打撲を放置すると… | 台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区根岸にある『台東すこやか整骨院』。目の前の道路を渡れば、すぐに荒川区。当院は、スポーツ選手が多く来院される整骨院で、骨折・脱臼・捻挫・打撲がほとんど。治療から予防の運動、つまらないギャグまで幅広く提供している整骨院のBLOGです。


テーマ:
こんにちは。スポーツ選手の集まる台東すこやか整骨院の安達です。

先日、打撲を放置された患者さんがいらっしゃいました。

脛の骨の際を怪我していたようで

触ると皮膚の動きが悪く足首の動きにも影響が出ていました。

サッカー選手の高校生の患者さんでしたが、ボールが蹴れなくて困っているとも…

想像するに恐らく足の深筋膜部分に治癒過程でコラーゲン繊維が

集まってしまい硬くなってしまったのではないかと。

そこで、硬くなっている部分に超音波を当てて温めて超音波後に皮膚、筋膜の動き作り。

施術後には軽くボールが蹴れるまでになってました!

やはりケガをした後の皮膚や筋膜の硬さは二次的な痛みを生んでしまいます。

そうなる前に初期処置は大切なんだなと改めて思いました。

痛みでお悩みの方は是非ご相談下さいね!

安達