サッカー選手に多いジョーンズ骨折 | 台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区根岸にある『台東すこやか整骨院』。目の前の道路を渡れば、すぐに荒川区。当院は、スポーツ選手が多く来院される整骨院で、骨折・脱臼・捻挫・打撲がほとんど。治療から予防の運動、つまらないギャグまで幅広く提供している整骨院のBLOGです。


テーマ:
こんにちは。スポーツ選手の集まる台東すこやか整骨院の安達です。

先日、ジョーンズ骨折ではないですが疲労骨折なりかけの方が来院。

種目はサッカーで、最近は部活以外にもスクールにも通って

練習量が増えていたとの事でした。

足の外側が腫れており、圧痛がありました。

ジョーンズ骨折を念頭に置いて軸圧痛や叩打痛を確認しましたが陰性…。

しかし、圧痛部位と腫れ方が気になったので、病院での検査をお願いしました。

レントゲンの他に、MRI検査も行って頂けた結果

骨の炎症が起きているので、疲労骨折のなりかけと診断されました。

骨が折れてしまう前で本当によかったです。

そもそも、ジョーンズ骨折は何故なるのか??





・靴の外側がすり減る
・股関節の内旋(お姉さん座りの方向)の可動域制限
・人工芝(地面が硬い所で練習)
・ラントレをスパイクで行っている

などが挙げられます。

足の外側に体重がかかりやすく、硬い所で長い時間練習があり走ることが多い場合、ジョーンズ骨折になりやすくなります。あとは、お尻の筋肉が硬いのも原因になりますので、注意が必要です。

ジョーンズ骨折は疲労骨折の1種ですから、体の使い方が悪いとリスクは上がります。

そして、体の使い方を学ばない限り、再受傷の可能性もあります。

勿論、手術で金具を入れても折れる場合もあるようです。

難治とも言われるジョーンズ骨折。未然に防いで楽しくスポーツが行えると良いですよね!

《お尻の筋肉が硬い方にオススメのストレッチ》



その他、トレーニングに関して詳しく知りたい方はカラダ塾をオススメ致します


カラダ塾ご紹介ページ

お問い合わせはLINEからお願い致します。



Jones骨折研究会HPから資料ダウンロード可能です。

安達

スポーツ外傷専門の台東区にある整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント