ハリガリ・リングで楽しく療育!

テーマ:

こんにちは!すま直スタッフのやまちょです。

台風、はやく去ってほしいですね。外に出る時にはくれぐれも気を付けましょう!

 

 

今回ご紹介するのはアミーゴ社(ドイツ)のハリガリ・リング!

 

ハリガリ・リングの商品ページはこちら

 

 

広げてみると…

 

 

とてもカラフル!なんだかワクワクしてきます。

 

ハリガリ・リングを使って、楽しく療育ができるか考えてみました!

 

例えば、目の動きが発達レベルよりもゆっくりなお子さん目

綺麗な形の〇や△を書くのが難しかったり、ボールの動きを目で追うのが遅れてしまったり

するお子さんは、目の動きがゆっくりなのかもしれません。

 

ハリガリ・リングを使えば、あそびながら目の働きを伸ばしてくれますキラキラ

 

あそび方はとっても簡単!

 

①ベルとカードを真ん中に置きます。周りにリングを散らばらせます。

 

 

②カードを一枚めくり、同じように指にリングをはめます。

 

 

③できたらベルを鳴らし、合っていればそのカードをもらえます。

 

 

単純なゲームに見えますが、

カードを見ながら、同じ色のリングを探し、見つけて、指にはめていくという動作があり、

実は目を沢山動かしているのです目

 

集中力もいりますし、リングを指にはめる器用さも必要になります。

なので、お子さんが同じようにできた時は思い切り褒めてあげてくださいOK

 

慣れてきたら、できるだけ広い範囲にリングを散らばらせるのがコツです。

より遠いところまで見ようとするので、目の動きが促進されますキラキラ

 

 

このカード、よ~く見ると

手のひらなのか、手の裏なのか?と疑問に思いませんか?

 

 

実は、左右どちらの手でも出来るように作られているのです。すごいですよね!

 

やりやすいのはどちらの手なのか、子どもに発見させてあげてくださいキラキラ

大人のハンデとして、利き手と逆の手を使うなどのルールを加えたら良いですね。

 

お子さんによって、どちらの手を使えば良いか混乱するもやもやという場合は、

カードと子どもの親指にシールを貼ってあげても良いかもしれません。

 

 

また、お題のカードは全部で32枚。難易度はバラバラです。

 

 

単一的で簡単なカードもあれば、

リングのはめ方が複雑なカードもあります。

 

その子のレベルに合ったお題カードを、大人が作ってあげでもよいですねグッ

 

 例えばこんな風に・・・

 

子どもが自分でつくっても楽しいと思います。

子どもなりに考えたものを、大人が一緒に楽しむことが大事です。

子どもの自信や自由な発想力をのばしていけるでしょうキラキラ

 

その子に合ったあそび方を、ゲームをしていく中で見つけてみてくださいルンルン

 

 

【商品情報】

商品名: ハリガリ・リング

制作: アミーゴ社 (ドイツ)

年齢: 4歳~ (誤飲防止のため)

 

※保護者の方へ

・ 小さな部品のため、口の中には絶対に入れないでください。窒息などの危険があります。

・ リングを投げたり、ぶつけたりしないでください。けがの原因となり危険です。

・ 必ず保護者の目の届くところで遊ばせてください。

 

ハリガリ・リングの商品ページはこちら

AD