水泳選手にとってのトレーニングについて | 台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区アスリート御用達 スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院

台東区根岸にある『台東すこやか整骨院』。目の前の道路を渡れば、すぐに荒川区。当院は、スポーツ選手が多く来院される整骨院で、骨折・脱臼・捻挫・打撲がほとんど。治療から予防の運動、つまらないギャグまで幅広く提供している整骨院のBLOGです。


テーマ:
こんにちは!スポーツ選手の集まる台東すこやか整骨院の安達です。

今回は、自分が母校のコーチをしていて感じた冬のトレーニングについて

つらつらと書いていきたいと思います。

屋外プールの学校では、もうプール練の時期も過ぎて陸トレに移行しています。

おおよその水泳部の冬トレは持久走や筋トレがメインとなっておりますが

これで速くなるのか????

私は学生時代から疑問でした。

やはり水温も下がり気温も下がるとプール練と言うのは

当たり前のことながら難しいです。風邪ひきますし、水が痛いです。

学生時代泳ぎたい私にとっては本当に残念なお知らせでした。

そして、タチの悪い事に持久走や筋トレをずっとやっていると学生って飽きちゃうんです。

困ったことに。

ストイックにやり過ぎて体脂肪が落ちようものならプール練に戻った時も

浮きにくくなって泳ぐのが今度は大変になります。

そんなバランスを見ながらトレーニングをしていかないといけないので

簡単なようで難しいことだと、水泳出身の私でも思います。

基礎筋力をあげる事を目的としてトレーニングを行って

いざシーズンに入った時にタイムが伸びる選手もいます。

実際に、泳がなくてもタイムが伸びていた選手はいました。

ただ、本当にそれだけで良いのか?と言う考えが私にはあります。

実際、水泳を行なったことがある方なら分かりますがコアが使えないと

蹴伸びの姿勢でもバタ足の最中でも腰が反ります。

これは水の抵抗を生みますし、腰痛の原因にもなりますが

=冬はコアトレをしなきゃいけない

わけではないです。

ここが大事なポイントで、コアトレをむやみに行なったところでフォームが修正するとは限らないです。

コツを掴んで上手くハマってしまえばそのまま泳ぎにリンクする選手もいると思いますが…。

股関節をあれだけ動かしていて、肩関節を動かしていつつも腰を反らせないで綺麗に浮かないといけない事を考えると

各関節の自動での可動域を獲得してかつ骨盤、腰椎の安定性を出していく必要があるのではないかな?と思います。

筋力アップももちろん大切ですが、こんなところも見つつトレーニングメニューの作成が

行えると良いかもしれませんね!!^ ^

安達

スポーツのケガ専門!台東すこやか整骨院
〒110-0003
東京都台東区根岸2-11-6 2F
電話03-5879-7322
月火水金土(木曜日曜祝日休診)
9:00〜15:00(予約制)
15:00〜21:00

☆保険診療
☆自由診療(10分1000円〜)
☆鍼治療(800円〜)
☆全身コンディショニング(4320円〜6480円)
☆集中力アップ!小顔矯正(1時間程度)6480円



ホームページ

スポーツ外傷専門の台東区にある整骨院さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント