平成31年度愛知県公立高校入試A日程分析~理科~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんばんは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

先日行われた愛知県公立入試A日程の各教科のちょっとだけ詳しい分析です。

 

次は、理科です。

 

やっとここまできました。残り2教科。(あ、まだ国語がありました)

 

理科です。

 

難易度としては、そこまで高くはないんじゃないでしょうか。

ただ、出題の仕方が真新しい。そういう意味では難しいかも。

今回の入試のキーワードは「真新しい」かもしれません。

出題の仕方に新しさがあります。そういうものに上手く対応できた人は、得点できたのではないでしょうか。

 

相変わらず文章量が多い。そして、今年は例年に増して文章量が多く感じます。

理科の知識や思考よりも、文章が読めるかどうかも問われてきます。

 

-----------------------------

 

【大問1】小問集合

 

(1)動物の反射に関する問題。(2年生物)

知識問題。点取り問題。ここは確実に正解したい。

 

(2)露点に関する問題。(2年地学)

どちらかというと知識問題だが、現象(水滴がつく)ことの意味が分かっていないと(ただの丸暗記だと)悩む問題。

 

【大問2】生物分野(1年生生物:植物の分類+3年生物:遺伝)

 

(1)離弁花を選ぶ問題。

基礎知識問題。だけど、紛らわしい問題。確実に正解したいのだが。

 

(2)めしべとおしべを見つける問題。

上記のように書けば、「あ~普通の問題じゃん」と思われがちですが、選択肢の提示の仕方が新しい。

また、生殖細胞がつくられる部分→「おしべ」と「めしべ」の両方と分かるかどうか。「めしべ」だけを選んでしまう可能性大。

 

(3)それぞれの意見に対する反例を提示する問題。

これも新しい出題形式。仮説に対して当てはまらないものを選ぶ。これから流行りそうな出題形式。理科の思考力が問われる。

 

(4)遺伝の比に関する問題。

定番中の定番問題なのだが、(3)で追い込まれていると見失うかもしれない。

 

【大問3】化学分野(中2化学:質量保存)

 

(1)炭酸水素ナトリウムの熱分解に関する問題。基礎問題。

 

(2)質量保存の法則の理由を記述する問題。学校のワークでよくみられる問題。1度は解いたことがあるはず。

 

(3)グラフを作図する問題と計算問題。複雑な計算は必要としない。正解したい。

 

(4)計算問題。(3)より過不足なく反応する比が分かり、比例式にてベーキングパウダー5g内の炭酸水素ナトリウムの質量を計算する。今回求められているのは、ベーキングパウダー100g内に含まれる炭酸水素ナトリウムなので、単純に20倍すればよい。いけるよ。

 

【大問4】物理(中2物理:電流、磁界、フレミング)

 

(1)初めて見る実験の形だったので、戸惑ったかもしれない。「ちょっとなにしてるのかよくわからない」が本音だろう。

  オームの法則を用いて流れる電流の値が求まるので、電流計の端子は選べる。電流の流れ方は、+か-へ流れるいつものパターン。

 

(2)まずは、【図2】のグラフの意味をつかむ必要がある。電流の問題ではあるが、「てこによる仕事」との融合問題である。それに気が付くと、二つのグラフがどちらの重りの場合が分かる。そして、グラフを見れば「電流」と「EP間の長さ」が比例していることが分かる。そこで、問題文に戻り、「電圧3.0V」の電流の値を求めて、比例式を立てる。

 

(3)条件がいろいろと書いてはあるが、つまるところ(2)と同じ。抵抗を並列にしたので計算量が増える。比例式での立式も(2)と同様。

 

(4)電流と磁界に関する問題。ご存じの通り、「右ねじの法則」を使う。これで、磁界の向きが分かる。そして、BCが受ける力の向きは、先ほど求めた磁界の向きと電流の向きを使って「フレミング左手の法則」を使えばよい。

 

【大問5】地学分野(中3地学:天体)

 

(1)透明半球を用いた、日の出の時刻の算出。学校の定期テストでも必ず出題される問題。確実に正答したい。

 

(2)透明半球上の弧の長さに関する問題。これは悩まさられる問題。PAに関してはすぐ分かるはず。実際に半球状に弧を描いてみると良い。

 

(3)赤道上での太陽の動きに関する問題。こちらも基本問題なので、確実に正答したい。

 

(4)南中高度に関する問題。「地球の地軸が公転面に対して垂直であると仮定したとき」という条件が理解できたかどうか。つまり、地軸がずっと傾いていないということ。ということは、ずっと「春分」もしくは「秋分」と同じになるということ。つまり、南中高度は一定ということ。

 

【大6問】小問集合

 

(1)圧力の計算問題。(中1物理)

公式通りに解けばできる問題。容器の質量を最後に引くのがミソだとは思うが、引く前の答えが選択肢にないのでひっかからないかね。

 

(2)濃度の問題。(中1化学)

数学の濃度の方程式と一緒。いつも通りビーカー書いていけばできたのでは。

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新連絡のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ