4月中旬に、「Duchamp Magritte Dalí Revolucionarios del sigloXX(20世紀の革命家たち)」という美術展に行ってきたよ。

会場はPalacio de Gaviria(ガビリア宮殿)、住所はcalle del Arenal, 9 (アレナル通り9番地)。

 

マドリッドの中心地ソル広場と、オペラ駅を結ぶのがアレナル通り。

ガビリア宮殿は、ソル広場から歩いてすぐ近く。

偶然に通りかかったとき、マグリットの絵の大きなポスターが目に入って、この展示を知った。

 

私は2015年に東京でマグリット展に行った。

不思議な絵だけど、心が惹かれるんだよね。


 

行ってみたらマグリット以外にも10人ほどのアーティストの作品が、各々5~8つほど展示されていた。

パンフレットにのっている名前はDuchamp, Magritte, Dalí, Ernst, Tanguy, Man Ray, Picabia, Calder, Schwitters, Höch, Blumenfeld, Janco.

 
宮殿自体の装飾も見事だったよ。
入場料に音声ガイド貸し出しも含まれていて、英語とスペイン語があった。
 

近代アートが好きな人にはオススメ。

期間は7月15日までとのこと。

 

スペイン語学校の先生によると、スペイン全体には1500の美術館・博物館(museo、スペイン語ではこの2つを区別しない)があって、マドリッド市内には150ほどあると言われているそう。

日本語のガイドブックには載っていなくても、興味深い展示をしているところがたくさんある。

 

スペインを旅するときは、探してみてね。

 

En abril fui a una exposisión en el palacio de Gaviria en Madrid, "Duchamp Magritte Dalí Revolucionarios del sigloXX" porque me gustan las obras de Magritte.

El palacio es muy bonito también.

 

読んでくれてありがとう

Gracias por leer mi blog.

 

twitter ツイッター → @viajerajaponesa

¡Tuiteo en español y japonés!

スペイン語と日本語でつぶやいてるよ!