NPO住まいの寺子屋

NPOになりました。
まちづくり家造り、消費者保護、環境保全を目的にしています。
住まい暮らし幸せがキーワードです。
だから暮らしをデザインすることから始めよう。
住まいの寺子屋はそんな勉強するところ。笑い声の絶えない故郷って呼べる家ができます。


テーマ:

少量の化学物質を長期間浴び続けると、いつか人体の許容量を超えます。

拒否反応が一気に発症します。

一度発症するとその後は、ごく微量の化学物質に接触しただけで、強い拒否反応を起こしてしまいます。

困ったことに最初の発症のもとになった化学物質だけではなく、他の様々な化学物質にも強い反応を示すようになります。

ひどくなると、化学物質から逃げ回る生活をしなければならないのです。


おもな症状

①目、鼻、のどの痛み。臭覚の異常。視力低下。

②喘息、頭痛、疲労感、めまい。

③集中力、思考力の低下。不安、不眠、うつ状態。

④関節痛、筋肉痛。

⑤腹痛、下痢。

⑥皮膚のかぶれ、かゆみ、湿疹。

⑦動悸、呼吸困難、不整脈。


この他にもさまざまな症状があります。

電磁波にも反応し、家電品が使えなくなることもあります。


反応を示す化学物質。(原因物質)

①防虫剤、殺虫剤、合成洗剤、消臭剤、芳香剤

②化粧品、クリーニングしたての衣類。

③農薬各種、白蟻駆除剤。

④ペンキ、インク(筆記具、印刷物)、接着剤。

⑤電磁波、(家電、パソコン、携帯電話)。

⑥排気ガス、たばこ等の煙。


理由もなく疲れる。のどが痛む。目がショボショボする。

こんなことはありませんか。

たとえば、学校では元気なのに家へ帰ると集中力を欠き宿題が進まない。

下痢しやすい、眠れない、表情が暗いなど

もしかしたら、化学物質過敏症が始まっているかもしれません。

上記の原因物質を見て、気が付くことはありませんか。

たとえば、数日前に駅の近くの新築現場で白蟻駆除をしていたとか、

TVでよくコマーシャルしている消臭剤を使ったとか。

もし考えられるものがあったら、その原因物質をすぐに取り除いてみてください。

慢性化すると、過敏性が高くなります。

はやく除去することです。


次回は”発症のきっかけ”です。



ご意見ご質問ください。


柏崎文昭

甚五郎設計企画 寺子屋事業部

東京都中央区日本橋茅場町2-10-10

FAX03-3666-8946

e-mail terakoya@jingoro.co.jp


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。