34 楽しく工夫した子供の領域 | NPO住まいの寺子屋

NPO住まいの寺子屋

NPOになりました。
まちづくり家造り、消費者保護、環境保全を目的にしています。
住まい暮らし幸せがキーワードです。
だから暮らしをデザインすることから始めよう。
住まいの寺子屋はそんな勉強するところ。笑い声の絶えない故郷って呼べる家ができます。


テーマ:




元気いっぱいの子供たち。ぐんぐん成長する。

乳幼児は夫婦の部屋又は隣接するタタミコーナーがいい。

家中が子供たちの遊び場になる。

寝る所から庭まで遊び場が繋がっている。

何処にでもおもちゃがあり何処でも着替えできる。

子供は洞穴のような狭い空間が好き。

階段の下などを開けておくと良い遊び場になる。








子供室とは何か

子供が自分で管理する。

自分のものが保管できる。

片付ができる。

自分で寝られる。

自分で着替えられる。

広すぎないこと。

気持ちいい環境でなくてもよい。

子供室が複数ある時は、広めの共有エリアを持ち、

プライベートはほんの少しでよい。

音楽や絵画を描く場所は

共有のエリアを使うと良い









ここまで読んでいただきありがとうございます。


terakoya@jingoro.co.jp




sumainoterakoyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス