編集長 稲垣吾郎


稲垣吾郎です。僕が編集長となって、皆さんと一緒に、女性誌を作っていく、ラジオ番組。
今週はどんなネタが届いているのでしょうか?
さあ、それでは、編集会議を始めましょう〜!


『ゴローズ、コラム!』

コラムメールをご紹介します。
ラジオネーム、サクサクさん。

前回かけてくださった、「The Velvet Underground and Nico」とても気になってCDを購入しました。
ちょっと前に、「Aspidistrafly」も紹介されていて、これもとても気に入り、CDを購入しました。
吾郎さんと曲の趣味が合っているのではないかと、思っております。
私が知らない素晴らしい世界をご存知の吾郎さんから、これからも沢山のオススメの曲を教えていただきたいです。


いやいやいや、ありがとうございます。
最近…曲…を、紹介することが多いよね。
昔の…なんか僕の記事が出てきて…フッ(笑)それでまた…紹介したりとかねっ!う〜ん。
そうですね〜、なんか自分の音楽の趣味の引き出しを…けっこう皆さんにお見せしてるような印象が…
まっ、SNSなんかでもそうかなぁ〜。あと…雑誌のインタビューとか。
ハイ、そうですね〜。うん。
あの…なんかやっぱり、音楽の趣味って…ありますよね〜。
たぶん、サクサクさんと…合ってるんじゃないでしょうかね〜!うん。
ヴェルベット・アンダーグラウンドもアスピディストラフライも、まぁ…ねぇ〜、やっぱ万人ウケするような…というか、誰もがこう…好きな、ジャンルの曲というわけでも…ねぇ〜、無いと思うんですよねぇ。
まぁマニアックな…というか。
そういった意味で、まぁ…共感してもらえるっていうのも…すごく嬉しいなと思いますし。うん。
まぁなんか…ぜんぜんもっと…伝えたいんですけどね〜!フッ(笑)
どうなんだろうな。
あの…けっこう、SNSとかやってたりね、自分で例えばこう…twitterとかブログとか書いてたりする時って、だいたい…なんか音楽をかけて…ねぇ、文章書いてることとかって多い…
まっ、だいたい家にいる時って、だいたい音楽かけてるんですよ。うん。
なんかこう…書きながら、なんかこう…皆さんと繋がり始めたなぁ〜って…こう…思い始めた時に、自分の部屋で流れてる曲…が、なんかそのテーマになってるんですよね〜、うん。
だいたいなんか音楽の話になっていっちゃうっていうことが…多いんですよね〜。うん。
まぁなんかこれからも…ねぇ〜!色々と…紹介させていただきたいなと…思っております。ハイ!

シェパードで「Geronimo」


Sheppard 「Geronimo」

『ゴローズ、サーチ!』

え〜皆さまは、クルーズ船の旅をしたことがありますか?
僕はまだ…一度もないんですけども。
まぁ〜、憧れではあるんですけどね!
まっ、その…クルーズが今、注目されてるそうなんです。
まっ、クルーズと聞くと、まぁ…日数が長くて休みが取れないとか、まぁ値段が高いとかね。
まぁ憧れはあるんだけど、敷居が高いとか…
まぁそういうイメージが…え〜僕もあるんですけれども。
まぁでも、それがちょっと思い込みかもしれないというか…えぇ。
実は最近、クルーズが…手軽に楽しめるということで…話題になっております。
ということで、今日はですね〜、「今年こそクルーズデビュー」をゴローズサーチしたいと思います。
案内してくださるのは、総合情報サイト「All About(オールアバウト)」で、クルーズガイドをされている、旅行ジャーナリストの村田カズコさんです。
もしもし?

もしもし?
あっ、はじめまして。稲垣吾郎です。よろしくお願いします。
よろしくお願いします。
あの…まず、これは僕も持っていたイメージなんですけれども、料金がすごい高いとか…長期間だから休みが取れないとか…そういうまぁ…僕もそうなんですけど、一般の方の意見を聞くんですけれども…
そのあたりはどうなんでしょうかね〜。

そうですよね。
あの…私も10年前に始めて仕事で乗船したんですけども、それまで皆さんと同じように思っていて。
ただ乗船してみると、あっ、こんなだったら…もっと早く経験しとけばよかった!って後悔するぐらいだったんですけれども。
ふ〜ん。
えぇ、あの…海外で船旅って実は色々あって、リーズナブルに楽しめる、旅のスタイルとして人気なんですね。
うんうん。
で、外国船は一泊あたり…だいたい1万円代から…5泊6日で6万円くらいから楽しめるものもあるんですよ。
あっ、そうなんですかぁ〜⁈ 意外と安い…安いと言えば安い気も…しますよね。
あっ、でも…この中に、あの…移動費とお部屋の…ホテル代と食事と…
そっか!
え〜全部含まれてるので、むしろ…コストパフォーマンスはすごい…考えるといいですよね。
いやっ、もちろんそうですよ〜!
だって都内の高級ホテルとか、一泊…5万円とか10万円ぐらいとるとこもある…

フッフフフ(笑)そう!そうですよ!フフフそれに…あの…5日間とか6日間、楽しめるという…
そりゃそうですよね!
えぇ!調べてみると、とっても実は、お得という…
いやいや、ほんとですね〜!
ハイ!
なんかあの…僕の知り合いで、よく海外で…クルーズ船に乗るっていう方がいて、その方のお話を伺ってると、まぁなんか意外になんか…手軽なのかなぁ〜とも、ちょっと思ってはいたんですよ。
あっ、そうなんですか?
えぇ。あの…なんか、フロリダからヨーロッパとか、大西洋横断とか、うん。そういうクルーズもありますよね?
ハイ!あります、あります!
私も最初海外だったんですけども、その外国の船っていうのが、今、日本にやってきて人気が出ているっていう感じなんですね。
あっ、なるほどね〜!あっ、じゃあ日本のなんか…船というよりも、海外発なんですね、これは。
ハイ。海外の海外船籍の船が、日本発着をするようになって、意外と手軽なんだね…っていうところで、すごくブームになって来ています。


少し省略させてもらいます。m(_ _)m
クルーズ船の魅力をいっぱい教えてもらってました。

へぇ〜!いやぁ〜ちょっと…行きたいなぁ〜!
ぜひ!吾郎編集長!ぜひ乗ってください!
えぇ〜〜、でも…写真撮られるからなぁ〜!
エッ⁈ ヘッヘッヘッヘッヘ(笑)
フッフフフ(笑)逃げようが無いからなぁ〜!
吾郎編集長、アレですよ!バルコニー付きのお部屋をとって、お食事をバルコニーでプライベートな時間を…過ごせますよ!
フッフッフ(笑) なるほど!そうすりゃ大丈夫ですか?
大丈夫です!ハイ。
なるほど〜!
いやぁ〜でも気持ちいいでしょうね〜!大海原の真ん中で…ほんとに、なんかこう…360度海を見渡して…旅をするなんていうのは…

う〜ん、あの開放感は…一度味わうと…離れられない…
もう…ぜひ、今年チャンスなので!
今年多いんですね⁈
ハイ。今年はたくさんクルーズ船やって来ますので、色々お好みのものを選べるっていうところも含めて、オススメです。
ハイ。今日はたくさん楽しいお話、ありがとうございました!
こちらこそ、ありがとうございました!


本日は。総合情報サイト「All About」でクルーズガイドをされている旅行ジャーナリストの村田カズコさんにお話を伺いました。
ありがとうございました。

以上、ゴローズサーチでした。


『ゴローズ、ブレイクタイム!』

ラジオネーム、リセママさんからのリクエストメールです。
今日は、オリジナル ラヴの「接吻」をリクエストします。
オリジナルラヴの田島貴男さんは、ピチカートファイヴ二代目ボーカルでしたよね。
この曲がずっと好きで、夏よりも冬に聞きたくなるし、編集長にもすごく似合う気がするので、リクエストしました。


うん。
……あれっ?僕…「接吻」って歌わなかったかな?歌ったと思うなぁ〜。
あの…FNS歌謡祭で…確か田島さんと一緒に歌わせていただいたのは…まぁまさにこの田島さんの代表曲である「接吻」だった…うん。
まぁ…なんかこう…僕に、イメージするんでしょうかね、この「接吻」って曲が。フッフフフ(笑)
まぁでもほんと、好きですよ!うん。
たしかに…冬のイメージはあるかもしれないですね〜、うん。
少しロマンティックですからね〜。うん。
なんか夜にね、聞きたい感じですよね。
タイトルもいいじゃないですか!「接吻」ねぇ〜!
それでは聞いてください。ORIGINAL LOVEで「接吻」


ORIGINAL LOVE 「接吻」

『ゴローズ、エッセイ!』

ゴローズエッセイでは、仕事の話やプライベートの話にお答えします。
東京都世田谷区のナナミさん。

編集長、スペシャル番組、とても楽しかったです。お疲れ様でした。
twitterでもすごく盛り上がっていて、いっとき、日本のトレンド…1位から10位までもが、編集長稲垣吾郎関連で占められていたそうです。
また世界のトレンドにも入ったそうです。すごいですね!
阿智村の話も、行きたくなりました。
料理も、ラジオなのに美味しそうなのが伝わってきました。
すごく内容が詰まっていてとても充実していました。
剛くんの参加が、より楽しさを倍増させてくれました。
終わった後の服編集長…香取くんも、いいタイミングでした。
ぜひ、また生放送やってください。


小声で…(スタッフ)こっちの服ですよ。

服のね!わかりますよぉ〜!洋服の服でしょ〜!
香取くんらしい…ねっ!ウィットにとんだ…コメントですよね!フフフ(笑)
ハイハイ!あの…いやっもう…楽しかったですよ〜!
初めての生放送で。ねぇ〜!また…やらせていただきたいですよね、うん。
これ…すごいですよね!トレンドに入ったの?そんなに…ふ〜ん。
これ…なんか、文化放送さんも…なんか嬉しいんじゃないですか?どうなんですか?
嬉しいですよね!ありがとうございます。
う〜ん。味しめちゃった⁈ ねっ!
いやっ…なんかあの…草彅くんが…ツイートといえば…(笑)
おじゃマップの放送中にも…してくださってましたよね!
なんか「おじゃマップ、ゴローさん始まったね〜」とか。
ねぇ〜、スペシャル…年末にやられた時に。
あのなんか…ちょうど実況ツイートみたいなのしてる時って…僕…草彅くんと同じ車に乗っていたんですよね〜。あの時。
まぁ、そうそう。おじゃマップの放送の時にね!
ちょっとお仕事一緒で…たまたま同じ車乗ってたんですけど…
なんか…横で僕の番組をツイートしてる割には…意外と黙々と横で…なんか携帯いじってて…
この人…なんか…おじゃマップ見てないな…って思いながら…
なんで携帯横でいじってんのかなぁ〜と思ったら、なんか…「ゴロスティックマイヤー」とか、あっ、リサスティックマイヤーさんにかけてね。
もう…そういうツイートしてたんですよね!
横にいるんだったら…なんか…なんか言って欲しいなぁ〜と思いながら(笑)
僕はその車内の、車のテレビで、もちろんおじゃマップをその時ずっと見てたんですけど。
そう、横で草彅くんが…携帯いじって…「コイツ…おじゃマップ見ないのかな?」と思いながら…
だと思ったら、まぁ…すっごいツイートしててくれてた、っていうね〜。
うん、あの光景が…ちょっと面白かったし、ちょっと心温まりましたけれどもね…フッフフ(笑)

以上、ゴローズエッセイでした。


『ゴローズ、ミュージックライブラリ!』

ミュージックライブラリに届いたメールをご紹介します。
長崎県のヤヨイさん。

編集長こんばんは。
おじゃマップゴローズパーティー、拝見しました。
はしゃいでるゴローさんが可愛かったです。あっという間の2時間でした。
島崎和歌子さんに借りていたカーペンターズのCDは、2枚組の「イエスタディワンスモア」でしょうか?
私もハタチの時に購入して、テレビの前で「私も持ってる!」と懐かしくなりました。
そこで、今回はカーペンターズの「トップ・オブ・ザ・ワールド」をリクエストします。
カーペンターズは大好きだったので、結婚式にも選んで曲をかけたりしたものでした。
吾郎さんのおかげで、懐かしい思い出が蘇ってきました。


おじゃマップ…パーティー、ねぇ〜!
楽しかったですよ、ほんとに!う〜ん。

カーペンターズ「Top Of The World」


The Carpenters 「Top Of The World」

なかなか…なんか…あそこまで、クローズアップしていただける番組って…今まで無かったと思うので…2時間もね〜!
まっ…僕の人間関係というか、交友関係というか…ハイ。
あと…趣味とかね。うん。
いろんなもの紹介させていただいて…
まぁ何よりも、なんか…意外と知ってるようで知らなかった…まぁ…香取慎吾と稲垣吾郎みたいな感じで…ねぇ〜!
あの…お互いのことをよく知ることができましたし…今さらって感じですけど…フッ(笑)…ハイ。
楽しかったです。ほんとに。
なんかもう…番組というより、ほんと…パーティーですよね!
ほんと…ゴローズパーティー…をやらせていただいてるのを、なんかカメラが収録してたみたいな感じだったんですけどね〜!うん。
「Yesterday Once More」カーペンターズを島崎さんにも、26年ぶりに返すことができて…フッフフ(笑)
いやぁ〜、楽しかった、楽しかった!ほんと楽しかったですねぇ〜!
今度3人で…やらせていただける日がくればいいな〜と思っております。ハイ。


みなさんのメッセージお待ちしております。
季節感のある話やですね、ちょっと僕に聞いてみたいことがある方は、「ゴローズ、コラム」へ。
特集コーナーに取り上げて欲しいことがあれば「ゴローズ、サーチ」。
そして、リクエストは「ゴローズ、ブレイクタイム」。
お仕事やプライベートな話題は「ゴローズ、エッセイ」へ。
メールアドレスはgoro@joqr.net おハガキの方は、〒105-8002 文化放送「編集長 稲垣吾郎」の係まで。
お相手は吾郎編集長こと、稲垣吾郎でした。それではまた来週〜!バイバ〜イ!





今回はね〜、私も大好きな曲だったなぁ〜❣️


吾郎さんと曲の趣味が一緒……というより、
リクエストしてくれた、リスナーさんと趣味が合ったかも❣️



オリジナルラヴ「接吻」

これはね〜、大好きなんですよ❣️


♪長く甘い口づけを交わす
深く果てしなくあなたを知りたい


この部分のメロディーがねぇ〜〜💕

タイトルも、「キス」じゃなくて「接吻」っていうのがいいねぇ〜💕


この曲って………24年前なんだ❗️ビックリ❗️



たしかに、吾郎さんのイメージかも❣️うん。



カーペンターズもいいよね〜〜❣️

「Top Of The World」をリクエストするあたり…ナイスじゃん❣️

もう1つの「Top Of The World」が頭をよぎる💕




クルーズ船のお話……ちょっと省略しちゃって、スミマセン。

時間的に無理だったもんで……



でも、クルーズ船に興味を持ちながらも、

「でも写真撮られるからなぁ〜」

って、警戒してる吾郎さん❣️

さすがだね❣️



写真撮られる心配するってことは、女性と一緒に行きたいんだ〜。

ヒロくんじゃないんだぁ〜。


って、変なとこに感心してました。( ´艸`)






クラッカーポチッとご協力お願いします


SMAP ブログランキングへ

にほんブログ村 芸能ブログ SMAPへ
にほんブログ村
AD

コメント(4)