TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんばんは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

先日行われた愛知県公立入試A日程の各教科の

 

ちょっとだけ詳しい分析です。

 

まずは、国語です。

 

四字熟語、語句・慣用句、文章訂正(A群・B群)とことごとく予想を外すという波乱のスタート。

 

ただ、予定通り説明的文章2題出題されました。

 

小説の出題頻度は減るのですかね。

 

-----------------------------

 

【大問1】説明的文章(随筆)

(1)副詞の挿入問題。これはいけるよ。

 

(2)文章中の空欄A・Bに適語を入れる問題。第1段落の冒頭文の具体例ということが分かっていれば、容易に当てはめることができる。

 

(3)下線部の言い換え問題。「二条件」とあるので、二つの要素が含まれている文章を探す。第3段落はドイツの例、第4段落はイギリスの例であり、これのどちらかが優れているという話ではなく、この二つを組み合わせたらいい感じという文脈なので、具体例の前の第2段落に着目。第2段落の末部にあるよ。

 

(4)段落の関係性についての問題。内容は難しくはないが、それぞれに違う段落についての選択肢なので、検証するのに時間がかかる。

 

(5)生徒の意見と筆者の考えとが近いものを選ぶ問題。本文内容一致とほぼ変わらないので、本文の内容に合致しているか検証するだけ。やはり、消去法が無難なのか。

 

【大問2】漢字・語句

漢字・語句問題は満点(3点)必須。

同音異義語で得点できるかがポイントか。

 

【大問3】説明的文章

(1)理由を問う問題。下線部に指示語が含まれているので、その指示語を明らかにしてから解く。下線部の理由は、第2段落に書かれているので、第2段落と合致する選択肢を選べばよい。

 

(2)要約問題。「ひらめき」というワードがやや使用しにくい。身体知の定義について要約するのがこの問いである。そうであるとするならば、第3段落1文目が定義の文になっており、それを参考にして、要約文の文末は「言葉では明示しがたい無数の身体感覚に基づいた知識のことである」と結ぶのがベターなのではないか?

 

(3)接続語挿入問題。例年通り、2つの接続詞を挿入する問題となった。前後関係を把握して解いてください。

 

(4)文章訂正問題に近い問題か。本文に書かれていない内容を選ぶので、じっくり本文と照らし合わせて探せば難なく見つかるでしょう。

 

(5)段落の要点をもとに段落番号を答える問題。「具体的な例を用いて説明している」という箇所がポイント。

 

(6)本文内容一致問題。合致するものを2つ選ぶ形式。一見難しく思えるが、1つ選ぶ場合であれば、4つの選択肢を消さないといけないが、2つであれば3つの選択肢を消せばよいということ。これも本文の内容と逐一チェックしながら消去していくのが無難な戦法。

 

【大問4】漢文

(1)現代語訳の問題。高校で漢文をやっていれば問答無用で答えられるのだが、中学生はそこまでの知識がないので文脈判断に頼るしかない。「廃止したらどうですか?」という問いかけの答えだということと、下線部以降の内容とを合わせて考えるしかない。

 

(2)現代語訳の問題。文脈と「威」という漢字の意味を合わせて考えれば大丈夫。「権威」などの熟語が思いつくであろう。

 

(3)比喩の内容を問う問題。堤防→川を連想し、本文中の川=批判を読み取れば容易に答えられるだろう。

 

(4)内容一致問題。選択肢が消しやすい。

 

-----------------------------

 

=============================



↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

 

 

TKさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。