平成30年度愛知県公立高校入試B日程分析~国語~(一宮市、稲沢市の英語教室Lepton) | TKの言われたい放題

TKの言われたい放題

スクール玉野HP:http://www.sukutama.com/


テーマ:

おはようございます。

 

一宮市の学習塾スクール玉野 TK です。

 

先日行われた愛知県公立入試B日程の各教科の

 

ちょっとだけ詳しい分析です。

 

まずは、国語です。

 

難易度は、例年並みでしょう。

 

大問数、問題形式に大きな変化はみられませんでした。

 

全体的に文章量が増加したように思えます。

 

大部分の問題が、記号選択問題になっています。

 

それぞれの選択肢も、ある程度の文字数があるので一見難易度が高いように思われます。

 

しかし、明らかに消去できる選択肢が多いため、そこまで難しく感じませんでした。

 

つまり、消去法を駆使すれば、難なく解けた問題だと思います。

(それの是非は別として)

 

古文が解きやすかったと思います。内容も、そこまで古文独特な複雑さがなかったので、言いたいことが理解できたのではないでしょうか。

 

-----------------------------

 

【大問1】説明的文章

(1)接続詞挿入問題。空欄の数が2個から3個へ増加。

 

(2)指示語の問題。「常識」というワードをヒントに、第1段落を参照できるかがポイント。

 

(3)要約記述問題。使用すべき単語が、本文中では離れた場所にあるので、それをうまくまとめるのに時間がかかる。第3段落最後の、「つまり」ではじまる一文を軸に、肉付けしていく。

 

(4)因果関係(理由を問う)の問題。第5段落に下線部の理由の具体的説明がくる。第6段落冒頭に「このように」とあるので、第5段落をまとめた内容が第6段落となる。よって、第6段落と選択肢を照らし合わし、合致するものを選択する。

 

(5)文章構成の問題。論の進め方を問う。「二つ選べ」とあるのが、「四つ」消した方が無難。比較的消しやすい。

 

【大問2】漢字・語句

漢字・語句問題は満点(3点)必須。

同音異義語で得点できるかがポイントか。

 

【大問3】説明的文章

(1)目的を問う問題。段落の末部「この思考実験が教えてくれるのは、・・・」以下に着目すればできる。

 

(2)因果関係(理由を問う)の問題。第3段落の「ムササビ」の具体例を抽象化して考える。

 

(3)言い換え問題。第4段落の具体例、第5段落末、「つまり」から始まる文に着目する。

 

(4)文法問題。「ない」の識別。中学校の定期テストレベルの問題だ。ここは得点すべきところ。文法問題は数年に1度出題される。言い換えれば、出題頻度は低い。慣用句や語句の意味を問うものや、文意にあう慣用句を挿入する問題の方が出題頻度は高い。

 

(5)段落の関係を問う問題。それぞれの段落の内容と合致しているかを丁寧に探す作業となる。段落に関する問題は、昨年問題が改定されてからはほぼ出題されるようになった。今回のように段落の役割を問うものもあれば、要約文を提示され、その段落番号を問う問題もある。各段落の要点をつかむことが肝要。

 

(6)文の順序整理問題。文頭の指示語や接続語が着目点になる。1、2、3番目までは容易。4、5で多少悩むか?

 

【大問4】古文

(1)主語の問題。古文の定番問題。古文の小問4つのなかでは、一番難易度が高い。しかし、そこまで難しいわけでもない。

 

(2)指示語の問題。前文に着目すればよし。

 

(3)書き抜き問題。「分別者というべけれ」に着目できればよし。

 

(4)内容一致問題。選択肢が消しやすい。

 

-----------------------------

☆A日程予想☆

国語の予想ってなんやろな・・・と思いながらも、B日程の出題と例年の傾向をもとに予想を立ててみます。

 

① 四字熟語

 

B日程では、同音異義語が出題されたので、

 

A日程では、四字熟語の出題の可能性が高いです。

 

② 語句・慣用句の意味

 

文法問題の代わりに、語句や慣用句の意味に関わる問題が出題されそうです。

 

③ 文章訂正問題

 

A群(内容について)、B群(表現について)から1つずつ選択する問題です。

 

B日程では、文の整序問題が出題されたので、

 

A日程では、文章訂正問題が出題される可能性が高いです。

 

④ 漢文

 

B日程では、古文が出題されましたので、

 

A日程では、漢文が出題されると思われます。

 

しかし、高校生のように漢字のみではなく、書き下し文での出題ですので、古文のときと、さほど変わりがありません。

 

⑤ 説明文2題

 

B日程では、説明的文章が2題出題されたので、

 

A日程では、小説文が出題されると予想するのが妥当なのですが、

 

前年(問題改定年)では、両日程ともに説明的文章が2題出題されています。

 

問題改定の意図を、「論理力重視」ととらえると、説明的文章が2つでるのではないかと思います。

 

 

=============================



↑↑スク玉HP↑↑

 

さんなんのごはんブログ


大野原ブログ

 

=============================

 

 

 

 

 

 

 

TKさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。