ケガの痛みが続く子ってどんな子? | 台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区根岸にある『台東すこやか整骨院』。目の前の道路を渡れば、すぐに荒川区。当院は、スポーツ選手が多く来院される整骨院で、骨折・脱臼・捻挫・打撲がほとんど。治療から予防の運動、つまらないギャグまで幅広く提供している整骨院のBLOGです。

こんにちは。スポーツ選手の集まる台東すこやか整骨院の安達です。

先日、とある医療系の雑誌を読んでいたのですが
そこには「性格もクセ」と書いてありました。

ふむふむ。なるほどなと読み進めていくと

慢性的な痛みに移行しやすい人の特徴について書いてありました。

《特徴一覧》
・ネガティブな発言が多い
・注意散漫
・戦略的な練習や試合の組み立てができない
・気の利いた対応ができない


内容をまとめると…。

「特徴に当てはまる人は脳の前頭前野の活動が低下している。」と言う事。

前頭前野は、意欲、創造、機転、計画などにも関連しているので

計画性がない、段取りが悪いなどもこれに含まれると思います。

なので、性格もクセと書いてあります。

私も読んでいて、なんとなくスッと入ってきました。

では、なぜ痛みが慢性化しやすいのかと言うと

前頭前野は脳の各所と総合的な連絡網を持っているので

運動、鎮痛、自律神経、情動、にも深く関わっています。

そのため、ケガの回復や運動能力、痛みの回復に大きく影響を与えています。

このような選手がチームにいる場合は

セロトニンという神経伝達物質の為にタンパク質をしっかりと摂取し

さらには合成の為にも日光を浴びる為にも生活のリズムを整えることも

大切になってくるそうです。

ケガが長引くには原因が必ずあります。

このような視点も大切になってくるのではないかと思いました!

安達