寒い冬を熱くする~スク玉冬期講習14日目~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

さんなんが合格祈願に参拝した際に手に入れた「お守り」と「合格鉛筆」を配布しました。

 

受験の神様~江南市北野天神社&一宮市真清田神社~

 

我々も肌身離さず持っています。

 

 

こんばんは。

 

一宮市の学習塾 スクール玉野 TKです。

 

冬期講習14日目の様子です。

 

中3(朝・昼)

------------------------------------------

中3は大事な大事な学年末テストに向けて、テスト対策が始まりました。

このテストは、公立高校を志望する中学生にとって重要なテストになります。

 

なぜなら、公立高校入試で使用する3学期の内申点が決定するから。

そして、3学期の内申点は学年末テストの結果だけではなく、1学期2学期の成績も加味されることを知っておかなくてはいけません。

 

そのことを知っていれば、今回のテストでどの教科に力を注げばいいか分かってきます。

というのも、1学期・2学期と内申点に変化がない場合は余程のことがない限り数字が変わる可能性は低いです。

(中には忠告されている生徒もいますが・・・)

一方、1学期・2学期で評定の数字が違う教科がピンチでありチャンスです。良くも悪くも数字が変わる可能性が高い。

 

例えば、、、

 

このような内申点を取っていたとしましょう。

今回の学年末テストで力を入れるべきは、★と△がついている教科です。

 

★→1学期から2学期にかけて下がっているので、上がる可能性がある

△→1学期から2学期にかけて上がっているので、下がる可能性がある

 

★については言わずもがなですね。上がるというか、もとに戻すことができる可能性があるので、

学年末テストでは、是が非でも点数をとる必要があります。

 

△についてですが、下がってしまう可能性があるので、2学期と同じ内申点をキープしたい。

だから、学年末テストで点数をとって、数字が下がらないようにする必要があります。

 

1学期も2学期もともに、内申点は「33」。

仮に、★が上がって、△がキープできたとしたら+3の「36」になります。

(なかなか、そんなに上手くはいかないですが・・・)

 

だからといって、★や△がついてない教科は勉強しなくていいわけではありません。

ただ、これまで同じように勉強していては何も変わりありません。むしろ、評定が上がった教科が下がる恐れがあります。

どの教科により力を入れて勉強するのか。限りある勉強時間の使い方を考える上で大事なことになります。

 

そして、どの教科に力を入れるのかは、生徒一人ひとりにとって全く別物です。

そのため、本日は一人ずつと確認をして、学年末テストに向けて何を重点的に行うかの確認をしました。

 

 

 

もちろん私立高校が第一志望の生徒にも、私立入試に繋がるようなアドバイスもしてあります。

 

中3生にとって、中学最後の定期テストになります。

良い結果になることを期待しています。

 

=============================

↓↓↓このLINE@の用途は、スク玉関連ブログの更新のみ↓↓↓

友だち追加

「友だち登録」でスク玉ブログ更新情報をお届けします!

 


↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス