平成31年度愛知県公立高校入試B日程~総評~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんばんは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

本日は、愛知県公立高校入試B日程でした。

 

詳しいことは後回しにして、まずは簡単な分析(印象?)です。

 

 

 

① 国語:やや難

予想に反して、小説からの出題でした。

予想に反して、四字熟語は出題されませんでした。同音異義語がこれから定番化するのか。

予想に反して、段落に関する問題が出題されませんでした。

国語は外しすぎです。大変申し訳ございません。

予想通り、大問4では漢文がでました。それで?って話なんですけどね。

論の進め方や表現に関する問題が出題され、ここで点数が取りにくい。

 

② 数学:ふつう~やや難化

易しい問題と難しい問題の差が大きい。

資料の活用問題の【c】が解けるかが大きい。

グラフの作成問題が易化。

関数は日頃あまり見かけない問題かも。頭を使う。

しかし、取るべきところで取れば、大けがはしない。

 

③ 社会:やや難化

社会が点取り科目・ただの暗記科目なのは、もはや昔の話。

年々難しくなっている傾向。

A日程よりは解きやすい印象(TKだけかもしれません)

歴史:A日程よりは選択肢の指摘がしやすい。大問2(3)は悩みに悩む。

地理:県名・国名の記号を埋めるのがやや困るか?それ以降は難しくない。

公民:A日程よりは知識を使う問題が多いが、A日程同様、資料の読み取りがカギ。

 

④ 理科:やや難化

文章量は相変わらず多いが、A日程に比べれば少なくなった印象。

凝った問題は少なく、オーソドックスな問題が多い。

知識が必要な問題がA日程より多く、確実に正答したい知識問題を取りきれたかどうかがポイント。

 

⑤ 英語:やや易化

予想通り、出題形式はA日程と同じ絵の描写。

若干の表現のしづらさは感じたが、そこまで難易度が高いわけではない。

長文はこちらも短くなった印象。並べ替え問題はA日程より難しい。

会話文も特筆すべき点はなさそう。

 

 

○ まとめ

飛び抜けて難易度が高い教科、問題がみられなかったのがB日程。

当たり前ではあるが、取るべきところで点数を取っていないと痛い。

B日程も英語で得点を稼ぎたい。

数学・理科も得点すべきところを得点できれば、そこそこの点数が見込める。

 

何とか予想が的中したものもありました。

恥ずかしげもなく<的中マーク>つけてます。

予想的中がゼロだったら、来年から出題予想できなくなるので、冷や汗ものです。

同業者から見たら、その的中は予想じゃなくて常識だろとツッコまれそうですが・・・

 

 

【ちょっとだけ詳しい分析(リンク貼ってあります)】

国語

数学

社会

理科

英語

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新連絡のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ