1ヶ月前の捻挫がなぜ痛いのか?? | 台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区根岸にある『台東すこやか整骨院』。目の前の道路を渡れば、すぐに荒川区。当院は、スポーツ選手が多く来院される整骨院で、骨折・脱臼・捻挫・打撲がほとんど。治療から予防の運動、つまらないギャグまで幅広く提供している整骨院のBLOGです。


テーマ:
こんにちは!スポーツ選手の集まる台東すこやか整骨院の安達です。

私も今年の4月で、台東すこやか整骨院に勤め始めて丸5年です。

あっという間の5年でした…。

5年も勤務していれば、たくさんのケガを見るのですが

「あらー。」と、毎回思うのが

時間の経ってしまったケガです。

当院に来るまでに何箇所も整形外科や整骨院を回ってくる方もいます。

ブログの題目には”1か月前の”と、書いてありますが

最長で3か月前の捻挫の痛みが引かなった為、当院に来院された方をみたことがあります。

時間が経っても痛みが取れないのは、初期処置が適切でなかった事が本当に多いです。

私は、捻挫の時固定して患部を安静にすることも大切だと思います。

しかし、安静だけでは予後が悪いです。

しっかりと包帯で患部を圧迫出来ていたのか?が大切です。

過去に、骨折の患者さんで固定具でしっかり固定して電気を流しているのに一向に痛みが取れなかった方がいました。

考えた末に行ったのは、患部をキネシオテープで圧迫をかけてから固定具をしてみると…

次の日には痛みも取れ、その後すぐに運動に復帰できた例もあります。

捻挫も然り。

特に、圧迫をおろそかにしてしまうと、腫れが残ってしまい関節の可動域を狭めてしまったり、靭帯が腫れて肥厚してしまい本来の繊維質な柔らかさが欠如して可動域を狭めてしまったりと、回復段階でストップが入ってしまいます。

この関節の可動域。

関節の動く範囲が足りないと、運動中に痛みが出てしまい

治ったと思ったから固定を外したのに、まだ運動が早かったのだと再固定されてしまうこともあります。

そのせいで復帰がどんどん遅くなってしまうのです。

靭帯の修復期間はおよそ2週間。

その期間以上に痛みが出るのは、他に原因があるもしくは、靭帯の修復期間にまた損傷してしまう外力が加わってしまったのかもしれません。

痛みの原因は様々です。

明日のご予約を頂いた方も、過去のケガで痛みが取れないと事前の問い合わせで伺っています。

早く痛みがなくスポーツが出来るように、しっかりとケアしたいと思います!

安達

スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院
〒110-0003
東京都台東区根岸2-11-6 2F
電話03-5879-7322
月火水金土(木曜日曜祝日休診)
9:00〜15:00(予約制)
15:00〜21:00

☆保険診療
☆自由診療(10分1000円〜)
☆鍼治療(800円〜)
☆全身コンディショニング(4320円〜6480円)
☆集中力アップ!小顔矯正(1時間程度)6480円



ホームページ

スポーツ外傷専門の台東区にある整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント