平成31年度愛知県公立高校入試A日程分析~数学~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんばんは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

先日行われた愛知県公立入試A日程の各教科のちょっとだけ詳しい分析です。

 

次は、数学です。

 

文系のTKが生意気にも数学の分析です。

 

最初の計算問題は、易しくなった印象。その反動(?)で、それ以後の計算が大変。

色々な場面で計算力が問われる。

 

大問2の(1)は、普段あまり見ない問題。

立式はできるものの、「で?」となる。「で?lとなった人は、後回しにできたかな。

ここで時間を使いすぎると、最後までたどり着けない。

 

大問3はすべて厳しい。全滅の可能性もあり。

しかし、大問3が全滅しても、22点-5点=17点。

ということは、15~16点は取れるのではという感覚。

 

-----------------------------


【大問1】

(1)~(5)計算問題。失点はまずい。

 

(6)不等式の立式。単純だが、「≦」の「=(イコール)」が付けられたかがポイント。ここは失点するかも。

 

(7)変化の割合問題。問題なし。

 

(8)資料の活用。相対度数から度数を求める。やるべきことは簡単なのだが、普段とは「逆」の出題なので、パニクってないといいのだが・・・。

 

(9)図形(相似)。基礎問題。学校の定期テストで必ず出題される問題。

 

【大問2】

(1)規則性の問題。立式まではすぐできるはず。そして、きっと素因数分解を試みるはず。そして、「え?」ってなるはず。

  ちょっとした工夫が必要かも。素因数分解ができない(できなくはないのだが)ってことは、二つの数は素数。そして、二つの数の差は「2」

  さらに、「899」は「900」に近く、「30×30」に近いってことは・・・と違った角度からのアプローチが必要。後回しにできたかな。

 

(2)証明問題。以前までの「誤っているものを選んで訂正」から、自分で埋める形式に変わった。といっても、ここは得点すべき。

 

(3)確率問題。書き出せばいいのだが、少し時間がかかる(気持ち心が折れかける)。

 

(4)電話の料金プランをグラフを用いて考える問題。よくあるのは2つのプランだが、今回は3プラン。といっても易しい。

①条件に従い、必要な点が取れれば大丈夫。

②①で書いたグラフに、残りの2プランを書き込む。本来であれば、それぞれのグラフを出して交点を出して・・・なのだが、今回はグラフを書けば一目瞭然。びっくらこいた。

 

【大問3】

(1)角度の問題。扇形の中心角と円周との関係と、円周角の融合問題。いたるところにひっかけ(勝手にひっかかるだけなんですけど)がある。角度の問題にしては、難しい。

 

(2)平面図形。

①辺の長さを出す問題。ABとDEを延長して平行四辺形をつくると早い。TKみたいに、長方形をつくると遅い。時間もかかるし、最初の発想が難しいかも。

 

②①ができれば、解ける。

 

(3)平面図形と立体図形

①円の半径を求める問題。円の中心とそれぞれの接点を結んで直角三角形を作り、相似であることに気が付けば解ける。

 

②球の体積と、円錐がくっついた立体の体積を比べる問題。まず、球の体積の公式は大丈夫だろうか。次に、Dから降ろした垂線の長さを求めるのが難関。確かによく見る通称「ピラミッド」の形にはなるけど、AOを結ぶ発想が出てくるかどうか。そして、計算がやっかい。計算力が圧倒的に必要。ここは落としても大丈夫。

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新連絡のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ