子育てトーク2日目。


 休憩時間の風景です。



ふくろう通信


 直前まで子育てについて語り合っていたのですが、


子どもを交えてのお遊びタイムです。



 やはり子供は一緒にお母さんと遊びたかったのですね。



 おしゃべりのテーマは、どうやって叱れば良いのか? とか


夫を立てるには?とか、子供を早く寝かせるにはどうしたら


いいのだろう? 子供によって接し方をどう変えたらいいのか?



 などなど、話題は尽きず、皆さん思いっきり「子育てトーク」を


楽しみました。



 話をすることで悩みや行き詰まり感も解消されて


元気になれます。参加者の皆さんはとても良い笑顔で


帰って行かれました。





 

 トランプみたいなカードを、48枚あるのですけど


1枚引くんです。



ふくろう通信



 不思議と今の状態が分かるんです。



 そんなカフェを週1回開いています。



 今回は問題を解決するための3枚引き


を行いました。




 ある人は


 「こんな記憶が出てくるとは思わなかった」と


忘れたはずのことを思い出し、



「今、何とかしないといけないということなんだなぁ」


と、、今の問題もこれを解決していないから


起こっているのかもしれないと気づき、気分が軽くなって


帰えられました。



 またある方は、カードを見ながら、現在自分自身


が抱えているモヤモヤを話されてすっきりして


お帰りになりました。



 たかがカードなんですけど、自分の心を


鏡のように映しだしてくれるんですね。


そして元気になれます。





 

 ほとんど誰でもお医者様にお世話になっています。


品物を選ぶのなら手に取ってじっくり眺めてから


選ぶこともできます。しかし具合が悪くて病院に


行った場合に自分の体を預ける人を、実は自分で


決めていません。



 そして何か不満があってもそこに通い続けたり


します。


 

 しかし「患者と医者のコミュニケーション」というテーマ


で面白いアンケートが載っていました。。


http://news.mynavi.jp/news/2012/04/20/134/




 6項目中後ろの3項目では医師とのコミュニケーション


に満足していない実態が浮かんできています。



 お医者様など医療に携わっている方々だけでなく、


人とかかわる仕事をされている方全般に当てはまるの


かもしれません。


 毎日忙しくて、やるべきことをこなすのだけでも


大変ですからね。相手が満足するコミュニケーションを


取ることは、はじめから無理だと思われている方が


圧倒的に多いのではないでしょうか?


 しかし短時間で相手と信頼関係が築ける方法は


ありますよクラッカー



 私たちは学校でコミュニケーションを習ってこなかったから


知らなくて当たり前なのです。



 まず自分が何を言いたいかではなくて、相手は


どうしてほしいのか? を気に留めてあげるだけで


コミュニケーションの質は上がってきます。