こんばんは。

miyabiriekoです。

 

 

前回の更新からかなり時間が経ってしまいました滝汗

ようやくこの時間にUPです。

 

 

さてさて・・・

 

 

なんか今日は変な表現のタイトルになってしまいましたあせる

 

 

目には見えませんが、自分の中にある「魂」には、自分自身がこの世を生きるにあたって人生を最大限に生きるために、たくさんのアイテムがパッキングされてあるようですびっくり

 

 

頭カチコチ、感性がさっぱり機能しない状態ですと、どんなアイテムが入っているのか、全然気づくことができません。

 

 

頭を柔らかくして、感受性がちょっとずつ豊かになってきまますと、そのアイテムにちょっとずつ気が付くようになります照れ

 

 

そのアイテムに気が付き、そのアイテムを使いながら、心地よい人生を歩んでいく・・・

 

 

そして、そのアイテムを最大限に引き出してくれるのが、たぶん人との出会いなんだと思いますウインク

 

 

出不精、引きこもり、ゆったりまったりが激しく好きな私ですが、どうやら最近私はそのアイテムに気がついたらしいです照れ

 

 

ゆったりまったりが好きなのに、もっと人生をMAXに自分の望む方向に仕向けていきたく、人付き合いは相変わらず苦手だけど、コンタクトを取りたい人には自分から声掛けをする、今までやっていたこととは違うアプローチをするなど、なんか自分じゃない何かが動いてくれているような感覚があって不思議ですチューキョロキョロ

 

 

どんなに人間づきあいが苦手でも、やはりキーとなるのは人だったりするんだと思います。

 

 

きっと私はキーとなる人と出会ったのでしょうね!?

 

 

ふと、そんなふうに思いますウインク

 

 

 

こんにちは。

miyabiriekoです。

 

 

この連休はとてもお天気がよく、この心地よさは本当に幸せですラブ

 

 

出不精引きこもり、ゆったりまったりが好きな私ですが、この連休は頑張って知らない土地にお出かけをしたのでありました照れ

 

 

 

 

兼ねてから、ぜひ見たいとおもっていて、何年も訪れることのなかった沼津のシーラカンスに会うために、遠出をしましたウインク

 

 

シーラカンスは魚の形に似ていますが、普通の魚と比べて背骨がなかったり、ひれが多かったり、尾びれがなんか違ったりして、「生きる化石」としてずいぶん長い年月生き続けているにもかかわらず、ほとんど体が進化しないまま生き残っている不思議な生き物ですうお座

 

 

私は「今」という時代を生きていて、その時間の流れるスピードの速さに疲れ切ってしまった時期があります。そんな時、なんでなのか分からないのですが、シーラカンスのことを思い出し、ウィキペディアに出ているシーラカンスの写真を1時間近く吸い付かれるように見ていたことがありましたてへぺろ

 

 

いろんなことが効率化されたり、完璧が求められたり、自動車のハンドルでいうところの「あそび」というものがなくなったり、便利なことがかえって不便に感じられたりすることに遭遇することが多くなってきたことに対する心のストレスだったと思います真顔

 

 

当たり前のことですが、シーラカンスはそんな人間が感じている時間のことなんかとは全然関係なく、自分のペースで生きています。私の目から見ると、ずいぶんゆっくりした時間を過ごしているように見えますが、シーラカンス自身からすればもっと早く時間が過ぎていると感じているのかもしれません。

 

 

どちらにしろ、自分も納得のいくペースで生きていけばいいんじゃないかな、と感じますウインク

 

 

そして、いつの間にか「自分の時間に対する感じ方」については、それほどストレスが感じられなくなってきました。

 

 

やがて、足腰が立たなくなるほどの「かな~りゆっくりな時間」も、ちょっと待ってよ!と言いたくなる「ハイスピードな時間」も私にとっては、どちらも大切な財産となりました。

 

 

どちらも私が生きるにあたって、いいも悪いもなく、大切で私を形作る大切な感覚だからです照れ

 

 

この感覚に気づくまで、ずいぶん長い年月がかかってしまいました。

でも、気づけて幸せですラブ照れ

 

 

残りの連休も豊かに楽しく過ごしたいです爆笑ニコニコ

 

 

 

こんばんは。

miyabiriekoです。

 

いつも週末にUPしていますが、おとといできなかったので、本日UPですウインク

 

 

私は生活に必要なお金を稼ぐために仕事をしています。

そして、同時にお金を稼がない仕事もしています。

 

 

お金を稼がない仕事はてなマーク

って何なのでしょうはてなマークはてなマーク

 

 

私は以前実家で暮らしていた時に、ある大きな不幸を経験しました真顔

家の人は突然襲いかかってきた難にショックを受け、戸惑いや悲しみや情けなさなどといった感情に翻弄される日々をしばらく送らざるを得ない状況になってしまいました。

 

 

私はいち早く心を立ち直らせ、困難には絶対負けない! と、今できることだけに集中することにしました。

しばらく食欲がなかったけど、ちゃんと食べるようになり、仕事も休まず出勤して、通常通りの生活ができるように頑張りました。

 

 

その時は分からなかったのですが、その姿を見て家の人はずいぶんと励まされたようでした。

 

 

人を励ましたり、ちょっと声掛けをしたり、些細なことでもちゃんと人の話を聞いたり、ちっちゃなことでもしてくれたことにありがとうを言う、口角をしっかり上げた表情でいること・・・。

 

 

これは仕事ではないけど、私は勝手に仕事にしていてニコ、こんなことをしても一銭にもなりませんが、実はこの勝手に決めたこの仕事をきちんとやらないと、「お金を稼ぐための仕事」に粗が出てきたり、給与の額が低くなります滝汗 

また、その逆も同じだったりしますショック

 

 

どちらがエラいかではなく、どちらも生きていくために必要で大切な仕事。

 

 

しばらくの間、「お金を稼がない仕事」を軽くあしらっていた時期があり、その時は心もすさみ、見た目も全然イケてなく、自分も人も大切にできていなかったように感じますショボーン

 

 

最近感じることは、「お金を稼がない仕事」をもう少し大事にしようと思うこと。

今まで重きを置いていた仕事が、少し変わりつつありますウインクウインク

 

 

またしても、ステージの変化がある予感がする私です照れ