平成30年度愛知県公立高校入試B日程分析~数学~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

こんにちは。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

先日行われた愛知県公立入試B日程の各教科の

 

ちょっとだけ詳しい分析です。

 

次に数学です。

 

文系のTKが生意気にも数学の分析です。

 

計算問題が減ったこと、資料の活用問題に心が折れそうになる(=時間がかかる)ことを考えれば、少し難化傾向にあるのかなとは思いました。

 

時間のかけ方を間違えると、最後までたどり着かないかも。

 

普段言っているように、自分の取るべき点数を取るようにすること、

 

つまり数問「捨てる」ことを実践していれば、

 

自分に必要な点数は取れたのではないでしょうか。

 

-----------------------------


【大問1】

(1)~(5)計算問題。失点はまずい。

 

(6)文章問題。図や表を書けば立式できるが、時間がかかりそう。ここで時間をかけすぎると、後にひびく。

 

(7)変化の割合問題。問題なし。

 

(8)確率。例年までは大問2で出題されていた。難易度は高くないが、計算問題が1問減ったとなると、得点源が減ってしまったのか?

 

(9)図形(相似)。基礎問題。

 

【大問2】

(1)相似比、面積比、体積比に関する問題。ここを失点すると痛い。

 

(2)資料の活用問題。選択肢をひとつずつチェックするのが大変。ここを後回しにできたかどうか。時間をかければそこまで難しい問題ではないが、中央値・範囲などの出し方を知っているかどうかがカギ。

 

(3)関数。面積が等しい=等積変形の問題だと気付くはず。

 

(4)グラフと図形(相似)の融合問題

①長さを書き込めば解ける

②xの範囲を3つに場合分けできたかどうか

 

【大問3】

(1)角度の問題。円周角。これは落とせん。

 

(2)平面図形。

①辺の長さを出す問題。直角が関係しているので、三平方か相似。今回は相似を利用する。相似に気が付けたかどうか。

 

②面積比の問題。これが1番の難問ではないか。ここが取れれば高得点が狙える。落としても気にしない。

 

(3)立体図形

①球の表面積。球の半径が問題文に指定されているので、公式通り。これも落とせん。

 

②正三角柱の体積。立体に球がすっぽりはまっている場合は、平面で書き出す(今回であれば、正三角形に円が内接している)ことが肝要。円の中心と接点を結ぶ。正三角形なので、1つの角が60°を使えば、正三角形の1辺が出せます。時間があれば、得点できる問題。

 

-----------------------------

☆A日程予想☆

① 証明問題

 

B日程には、証明問題が出題されていません。

 

よって、A日程には証明問題が出題されます。

 

② 資料の活用

 

B日程では、資料の活用が大問2で出題されました。

 

A日程では、大問1(計算問題)での出題が予想されます。

 

平均値を階級値と度数を使っての求め方等を確認しましょう。

 

③ 2次関数

 

B日程では、1次関数でしたので

 

A日程では、2次関数が出題されると思います。

 

④ 平行線を利用した角度

 

B日程では、円周角が出題されました。

 

A日程では、円周角以外での出題が予想されます。

 

⑤ 確率

 

B日程では、ボールを使用した確率問題がでました。

 

A日程では、定番のサイコロ、カードが予想されます。

 

解き方を確認しておいてください。

 

=============================



↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

 

 

TKさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス