平成31年度愛知県公立高校入試A日程分析~社会~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんばんは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

先日行われた愛知県公立入試A日程の各教科のちょっとだけ詳しい分析です。

 

次は、社会です。

 

ここ数年、社会の難化が止まりません。どんどん難しくなる印象です。

例年、社会はある程度点数が取れる教科でした。

 

英語が苦手でも、社会で相当挽回して合格しました~って話はよく聞きました。

 

愛知県はリアル本気(ガチ)です。

 

今回は、必要な知識(特に歴史)が少し細かくなりました。

そして、知識と知識を組み合わせて解答しなければいけません。

さらに、今年は資料の読み取り問題(むしろ、読解問題)が出題されました。

あまり知識を必要としないという点では、チャンスかもしれませんが、真新しさが目立ちます。

追い打ちをかけるように、文章量の増加。最後まで読む抜く体力が必要です。

 

歴史が全体的に難化。点取り問題がほとんどありません。

 

地理は例年通りか、やや易化。資料に国名を埋める際にヒントがもらえたのが有り難かったかも。その分場所が分からないといけないのだが。

 

公民での資料読み取り問題が多い。ここで得点できるかが差になるかも。

 

 

-----------------------------


【大問1】歴史

 

(1)語句挿入問題。生麦事件を知っていれば解けるのだが・・・。

 

(2)流行りの「すべて選ぶ」問題。この時期(1900年)の日本の産業の状態が分かれば解けるのだが・・・。

 

(3)「Yの年代以降の・・・」という問題なので、選択肢の中で一番新しい(最近)のできごとを選べばよい。

 

【大問2】歴史

 

(1)史料の読み取り問題。消去法が無難。「725年」ということから「奈良時代」と分かり、

  ア「地価」というワードから地租改正→明治

  イ「地頭」→鎌倉

  エ「惣」→室町

  このように考えればよい。これが一番得点しやすい。

 

(2)資料推測問題

 

歴史の流れが分かっていないと難しい問題。

 

(3)同時代史の問題

 

愛知県公立入試では定番の問題。ただ、すんなりとは解けない。こちらも消去法で解くのが良し。

 

(4)記述問題

指定された単語から、「屯田兵として開拓した」まではすぐ思い浮かぶが「防備」をどうするかが悩ましいところ。

 

【大問3】日本地理

 

(1)都道府県別(今回は関東地方)のデータ読み取り問題。

まずは、ABCDに都道府県名を入れ、さらに、別の棒グラフの項目を埋める。ABCDの県名判定はさほど難しくはない。問題は、棒グラフの項目にあるだろう。ひとまず「製造品出荷額等」は「神奈川県」が一番多くなるものを選べばよい。その後が悩む。

 

(2)データ読み取り問題

「東京都」と「東京都を除く関東地方6県」と「関東地方以外の道府県」を比べるという、あまり見ない問題。見るべき円グラフは「人口」と「年間商品販売額」だろう。ただ、いくら東京の人口が多いからといって全体の6割以上にはならないやんといった、日頃の使用の使い方とは別の考え方が必要になる。だって、比べているのが、「1都」と「6県」と「40道府県」ですもん。

 

(3)一問一答の知識問題。

ここは点数の取りどころ。

 

(4)工業地域・地帯を比較する問題。

比較する4つの地域・地帯の中で、「京葉工業地域」を選ぶのは、選びやすかったのではないか。

 

【大問4】世界地理

 

(1)いつもの如く、ABCDEに、データをもとに国名を入れていくわけだが、今回は文章でヒントを与えてくれる。そのため難易度が少し落ちたのではないか。「ボリビア」ってどこ?ってなるかもしれないが、文章のヒントに「内陸国」とあるのが有り難い。

 

(2)貿易について。石油の「ベネズエラ」、銅の「チリ」という知識があれば、2つのグラフはすぐ分かる。bは「大豆」が決め手か。

 

【大問5】公民(地方自治?)

 

(1)資料の読み取りと地理の知識問題。資料の読み取りには知識は必要なく、書いてあることがちゃんと読み取れたか。

 

(2)「公正」について。公民の教科書の第1章で扱う内容。入試問題に出題されたことはなく、少し戸惑ったのではないか。「住民が不公平と感じないために」の意図が理解できたら正答できる。

 

(3)用語の問題。「自主財源」「依存財源」を意味を理解しているかどうかが問われる問題。確かに、公民の教科書の地方自治のページに記述がありました。しかし、あまり問われることがない用語なのも確か。ただ、「自主」「依存」という言葉からある程度意味は推測できるのではないか。

 

(4)資料の活用の仕方の問題。

今後、このような問題が増加すると思います。結論があらかじめ決められており、そのためにはどの資料を用いればよいかを考えさせる問題です。読解力的な要素が強い問題です。今回は知識が必要ないので、暗記が苦手な人にはチャンスだった。

 

【大問6】公民(政治分野)

 

(1)人権の歴史についての問題。公民というよりかは、歴史の問題に近い。そこまで難しさは感じられない。得点したいところ。

 

(2)自由権の中の「精神の自由」の具体例を選ぶ問題。学校の定期テストでよく出題される。消去法が無難。

 

(3)一問一答の用語問題。これは得点したい。

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新連絡のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ