーす。



「2、
せっかくのリセットチャンスなので、わたしは、自分をがっつりと本気で変えたいです。
今まで本気だと思っていたけど、やっていなかったこと、覚悟できていなかったことが、
たくさんありました。

つい尽くしすぎたり、我慢しすぎるココロをやめて、
今の自分にオッケーを出して、新しい女になって彼と向き合いたいです。
そのために、勇気がでるアドバイスをおねがいします。」




ふむ。


勇気がでる、アドバイスですかぁ。


そうですねぇ・・・。




「自分をがっつりと本気で変えたいです。」


「新しい女になって彼と向き合いたいです。」


などと、意気込んでおられるようですが、


既に、自分自身の中にある、



ダメな部分、カッコ悪い部分、ダサい部分を、


受け容れる覚悟を、してあげれば、


自然と、勇気は、湧いて来るものですヨ。



無理して、背伸びして、カッコつけようとすると、


また、苦しくなってきますので、


等身大の自分で、世界と向き合う事を、意識する事ですかネ。



何かになろうと、心掛けるよりも、


取り繕うことを止める事。


コレを大事になさる事を、僕はお薦めいたします。



後は、そうですねぇ・・・・・


上沼恵美子のおしゃべりクッキングテレビテキスト特選保存版 2 人気投票で選んだ100レシピ〈2.../学研パブリッシング
¥16,304
Amazon.co.jp



上沼恵美子 さん、みたいな、


素敵な女性になる事を、目指してみて下さいナ。




それが、たまよしさんの場合は、


効果的かと、思いまーす。



・・・その理由は、たまよしさんなら、


ご存知のハズです。



「3、
彼のフィードバックをおねがいします。」


はーい。


それでは、いつもながら


僕の、秘密のスーパーウルトラインチキ秘術で、


こっそりと、覗いてみる事に、致しましょう。


 

 

 


「&#〠〄;$※♂☞?」


 


・・・


 

・・・・・・・・・・・・・





ふーむ。



そうですねぇ・・・。




まず、言えるのは、


「もしかしたら、この関係も、よくないかもしれないから、一旦リセットしよう。」



と、彼が言っているのは、


偽装別離ですから、真正面から悲しむ必要は、ないものです。


そこで動揺しては、思う壺ですので、ご注意下さいネ。


この種の別離は、ほとぼりが冷めるまで、一定の距離を置くための、


男子の基本戦略の一環なので、その手に惑わされない事を、


僕はお薦めいたします。



・・・うーん、もしかしたら、


この記事が掲載されている時点では、


既に、仲直りしているかも???(笑)



まぁ、表面的に、仲直りはしたとしても、


結婚(成就)への道が、進むワケでも、ないんですがネ。


まぁ、亀裂が入っているよりは、良いでしょう。



女子側の機嫌が直って、ホトボリが冷めれば、


修復できる程度の、“一旦リセット作戦ですからネ。




何度も、述べるようですが、


あくまで一過性のものなので、


悲しむ必要のあるものでは、ないんです。



さて、それでは、


「飲んだ勢いで、彼の仕事のやり方について、
わたしがどうしても嫌なことがあり、それを泣きながら訴えたからです。
今までのわたしなら、そんなことは絶対に言わなかったでしょう。」


という事は、無駄骨だったのかと、言いますと、


決してそんな事はなく、むしろ、


二人の関係は、とっても進展したと、言えましょう。



どういう事かと、言いますと、


泣きながら訴える程、蓄積していたものを、


彼に伝えられた事は、二人の間に存在していた溝を埋める、


大きな出来事だったように、窺えます。



これまで、脇に置いていた、自分の気持ち、本音、


本当は言いたかったけれども、飲み込んでいた言葉群を、


自分の中に押し込めずに、きちんとアウトプットをした事は、


自分自身にも、近付いたという事です。



そのように、他人や彼氏を主体にせずに、


きちんと、自分が感じた感覚や感情を、


脇に置かずに、目を逸らさずに、大事にして、


自分自身を、とことん尊重してあげて下さい。



そして、


「今までのわたしなら、そんなことは絶対に言わなかったでしょう。」


という心持ちの、たまよしさんが、


もっと、図々しさ、図太さを、備えることで、


成就への目的地に、グっと近づくものと、思われます。



溜めに溜めてから、爆発してから言うのではなく、


ペロっと、ストレートに、変に変換せずに、


相手に伝えられるよう、訓練する事で、


たまよしさんの心持ちも、度胸も、


他人の顔色を見る癖も、改善されていく事で、


彼氏さんも、たまよしさんの事を、振り回す存在から、


対等に語り合える伴侶に、変化していくみたいです。




後は、どこか、お二人の間では、


言葉足らずで、認識に相違が生じたりして、


あらぬ行き違いが、発生しやすいようでもあります。



その点も、なるべく起こらないよう、注意を払う事でも、


二人の間の絆は、深まっていくようにも窺えます。



そうして、じっくりじっくり、二人の関係を、深めていくことが、


たまよしさんと、彼氏さんの、意識レベルが高まり、


二人が結婚という位置にたどり着くための、方策となりましょう。




・・・余談ですが、今回は、何だか、


中世時代を思わせる、古風な武家の姫君?が、


僕にメッセージを送って来たようです。



詳しくは、良くは分かりませんが、


もしかして、たまよしさんに、縁がある方なのかも。



あとは、しきりと、


「手を抜きなさるな。」


と、伝えて来ますネ。



お心当たりが、あるようでしたら、


もちっと、気を引き締めたほうが、良いかもしれません。



僕からの回答は、以上となります。


ご参考になりましたら、幸いでございまーす。




それでは、今回は、この辺で(゜ω゜)ノシ