不安や悩みは誰かに話すだけでも気持ちが楽になることが有ります。

雪 ブログにお立寄り頂きありがとうございます わんわん


星私のブログ記事内容

  皆様に少しでもお役に立てればとの思いで考え方の記事に

  する様心がけております。

  又、心の琴線に触れる記事に書ければとの思いでいます。さくらんぼ

 

星シンジアイアイとは

  知りたい方は【こちらへ】 をクリックして下さい。


星 認知行動療法 おひつじ座

  出来ごとに対する解釈(考え方)によって、感情の表出が

  違って来ます。

  考え方に着目した心理学が認知行動療法であり、自分の

  考え方を知ることが、貴方とってプラスになるのではないで

  しょうか。


星学院の紹介


 自分磨き・将来の仕事・人生を豊かにする為のキッカケと

 して受講して見ませんか。詳細はダウンダウンをクリック

 クローバー ハートフルライフ カウンセラー学院  あじさい




  • 06May
    • 権利の主張

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期ではありますがUPしております。今回は少し表現が違うかも知れませんが『権利の主張』について私なりの思いを紹介できればと思います。以下の様な場面に遭遇したことがありませんか?自動車を運転している場面で、右折をするために「青」信号で交差点内に停車をしている状況です。対向車が信号機の色が「黄」から「赤」信号に変わってすぐに直進車両が交差点内に侵入してきました。その直進車両を待って右折を開始した時は、交差する側の信号が「青」に変わっていました。交差点内に車両を停止するわけもいかず、右折を開始した時、「青」に変わると同時に交差する側の右折車両が交差点内に入って来て、右折開始している車両の進行を妨げる様に入ってきました。右折開始車は、進行を妨げた車両を何とかよける様にして交差点内から脱出することが出来ました。この様な場面では「赤」信号で侵入して来た車両が最も問題なのですが、その状況を無視して交差点内進行した車両にも、問題がある様に思います。今回は、「青」信号で即右折を開始した車両について考えてみたいと思います。交通ルール上、「青」信号で右折を開始することは違反ではありません。ある意味、交通ルールを守っているのだから当然の権利と言えます。但し、交差点内で右折開始している車両の進行妨害になったことは事実です。言い換えると、当然の権利を行ったことが、交差点内で他車の進行妨害を避けようとした右折車両の進行妨害になったことは、交通ルール上のマナー違反とも解釈できます。端的に表現するなら“当然の権利が、相手の権利を侵害している”とも言えるのではないでしょうか。上記状況で、立場が逆になっていた場合、「青」信号で即右折を開始した車両のドライバーどの様に思ったのでしょうか。「権利の主張」確かに大切です。でも「主張の仕方」があるのではないでしょうか。「青」信号で右折を即開始したドライバーの人が発進を数秒待てば、右折を開始してる車両の進行妨害を行うことは無かったのではないでしょうか。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      2
      テーマ:
  • 14Apr
    • 在り方とやり方

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期ではありますがUPしております。今回は『在り方とやり方』について私なりに乗用車を購入する事柄で紹介できれば思います。皆様はどの様にして購入車両を選びますか?最初から車種を決める人もいることと思います。でも私は次のようにして決める方が多いのではないかと思います。・運転することが楽しいスポーティーな車両・家族を載せて遠くに行けるワンボックス車・運転していて静かで楽な高級車 等 色々な思いを想像され、購入車両を決めるのではないでしょうか。そこには、家族が居るのか、雪国か、通勤車両か等 自分を取り巻く環境や条件に応じて購入する車両の方向性が決まって来るのではないでしょうか。要は『どの様な車両を購入したいか』が『在り方』と言えるのではないでしょうか。そして次に行うことは『購入したい車両』にはどんな車種があるかを選択することになると思います。例えば『静かで運転が楽な車種』を購入する場合に先ず考えるのが次の様な自動車メーカーではないでしょうか。・メルセデスベンツ・BMW・レクサス等を考える方が多いのではないでしょうか。実際に購入にあたって、車両金額を見た時に購入出来る金額と購入したい車両の金額に乖離があり購入できない場合に次の様なメーカーに選択肢が変わっていくのではないでしょうか。・アウディ・VOLOV・トヨタ・フォルクスワーゲン以上の様に変化を行い、次に具体的車種進んで行き、次にオプションパーツの選択に移って行くことになると思います。以上の様に具体的車種を決める行為が『やり方』と言えるのではないでしょうか。昔に比べて今の時代“車を持つことがステイタス”ではない時代です。どちらかと言うと“車は生活を行っていくのに必要な道具”との位置つけが大きくなっている様に思います。言い換えれば、購入する車両を見れば、貴方の生活スタイルが垣間見れると言えるのではないでしょうか。車両購入を取ってみても『在り方』は“貴方がどの様な生活スタイルを希望している”と置き換えることが出来ると考えます。そして、具体的車種を選択することは、貴方が望む生活スタイルを達成する為の『やり方』に相当するのではないでしょうか。貴方はどの様に思いますか?ブログに対する思いシンジアイアイへと

      テーマ:
  • 11Mar
    • 中途半端

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPしております。私は『中途半端』と言える状態があっても良いと考えますが、貴方は『中途半端』についてどの様に思いますか?『中途半端』からくるイメージは、次の様な事柄が言えるのではないでしょうか。例えば、相手から今抱えている問題とその解決策に関する相談を受けたのも関わらず解決策を見いだせないまま終わる様な状況です。そう言った状況を見れば、悪い印象はあっても、良い印象がないのが一般的と言えるのではないでしょうか。確かに 上記見方もあります。でも別の見方も出来るのではないでしょうか。例えば、地球温暖化問題で“パリ協定議定書”の参加国は、日本を含めて196か国で締結されています。温暖化を防止するためにCO2排出量の削減目標を設定しているのですが、日本でのCO2の排出として自動車や火力発電等が原因として言われています。そこで、火力発電をベースに考えてみたいと思います。今 殆ど人が携帯電話やスマホを持っている時代で、それが無いと生活に困ってしまうのではないでしょうか。火力発電のCO2削減の為には、スマホ等の使用を止めれば、CO2削減につながります。では、スマホ等の無い世界に戻りますか?別の見方をしてみましょう。CO2削減の方法として、火力発電ではなく“原子力発電”が考えられますが、福島の原子力発電所の事故を知ったうえで、貴方は“原子力発電所”建設に賛成しますか?私は賛成しないことを選択すると思います。それでは、太陽光や風速、地熱などの自然再生エネルギーも電源といて考えられます。確かにその方法もありますが、安定的なあ電気供給に問題を抱えると共に、設備投資に金額を要し電気代が高騰する要因になります。以上のことを通して、次の様なことが言えるのではないでしょうか。地球の温暖化対策が必要なことは理解できていても、自分の生活をスマホ等なしの生活にするこが出来るのでしょうか。地球の温暖化防止が必要なのは理解できるがスマホ等を無くす生活をしてでも、CO2削減に寄与しようとは考えない様に思います。言い換えれば『理解はできるが、協力は出来ない』と言っているのと同じと言えます。それが悪いことと思いませんが、上記状態も矛盾を抱えた『中途半端』な状態と言えるのではないでしょうか。貴方は『中途半端』をどの様に捉え、どの様に解釈をしますか?全てに於いて悪いこととして解釈を行いますか?ブログに対する思いシンジアイアイへと

      テーマ:
  • 17Feb
    • 私って多重人格者?

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期ではありますがUPしております。通勤途中に下記の様な経験をしました。私が乗っている電車は、窓を背にして座るタイプの電車で、一つ隣の席に移動するには2秒もあれば出来ます。私が降りる駅の一つ手前の駅で多くの乗客が乗り身動きが出来ない状況になるため、私は出来る限り扉に近い席に座る様に心掛けています。私は電車に乗り、扉近くの席に座っている人で次の駅で降りる乗客の前に立ったのです。電車が次の駅に到着し、その人が席を立ち扉に向う動作をした時、隣に座っていた男性が扉に近い席に移動したのです。その時私が次の様に感情的になりました。『私が座ろうとした席に勝手に移動して来て座るのか電車の暗黙のルールを知らないのかー』と心の中で思ったのです。(多分 顔には出ていたと思います)仕方なく、移動した人の空いた席に座り、自分を慰める様に、『自分だって同じようなことをするかも知れないそう考えれば、隣に移動した人を責めることは出来ない』と言い聞かせている自分が居ました。その時、“察しない男、説明しない女”の本に書いてある『男は勝ち負けにこだわる』と説明した文章が頭をよぎりました。まさしく俺は『隣の男性に席を取られ負けた』と思ったのではないかと。座っていた男の人が、私が立っていた目の前の席に移動した事で、自分にそれぞれ役割の違う自分が居たのだと思えたのです。 :感情的な自分 ②:感情を抑圧する自分 ③:解析している自分、まるで3重人格の様でもあります。そのて、上記 ① ② ③ を全て含めて“自分自身なんだ”と思う自分がいたのです。ちょっと待って、① ② ③ を纏めている第四の自分が居る。俺って4重人格者― エエエエ『人間はやっぱり単純じゃないんだ』と自ら再認識する状況でした。 ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      テーマ:
  • 20Jan
    • 考え方を変える

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期ではありますがUPしております。『考え方を変える』と聞いて貴方はどの様に思いますか?“今までとは全然違う考えも持つこと”別の言い方をすると“別人になる位の考え方になる”と解釈される方も居るのではないでしょうか?確かに“貴方 今までとは別人ね”と思われる位、考え方が変わる場合もあるとは思いますが、それは極マレの様に思います。私が願う『考え方を変える』は以下の様な感じになります。『貴方 以前とはなんとなく変わったね』位です。例えば貴方は以前 人の話を聞くよう人では無かったけど今は聞いてくれる。以前は言葉に角やトゲがあった話をしていたけど今は言葉が丸くなった。等 自分では『変わった』との意識しは無いのに他人から『変わったね』と言われる状態を願って居るのかもしれません。以上説明したような変化も“貴方の考え方に変化をもたらしたきっかけ”がある様に思います。それは ある人が発した言葉や歌の歌詞であり本を読んだことなどがきっかけ等で、貴方の心に届いた言葉ではないでしょうか。ある本の一説に次の様な文章が紹介されていました。『失う』のではなく『手放す』若さも 健康も 愚かさも 愛しさも 何もかもこの言葉から 貴方は何を連想しますか?●何を言っているんだ、そんなこと出来る訳が ないだろう。●この言葉 深い、人の性を戒めている。人それぞれの受け取り方があると思います。私も最初は上の●の考えでした。しかし 本の解説文を読むと下の●に変わってゆきました。この本の詳細を書くことはできませんし、この本は既に廃刊になっていると思います。上記の様な言葉のブログが書ければとお思いはあれど、なかなか書けないのが今の私の実力かも知れません。でも、近づける様にしたいものです。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      4
      テーマ:
  • 03Dec
    • 本当に出来ない

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期ではありますがUPしております。前回の記事では“自分の成長と可能性を自ら閉じてしまっている”との紹介をさせて頂きました。でも 中には『本当に出来ません』と言われる方も居るのではないでしょうか。そんな人達は、今まで その人が考えられる全てことにチャレンジを行たり、他の人の意見を参考にして努力をしてきたけれど、思う様な結果は得られず、失敗を重ねてきた人達ではないでしょうか。又 自信をもって出来ていたことが、大きな失敗になってしまい、周囲の人から避難を集中的に浴びれば『出来ない』の意味合いは確固たる理由になるのは必然ではないでしょうか。その心理には『また失敗をするのでは』との恐怖感が芽生え、そのことから『出来ない状態』に落ちる以外他に方法が無くなってしまう様に思います。上記で紹介した内容は本の一例に過ぎないと思うと共に『本当に出来ない』の一言の背景には色々な理由があるのだと考えます。そんな人達に『もう一度頑張って遣ってみよう』とか『やり方を教えてあげるから頑張ってみよう』との一言は、ますます窮地のどん底に落とすことになるのではないでしょうか。何故なら『本当に出来ない』を経験した人たちは失敗した内容の“方法”や“やり方”を十分に知っている人達だからだと考えるからです。そんな人を立ち直せるには“時間”が必要と考えるのは私だけでしょうか。でも どの様な時間を過ごせば良いのでしょうか。私の場合は“人が遣ることには絶対は無い”と考える様にしています。“絶対に失敗しない”と言う面と“絶対に失敗する”という面の両極端が無いと考えています。何故なら自信をもって実施したことが「失敗」に終わってもその失敗をする前までは「失敗」をしていないのも事実で、失敗をしていないから「自信」という結果につながっているのではないでしょうか。以降は個人的意見になりますが、次の様にも考えることにしています。自信をもってやったことが失敗につながったのは“何かしらの原因”があるのも事実で、それは『何かを見逃した結果』だと思う様にしています。それは 失敗した事実と向き合うことにつながり辛い思いをすることになると思います。ただ 見逃した自分を責めるのではなく、見逃した原因(見逃した現象)を追い求めることであり、その主な要因として 私の経験から“知識不足”が大きい様に思います。知識量が少ないと片寄った見方をしてしまうと共に小さな現象を観察することすらできない様に思います。貴方は個人的意見をどの様に思いますか?ブログに対する思いシンジアイアイへと

      3
      テーマ:
  • 12Nov
    • 出来ない

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期ではありますがUPしております。『出来ない』と言葉にする人を時々見かけますが個人的に残念に思います。何故なら“自分の成長と可能性を自ら閉じてしまっている”と考えるからです。『出来ない』と言葉にするには自信が無い責任を取りたくない過去に失敗したから面倒等の理由があるとは思います。確かに『面倒』と思うのは、人間である以上持っている感情とは思います。それを否定するつもりはありません。又 本当は遣りたいのだが、現在抱えている仕事を遂行するためで精いっぱいで、受け入れる余裕がない場合などは“何故出来ないか”の理由を説明して断る場合もあります。その為 『出来ない』と言葉にすること自体が悪いとは思いませんし、むしろ言葉にすべき場合もあります。ただ 考えて頂きたいことは『出来ない』と言葉にする前に『本当に出来ないか?』を考えてい頂きたいと思います。例えば以下の様な方法もあるのではないでしょうか。・現在抱えている仕事は5日間で完成させる予定で取り組んでいます。その為 急がないのであれば現在抱えている仕事が終了次第取り組めます。・急がないのであれば、時間に余裕が出来た時に 取り組みます。その為 時間を頂くことになります。等の対話もあるのではないでしょうか。上記2つの対話は、アサーションと言われる方法を用いた対話内容になります。もし 緊急を要する場合は 以下の様な対話もあるのではないでしょうか。・現在抱えている業務を止めてでも、緊急依頼された業務を遂行しろ と言っていると解釈しても問題ないですか。・又は 現状抱えて業務の依頼者と新たに業務を依頼する人が違う場合は、現状の業務依頼者と調整をするように依頼すべきと考えます。要は“業務を依頼する側に、業務の優先度を判断させる”ことが大切と考えた方が良いと思います。状況にもよりますが安易に『出来ない』と答えることは、依頼した側の心証を悪くすると共に、それが続くと依頼することがなくなります。依頼されることが無くなると、他者に依頼することになり、“依頼されないこと”への不満へと結びつく様になるのではないでしょうか。それが 結果的に『妬みや嫉妬』に変化して行くのではないでしょうか。『出来ない』と言葉にすることが悪いこととは考えていません。悪いのは『出来ません』を理由もなく多用することや『出来ない』理由が、私情を持ち込むことではないかと考えています。貴方はどの様に思いますか?そして続きがあります。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      テーマ:
  • 28Oct
    • 自分に興味ありますか(4)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPして来ております。前回の記事で『自分に興味がない人は、誰一人も居ない』との紹介をさせて頂き電車の空席に“座る人”“座らない人”の行動の差は何故生まれるのでしょうか?との記事で終わりにさせて頂きました。“座る”“座らない”の行動の差は、その人の思考に応じて違ってくると思っています。例えば“座る人”は“少しでも楽をしたい”と考えることは人間の性として当たり前の思考の様に思います。では“座らない”との行動はとる人の思考はどの様なものなのでしょうか?以下の様なことがあげられるのではないでしょうか。・次の駅で降りるから、座るほどでもない。・今座ってしまうと、降りる駅を寝過ごす。・座ると腰が痛いし、立ち上がることの方が もっと辛い。他にも色々な理由もがあると考えています。“座る”“座らない”の違いは、自分の思考が自分自身に向いていることによって行動結果に違いが出るのではないでしょうか。言い換えると次の様に表現できると言えるのではないでしょうか。“自分の行動は、自分の思考に影響されている”と。別の言い方をすれば“自分の行動は自分の思考が決めている”と表現出来ると言えます。それは『自分に興味(関心)がある』と言えるのではないでしょうか。貴方はどの様に思いますか?ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      テーマ:
  • 01Oct
    • 自分に興味ありますか(3)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPして来ております。『人間模様』と『自分に興味がありますか』のつながりについて考えて頂けましたでしょうか。私は以下の様に考えています。『自分に興味がない人は、誰一人も居ない』下記のことを少し考えて頂けないでしょか?・電車内の空席に座る為に、降りる人の邪魔をしてでも座ろうとする人の心理・空席があるにも関わらず、座ろうとしない人の心理取っている行動は真逆と言って良いかと思いますが、何故上記の様に差が生まれるのでしょうか?『興味』を『関心』へと置き換えると少しは分かり易くなるかもしれませんね。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      テーマ:
  • 26Aug
    • 自分に興味ありますか(2)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPして来ております。『自分に興味がありますか?』について少し考えて頂けましたでしょうか。本題に入る前に以下の様な内容を紹介させて下さい。私は電車で1.5時間をかけて通勤をしています。私の乗車駅は始発駅から3つ目で、座れることはありませんが、立っている人が1両当たり20名程の混み具合です。そんな通勤電車の風景ですが、次に様な人を見かけます。駅で下車する人が席から立ちあがり、空席が出来た時、電車のドアが開くなり、降りる人を邪魔してでも乗車し、空席を目指し座る人が居ます。座席に座る為に、電車内を移動し、座っている人の顔ぶれを見て、出来る限り早く降りそうな人の前に立つ人が居ます。空席があるにも関わらず、立っている人もいます。高齢者や小さな赤ちゃんを抱えている人を見かけて席を譲る人もいます。反対に見て見ぬふりをして席を譲らない人も居ます。7人掛けの座席で、2名分が空いている時、2名分の真ん中に座り占領する方も居ます。立っている人が居るにも関わらず。空席がある時、その前に立っている人に一言言って座る人も居れば、何も言わず立っている人を押しのける様に座る人もいます。電車内での風景でも色々な人間模様が見えて来ます。そして 私もその人間模様の一員であることには間違いないと思います。さて『自分に興味がありますか』と今回紹介した人間模様と どの様な関係があると思いますか?一見関係なそうですが、実は関係あると私は考えています。そこで 少し考えてみて頂けないでしょうか。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      2
      テーマ:
  • 06Aug
    • 自分に興味ありますか(1)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPして来ております。今回は次の様なことを尋ねしたいと思います。貴方は『自分に興味がありますか?』と尋ねられた時、あなたはどの様なことを想像しますか?何故 この様な問いを私が行ったのか疑問に思われる方が多いのではないかと思います。でも 少し考えて頂けないでしょうか。この様な意味不明とも思われる内容の問いについて、考えて頂くキッカケにして頂ければとの思いより記事にUPさせて頂きました。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      2
      テーマ:
  • 17Jul
    • 自分を好きですか(3)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPして来ております。前回『自分を好きになる行為』をどの様に考えますか? との記事を記載させて頂きました。私は次の様に考えます。『自分を好きになる行為』はとても大切だと考えています。何故なら“自分を好きにならなければ、相手を好きになることが出来ない”と考えるからです。そこには、自分を好きになる為には、過去の経験で嫌な思いしたことでトラウマになった自分や、自分が嫌いな自分も『これも自分自身だから』と認める必要が生じます。自分の嫌な面を認めることが出来なければ相手に対しても、自分が嫌いな価値判断で相手を見ることにつながるのではないでしょうか。言い換えれば“相手は別人ではなく、自分の分身としてか見ていない”ことにつながっているとも言えるのではないでしょうか。自分の嫌な面を認めれば、相手にも嫌な面があって当然と考えられる様になり、それがしいては、相手を別人と見ることが出来る様になると私は思います。そして、こんなことも言えるのではないでしょうか。『好きこそものの上手なれ』との言葉があります。これを置き換えると『自分を好きになることは、自分の可能性を知ることになる』と言えるのではないでしょうか。貴方は『自分を好きになる行為』をどの様に思いますか?ただ 自分を好きなる『在り方』も併せて考えて頂ければ思います。その“在り方”によっては『自分を好きになれなくなる場合もある』とのことを忘れないで頂きたい。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      4
      テーマ:
  • 17Jun
    • 自分を好きですか(2)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事を不定期でUPしております。前回『自分を好きですか』との紹介をさせて頂きました。貴方は『自分が好きですか?』と問う前に『自分を好きになる行為』そのものについてどの様に思いますか?良いことだと思いますか?悪いことだと思いますか?中には『考えたことがない』と思われる方も居るのではないでしょうか。そこでお願いがあるのですが、『自分自身を好きになる行為』に対して貴方はどの様に思いますか?私の思いは次回にでも紹介させて頂ければと思います。時間に余裕がある時でも考えて頂けないでしょうか。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      テーマ:
  • 28May
    • 自分を好きですか(1)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事をUPして来ましたがこの1年近くお休みを頂きました。そんな中でも、訪問される方が居ることに驚くと共にありがたく感じています。久々の記事になりますが、今後は不定期で記事のUPを出来れば思っています。では早速記事に移らせて頂きます。貴方は『自分が好きですか?』と問われたらどの様に返事を行いますか?素直な気持ちで考えてみて頂けないでしょうか。私に問われた場合どの様に返事を行うか考えてみました。『結局わからない』という回答になるのではないかと思います。それでも尚 問われ続けられたなら『嫌いではない』と云う回答になると思います。『嫌いではない』との表現は非常に曖昧な表現だと思います。“好きでもなければ、嫌いでもない”もっと言うなら、ブログに“シンジアイアイ”言っておきながら、と自分を好きでもないのに“シンジアイアイ”になりなさいと言うのも矛盾がある様に思えるのではないでしょうか。確かに私も そうだと私も思います。この矛盾については改めて別の機会に紹介させて頂ければと思います。少し話は逸れましたが、私の『嫌いではない』には“自分を好きになりたいが、好きになれない自分も居る”そのことが『嫌いではない』との表現になっています。この状態が、自分にとって良いことなのか反対に悪いことなのか と問われれば理想としては良くないこととは思います。でも、理想の状態になれないのが人間ではないでしょうか。とすれば“良い・悪い”ではなく、今の自分を素直に受け入れるしかないように思います。私は『嫌いではない』との中途半端とも言える回答があっても良いのではないでかと思っています。貴方は『この様な中途半端な考え』についてどの様に思いますか?ブログに対する思いシンジアイアイへと

      2
      テーマ:
  • 20Aug
    • 時間を下さい。

      ブログのUPを止めてから二カ月間が過ぎたにも関わらず少人数の方が『お気に入り』で訪問して頂いていることに対して、本当にありがたいと思います。訪問を頂いている方に感謝し、何か感謝の気持ちを表さなければとの思いに至っていますが、以前の様に毎週 記事のUPが出来ない状況には変わりありません。毎週を隔週又は毎月のUPに変えたところで定期的にUPできる自信を持てる状況ではなくその点は申し訳なく思うところです。不定期でも良いから、感謝の気持ちを表せないかと考えています。ただ『考え方』には拘った記事にはしたいとの思いは変わりません。話は変わりますが、現在 リオでオリンピックが開催されており、いよいよ閉会式を迎える時期に来ました。そして、女子レスリングの吉田さん銀メダルで終わってしまいましたが、彼女が担った責任感は、猛台風の暴風が来ても、ビクともしない重責だったのだと思います。その点、私の担っている責任感は、吉田さんの責任感と比べれば、そよ風で飛んでしまいそうな責任感でしかないと思います。そんな そよ風で飛ぶような責任感で悩んでいる自分のスケールの小ささに自分でも情けないないとは思います。情けない自分でも、現実の自分なのだから受け入れるしかないと思っています。もし、情けない自分を受け入れなかったら自分の存在価値は無くなるとことになる。そんな思いを強く持っています。少し 話は逸れてしまいましたが、ブログのUP について、今後どのようにすべきかを決めかねています。訪問されている方には 大変申し訳ないと思いますが、時間を下さい。ブログに対する思いシンジアイアイへと

      4
      テーマ:
  • 05Jun
    • ブログへの思い(3)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事をUPして来ました。 前回の約束通り、詩の紹介を行います。 大きな事を成し遂げる為に力を与えて欲しいと神に求めたのに 謙遜を学ぶようにと弱さを授かった。より偉大なことが出来るように健康を求めたのによりよきことが出来る様にと病弱を与えられた。幸せになろうとして富を求めたのに賢明であるようにと貧困を授かった。世の人の称賛を得ようとして成功を求めたのに得意にならないようにと失敗を授かった。人生を享楽しようとあらゆるものを求めたのにあらゆることを喜べるようにと生命を授かった。求めたものは一つとして与えられなかったが願いはすべて聞き届けられた。 上記詩は、家内の友達の御主人の言葉です。 それでは、しばらくの間ブログUPのお休みを頂きます。 ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      1
      テーマ:
  • 29May
    • ブログへの思い(2)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事をUPして来ました。 前回の記事で、今後のブログをどうするかについて1週間考えて来ましたが、結論が出せなかった為、当分の間ブログUPを休ませて頂きます。 但し、ある詩を紹介したいので、次回のUP後にお休みを頂きます。 今後の対応については、しばらく考えてみたいと思います。 楽しみにされていた方には申し訳ないと思いますがご容赦下さい。 尚 私に聞いてみたいことがありましたらブログにコメント頂ければ、私の個人メールをお知らせを行う等の対応したいと思います。 1週間に1回の割合で、自分のブログ確認を実施することで対応します。 ブログに対する思いシンジアイアイへと

      テーマ:
  • 22May
    • ブログへの思い

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事をUPして来ました。 後1ヶ月後に、ブログのUP始めてから7年目を迎えます。これまでの活動は事前に下書きを行い話の内容に応じて順番にブログにUPする方法で遣ってきました。 しかし この2か月間と言うもの、下書きさえ作成することが出来ない状況になりました。 この2か月間悩んだ末、今までと違う方法でのアプローチが必要なのではとの考える様になってきたのです。 その為にも“ブログの在り方を変えなければならない時期に来ている”のではないかとの思いがしています。 しかし どの様に変えるか悩んでいます。もう少し考えたいと思います。 話を変わりますが 私がブログを始める様になったのはカウンセリングの勉強を始めたことがキッカケでした。 ブログを始めた時の思いは『読む人に“シンジアイアイ”になって頂ける様願いこめて』始めたものです。 そしてブログをUPするために、常に心掛けていたことは下記の2つです。 ① 困っている人に届いているか?② 小さくても良いから立ち直るキッカケになっているのか? 上記2つのことを考え、文章を作成しては確認を行い、この文章を通して何を『言いたかったのか』を意識しながら続けてきました。 ブログのUPを初めて頃は、自分の言いたいことを紹介していました。しかし 年数を重ねるごとに、本当にこんなことを記事にして紹介しても良いのだろうか? 疑問を持つようになり、何のためのブログなのか考える様になってきました。 そして ブログをUPする毎に、本当に困っている人の心に何かを残せただろうか?本当は何も届いてはいないのではないか? そんな疑心暗鬼の状態で、今日までUPしてこれたことが不思議でもあります。 以上の様なことを考えながら、今後のブログをどうするか考えたいと思います。 ブログに対する思いシンジアイアイへと

      テーマ:
  • 15May
    • 居場所(4)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事をUPしております。 前回の記事で“自分は自分、相手は相手”と分けて考える習慣をつけることも大切との紹介を行いました。 そこで 少し考えて頂きたいのは自分は自分、相手は相手 と分けて考えることですが、その分け方として 他人との関係では 理解しやすいと思いますが、身内 特に子供に対して混同される場合が多いのではないでしょうか。 例えば両親が子供の教育に熱心な場合、子供のためにと言いながら“両親の老後考えている”場合などです。 要は 両親が得する場合なのです。 子供にすれば、両親の老後の為の存在でしかなくなり、言い換えれば“子供の為”になっていないことです。 子供を通して、両親の将来の課題の解決を図ろうとしてすることは子供の課題になっていないことです。 それは 間接的に両親の課題を解決しようしているだけのことになりませんか? “この課題を解決することは誰が得する”の誰が得するには“課題を解決する人が得をしていますか”ということを示しており間接的に得する人では無いことを理解ください。 子供の勉強は、子供の課題であり両親の課題ではないのです。 更に考えて頂きたいのは、勉強することは子供の課題であることです。 何故勉強を行うかは、子供に決めさせることでは無いでしょうか。 但し 勘違いしないでください。子供に勉強をさせなくて良いいうことではありません。何故勉強が必要なのかを両親として説明し理解を得ることは必要と思います。でも 決定は子供に任せることではないでしょうか。 自分の居場所は、自ら創るしかなくその為のも自分の課題、相手の課題 を分けて考えることも大切な一つの方法ではないでしょうか。 ブログに対する思いシンジアイアイへと

      テーマ:
  • 08May
    • 居場所(3)

      ブログ記事にお立寄り頂き有難うございます。皆様に少しでもお役に立てればとの思いより考え方に関する記事をUPしております。 前回の記事で“相手の課題を自分の課題として捉えないことも大切”との紹介を行いました。 相手の課題を自分の課題として捉えることは相手の行動や考え方を、自分に合わせようとする(相手をコントロール)ことに他ならないことになります。 相手をコントロールしようとすれば、全てが自分の思い通りにはならないどころかかえって反感をさせることにもなります。 その為 自分がストレスを抱えることになりそれが イラダチとなり自分を見失う行為へと繋がっていくことになるのではないでしょうか。 そのことが、結果的に“自分の居場所が無い”との思いにつながると考えます。 自分の居場所を創るためにも、相手の課題は相手にあり、自分の課題ではないと考えることです。 その為には 以下の様に考えて見てはいかがでしょうか。 “この課題を解決したら誰が得するの” 自分が得することが無ければ“相手の課題”と判断すれば良いと思います。 それでも、相手にもの申したい時は次の様に対応することも一つの手段ではないでしょうか。 私だったら、貴方の今の課題に対して○○の様な対応する。その理由は◆◆だから、私の意見を参考に後は貴方が決めて下さい。 そして、相手が決めるまで待つしかないと思います。 そして その後は、相手が何かを言ってくるまで“何もしない”ことが大切な場合もあるのではないでしょうか。 自分自身が落ち着いた対応することが相手の居場所を創ることに繋がる場合もあるのではないでしょうか。 自分の居場所は自分で創る。 その為には 相手に冷たいと思われても“自分は自分、相手は相手”と分けて考える習慣をつけることも大切ではないでしょうか。 ブログに対する思いシンジアイアイへと

      1
      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス