第13回【今週の1冊】~読書が好きになるために~ | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/

こんばんは。

 

一宮市の学習塾 スクール玉野 TKです。

 

遂に夏期講習も始まりましたが、今週も張り切って3冊紹介していきます。

【小学生向け】【中学生向け】【高校生向け】と、読んでもらいたい人を限定してはいますが、高校生が【中学生向け】を読むのもよし、小学生が【中学生向け】を読むのもありだと思います。大人の方でも十分楽しめると思います。(画像にAmazonnリンク貼ってあります)

 

週末配信、毎週3冊を続けられるように頑張ります٩(`・ω・´)و

 

-----------------------------------------

 

【小学生へ】

『夏の記者』(福田隆浩)

 

 

「事件かも……。」

新聞社の記念企画で、地域の小学生の中から、夏の期間だけの臨時の特派員記者が10名募集された。その記者は「夏の記者」と呼ばれた。「夏の記者に選ばれた佳代は、ある日スポーツ施設に煉瓦をなげつけて逃げ去った若者のことを調べるが、なぜか新聞社から取材をやめるよう諭される。

子どもの目線でみる大人の「真実」と「嘘」

 

 

唐突に事件が始まるものの、一つの事件を掘り下げていく展開で、続きが気になる構成になっています。気になっていることをとことん、ひたむきに調べようとする気持ちと、それを行動におこす姿に尊敬の念を抱きます。

 

真実が必ずしも人を幸せにはしない。時には酷く傷つけてしまう。

それでも、真実を報道するのが新聞の役目ではないのか?

小学5年生の葛藤と素直な思いがつまっている物語です。

 

 

【中学生へ】

『夏の階段』(梨屋アリエ

 

 

希望に胸ふくらませて入学した高校。

でも新しいクラスメイトとは、まだまだ微妙な関係で・・・。

地方都市の進学校・巴波川高校、通称ウズ高を舞台に、5人の高校生が織りなす、恋と友情、未来への葛藤。ほんのり甘く切ない5つの連作短編。

 

意識過剰、多感で敏感すぎる高校1年生を描いた連作短編です。

人は自身が描いている「自分」と他人が描いている「自分」が違うもの。

高校生の時が、その差が一番大きくなるのではないでしょうか。そんなことを思わせる物語でした。

 

登場する5人が5人とも、ほんの少しだけ成長します。

それも、目に見えるような変化ではなく、心が、つまり精神的に成長する。

第4作品目までは、赤面してしまうような青春感全開なのですが、

第5作品目は他の4作とは雰囲気ががらりと変わります。

「変わるんじゃなくて、気をつけること」叡智に満ちた一言だと思います。

 

 

 

 

【高校生へ】

『意識のリボン』(綿矢りさ)

 

 

母親を亡くした二十代の「私」は「絶対長生きするからね」と父に誓ったのに、交通事故に遭ってしまう。

激痛の嵐の中、目を開けると二メートルほど下に自分の身体を見下ろしていて…。

表題作「意識のリボン」ほか、姉妹、妻、母親 ― 様々な女性たちの視線から世界を切り取り、

人生を肯定するあたたかさを感じさせる、全八編の短篇集。

 

小説ではありますが、何だかエッセイを読んでいるような気分になる作品が多いです。

特に、「こたつのUFO」や「怒りの漂白剤」は、とてつもなく長い独り言(自分自身に向けての一方的な語り)を聞かされているみたいです。文章から、一息で喋っている様子が伺えます。考えながら話をするのではなく、思ったことをそのまま言葉にしたり、発した言葉から別の言葉が引き出されたり、ノンストップで喋り続ける様子を想起させられます。読んでこちらも息が詰まりそうですが(笑)

 

「声の無い誰か」は、根も葉もない噂が見る見るうちに真実のようになっていく様子を描いたものだと思ったのですが、ラストの展開で謎が深まりました。これって怖い話ですか?

 

表題の「意識のリボン」は、生死を彷徨うことで周りの人への感謝や生きていることへの幸せを改めて知るという物語。以下、印象深い箇所の引用です。

 

 幸せな、愛されていたときばかりではないんだ。しかしそれは落ち込むようなことではない。 人間は浮き沈みがあってこそ、深く学び、深く輝く。

 

-----------------------------------------

 

本を読んでほしい理由。それは、自分の世界を広げるためです。

本を読むことによって、言葉が増える。言葉が増えると、自分が何を感じているか、より一層表現できるようになる。そうすることによって、世界は自然と広がっていきます。

 

運命の一冊に出会えることを願っています。

 

 

 

 

 

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新連絡のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================