平成31年度愛知県公立高校入試B日程の出題予想!~理科~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんばんは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

昨日実施された、愛知県公立高校入試A日程の内容をもとに、B日程で出題されやすい分野を予想してみます。

愛知県の公立入試は、全国的にも珍しく(唯一?)筆記試験が2回あります。

そのため、初めの日程(今年であればA日程)で出題された分野は、比較的出題されにくい傾向があります。

特に、理科・社会で顕著です。

(もちろん、両日程で同じ分野が出題されることもあります。悪しからず)

そのことを踏まえて、各教科の最後の最後に勉強しておくべきポイントをまとめました。

 

まずは、お急ぎ便で理科をお届けしたいと思います。

 

-----------------------------

☆B日程予想☆


理科は比較的予想がしやすい教科です。

基本的にA日程で大問になった分野は、B日程では大問になりにくい傾向があります。(過去例外はありますが・・・)

 

① 中2生物分野:動物(大問2)

 

A日程では、中1生物と中3生物の複合問題が出題されましたので、

 

B日程では、中2生物:動物の単元を予想します。

平成30年度は、A・B両日程で中2生物分野が大問になっていませんでしたので、可能性が高いのでは。

 

消化酵素に関する問題(唾液の実験が多い)が、過去多く出題されています。

各臓器に関する知識も再確認しておいた方がいいですね。

また、動物の分類に関する問題も、出題される可能性があります。

 

② 中3化学分野:イオン(大問3)

 

A日程では、中2化学の内容(質量保存)が出題されましたので、

 

B日程では、中3化学:イオンの単元を予想します。

中和の実験、もしくは化学電池の実験に関する問題を推したいと思います。

 

硫酸と水酸化バリウムの中和の化学反応式は、要チェックです。

 

③ 中3物理分野:力とエネルギー(大問4)

 

A日程では、中2物理の単元が出題されましたので、

 

B日程では、中3物理の単元が出題されると予想します。

 

中3物理はほぼ毎年といっていいほど出題されています。

 

要対策です。

 

ただし、3年連続で中2物理+中3物理の組み合わせで出題されています。

そうすると、そろそろ中1物理(光・音・圧力)が狙われるかもしれません。こちらも合わせて対策することをオススメします。

 

 

④ 中2地学分野:天気 もしくは 中1地学分野:地層・地震(大問5)

 

正直迷っています。

 

過去の出題傾向を考えるならば、天気が出題されそうな気がします。

中1地学は、3年連続で大問として出題されているからです。

 

しかし、A日程で地層・地震に関する問題が1問も出題されていないことを考えると、

B日程で、地層と火成岩に関する問題が出題される可能性も考えられます。

 

地学分野に関しては、天気と地層の両単元の復習をお勧めします。

 

⑤ 月の満ち欠けに関する問題(小問集合)

 

小問集合の予想は難しいです。昨年はよく的中してたみたいです。びっくり。

A日程では、天体が大問で出題されましたが、太陽の南中高度に関する問題でしたので、B日程では月に関する問題を予想します。

月もしくは、惑星に関する問題で悩んではいます。

知識が必要ですので、要チェックです。

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新連絡のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ