11 出好き人間?それとも内弁慶? | NPO住まいの寺子屋

NPO住まいの寺子屋

NPOになりました。
まちづくり家造り、消費者保護、環境保全を目的にしています。
住まい暮らし幸せがキーワードです。
だから暮らしをデザインすることから始めよう。
住まいの寺子屋はそんな勉強するところ。笑い声の絶えない故郷って呼べる家ができます。


テーマ:


あなたは誰とでも、明るく楽しく、会話したり、気疲れなく過ごせますか。それとも、一人で静かに過ごす時間を大事にしたい。初対面の人とは、すぐには打ち解けないほうでしょうか。

 人には皆それぞれ人との関わり方、人との接触の中での、快、不快があるようです。

 あなたは、うちに帰って家族と会話をするのが大好き、外へ一人で食べに行くとか、見知らぬ人との食事でも、同じようにおいしく食べられますか。

 あなたは一人旅にふらっと出かけて、旅先で見知らぬ人と会話を楽しむのはお好き?

 このような質問をしていくと、大きく四つのタイプに分けて、その人の人との関わり方が分析できますよ。






A  家族というパートナーをとにかく大切にして、個人の独自性よりも家族の輪を重視しています。家族同士で甘えられるところもあり、いつも助けあっていることを好みます。一方、外部に対してはあまり開放的ではなく、初対面な時はちょっと距離を置きたがるものの、一度仲良くなれば家族同様に楽しい付き合いができるタイプです。甘えん坊で恥ずかしがり屋の面がありますが、家の中ではオープン。家族がどこで何をしているか、お互いの気配をいつも感じられるような家づくりが良いでしょう。

B  家族にも外部の人にも、気さくでオープンな暮らし方ができます。明朗快活な暮らしぶりで、どんな人ともすぐ仲良くなり、家族の輪をしっかりつくりながら、周囲の人たちが集まりたくなる魅力に溢れています。ただし、仲間や周囲に対して常に心を開いているので、自分というものをついつい後回しにしてしまいがちな面も。家族の団らんを大切にしつつも、外部にある程度開いていて、外から庭やリビングが見えるような、誰もが訪ねてきやすい家づくりが良いでしょう。

C  外交的で活動的、そして個性的な暮らし方ができます。誰とでもフランクに接して明るく爽やかですが、それでいてしっかりとした自分を持っており、決して他の人に迎合することのない強さを持ち合わせているようです。ですから、周りに対して過剰に干渉することも少ないタイプと言えるでしょう。家族関係、日常の暮らしも同様ですから、充実した個室とともに、外部に開かれた空間を持つことで、いつでも来訪者に対応できるようにしておくことが家づくりのポイントでしょう。

D  いつもマイペースで、自分が本当にやりたいと思ったことをやっていこうとするタイプです。家族一人ひとりの独自性とプライバシーを大切にしようとする姿勢が強く見られます。外に対しては決して開放的ではなく、しっかりとした自分の世界を守ろうとする傾向があります。また同時に、他の家族の個性や、独自性を尊重したり評価することも忘れていません。しっかりとプライバシーを守ることができ、自分の世界を展開しながら、個人の生活を豊かにしていける家づくりを目指しましょう。





 A~Dまで4タイプに分けました。どれがいいとか悪いとかは全くありません。その時の気分とか、周りの人の雰囲気とかで、もしかしたら変わることも一時的にはあると思いますが、それぞれの人の固有の性格のように思います。

 家造りにおいてプランニングに影響するところでもあります。ご夫婦で、もしかしたら、正反対になる可能性もあります。お互いに自分にないものを相手に求めていたのかもしれません。

 私たちは“あなたのこのような対人関係の好み”をいくつもの質問によって理解し「暮らしのデザイン」に活用していきます。家造りの前には内容の濃い面談が必要です。



日曜日に個人面談をはじめました。ご予約をお待ちしています。



ここまで読んでいただきありがとうございます。


あなたのご意見、質問をおまちしています。


あなたに幸多かれと祈念しています。




柏崎文昭

甚五郎設計企画 寺子屋事業部

東京都中央区日本橋茅場町2-10-10

FAX03-3666-8946

e-mail terakoya@jingoro.co.jp











sumainoterakoyaさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス