58 暮らし方のデータ分析手法 2 | NPO住まいの寺子屋

NPO住まいの寺子屋

NPOになりました。
まちづくり家造り、消費者保護、環境保全を目的にしています。
住まい暮らし幸せがキーワードです。
だから暮らしをデザインすることから始めよう。
住まいの寺子屋はそんな勉強するところ。笑い声の絶えない故郷って呼べる家ができます。


テーマ:




11月6日の暮らし方のデータ分析手法1の記事

いかがでしたか?

伝統、文化、様式についてすぐには賛同いただけないかもしれませんが・・・

さて次はいよいよあなたの生活、暮らしを科学的に

データ分析してみましょう。


暮らしの分析 B

今現在の生活習慣・生活環境をチェックしましょう。

1、まず、生活習慣については、現在の暮らしからデータをとりましょう。

  一つ一つの行動の記録をとりましょう。



  

  


図のような表を作成し、家族全員がそれぞれ自分の行動パターンを

  数日間記録してみてください。

  平日と休日、又は半日仕事の日など2~3パターンに

  まとめられると思います。

  家族が一緒に家で過ごされる休日がわかりやすいと思います。


2、生活環境については、現在のお住まいの見取り図を描いてみましょう。

  きちんと描こうとするするとなかなかうまく描けないでしょう。

  ここでは家族の協力のもと、メジャーなどで数値を拾って、

  少々の違いは気にしないで思ったように描いてみましょう。











時系列的な生活と平面図に描いた生活環境。

こうして描いてみると自分の暮らしがつかめてきませんか。

朝からの1日の行動を平面図上で追いかけてみながら、気持ちがいいこと

不具合なことうまくいっていること直したいことなどを

メモに書いていってください。

どんな細かいことでも思い当たるところは何でもメモしてください。

いろいろなことに気が付かれたと思います。いかがですか?

次回はこのたくさんのメモを カードを作ってまとめてみましょう。



ここまで読んでいただきありがとうございます。

ご意見ご感想は

terakoya@jingoro.co.jp


メルマガは

http://archives.mag2.com/0001669209/


よろしくお願いします。









sumainoterakoyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス