自分のことは自分が一番分かってるから。










医者やらカウンセラーやら専門家やら、なんちゃらかんちゃらとは言っても知識のない人たちはいっぱいいる。


そして症状だけで目の前にいる相手を見てない人もたくさんいる。








私はアスペルガーの診断を受けてから発達障害の特性をはじめ、これから自立するためにはどんな働き方をすれば無理なく続けられ、やっていけるのかと、いろんな支援制度を調べては当時の主治医に聞きまくっていた。



でも


「あなたには必要ない」

「あなたが手帳を取ってもなんのメリットもない」

など、


今思うと真面目に取り合ってもらえていなかった。


でもいつの間にか調べまくっていた私の方が主治医の知識よりも上回っていた。








でも当時は友達から

「医者の言うことは全部聞きな」

とアドバイスされていたから素人の私の考えは間違っているのかなと思ってプロの医者の意見を聞くことにした。


自分が感じていたモヤモヤや違和感は無視していた。









自分のしんどさや困り感などは私にしか分からない感覚なのに、

私の体調やしんどさ大変さなどを訴えても耳を傾けてもらえず、テキトーにあしらわれていた。

でもテキトーに扱われてたことに1年近く通院していたけど、人に指摘されるまで気づけなかった。













でもカウンセリングを受けはじめてからいろんな気づきがあっても、やっぱり私には何かしらの支援がないと自立はキツい、無理だと感じ、主治医に


「手帳が欲しい」

「疲れやすくて自活できるほどの稼ぎを得られないから障害者枠で働くことも考えてる視野」


と何度も訴えたにも関わらず、



「あなたには必要ない」


と、言われ続けてきた。







だけど今まで周りから自分の感じ方や考え方を否定されてきた私は、

理不尽な扱いを受けていることになかなか気づけなかったし、

自分の感覚を信じられなくて長年自分の気持ちを尊重しない人間になっていた。











言葉にも弱く、瞬時に反応できない私は、


「そう言われるってことはそうなのかな…」


と、主治医の話を聞き入れることしかその時はできなかった。








そして本当は薬を飲みたくなかったけど、

「素人が判断しちゃダメ!医者の指示に従いな」

と友達に言われ、薬も断らず服用をはじめた。









でも主治医の話を他の人たちにしたとき

「その医者は制度を知らない。知識のない医者は多いんだよ。彩乃さんなら手帳を取れる。」


と言われて病院に付き添ってくれたことがあった。








その前の診察のときに私は診断書を書いてもらうように主治医にお願いしていた。


主治医も「次回の診察までに用意しておきます」と、承諾してくれた。









でも当日行ったら診断書は用意されていなかった。






前々から
「その主治医は彩乃さんを見下してる。バカにしてる。」と

周りから言われていたけど、私は良い医者だと思っていたから半信半疑でその言葉をいつも聞いていた。










でも診断書を用意しておくと言っていたにも関わらず一転「書く理由がない」という。




いくらこちらが診断書を必要としてる理由や状況を伝えても「書けない」の一点張り。


でも付き添ってくれた知り合いの豊富な知識と押しのおかげで渋々だったけど、ようやく、

「分かりました、書きますよ」

という言葉をもらうことができた。




でも書くと言ったのは診断書ではなく、記憶が曖昧なんだけど、たしか意見書を書いてもらうことになった。


「診断書にアスペルガーとは書けない」とかワケの分からないことを言われたけど(そんな話し前回の診察では聞かされなかったし)

"仕方ないから書きますよ"というような嫌そうな態度をしていたが、意見書に書いてもらうということで事態は収まった。










私一人で行ってたら理解力と知識のなさでまた言い負かされていただろう。

(で、そのあと急遽結婚することが決まって意見書が不要になってキャンセルしたというね笑)
















どうすればいいか分からない状況に陥ったり、自信を失ってるときは人の意見を聞いたり頼りにしたくなるけど、


人の話を聞いてもなんかよく分からなかったり、自分自身が納得できなければそれが自分にとっての正解だから

"こうした方がいいのかな?"
などと思わずに

自分が納得できる答えが見つかるまで迷って悩んで模索すればいい。











私は信頼していたカウンセラーに見放されたことがある。






私が保育の仕事が決まったとき

「よく頑張ったね~!」と

涙を流しながら握手してくれたぐらい私のことを応援し、想ってくれていた人だったからあっさりした態度を取られ、そのギャップに躍りいた。










カウンセリングにいまいち手応えを感じれなかった私は、しばらくそのカウンセラーさんに連絡していなかった。





でもアスペが判明する前、

「アスペルガーかもしれないから今度病院に行く」

という内容のメールをそのカウンセラーさんに送ったことがある。










そして今までカウンセリングに手応えを感じれなかったのは、私が自分の悩みなどをカウンセリングで上手く説明できていなかったからかもしれないと思い、その時の自分の状況も赤裸々に伝えてみた。

(母によく『カウンセリングで◯◯の話してないでしょ、今のこの状況を伝えてないでしょ。だから伝わるわけないじゃない。これじゃ良くなるもんも良くならないわよ』などとよく怒られていたから自分の伝え方や相談内容がいつもズレてる・間違っているんだと思い、カウンセリングの受け方に悩んでいた時期が長かったのもあったから何を話せば伝わるのか分からず、とりあえず自分のダメなところや家族に迷惑をかけ続けてきたことと現状をざっと伝えてみた)






カウンセラーさんと何通かメールのやりとりをしたけど、最後に


「◯◯になるまで連絡してこないでください」


と言われた。







そのメールを見て、そのカウンセラーさんの言う◯◯の姿になったとしても、


二度とこの人に相談なんかしないと思った。





あんなに私のことを想ってくれて泣きながら仕事が決まったことを喜んでくれてたのに。



そんなもんか、と。








その程度の人だったから今までのカウンセリングで手応えを感じれなかったのかと分かり、これからも中途半端にズルズル付き合わずに済んで逆にスッキリした。





いくらプロのカウンセラーとはいえ

この人は私のことを扱いきれないんだなと分かった。




そして整体の先生にも見放されたことがある。


"身体の歪みや不調は精神的なものから来てる"という理論からいろんな悩みや話を聞いてもらっていたけど、3年ぐらい通っていて後半はなやみや辛さを話しても何も答えてくれなくなって「じゃ、施術しようか」と言われて施術部屋につれて行かれてた。







そして他の整体に通ったときはズボンの中に手を入れられたりパンツの中にも手を入れられたことがあった。


でも私はそのとき断るという発想が瞬時に出てこなかったのと、それがセクハラとは思わず(そうしないと施術がしにくいと言われたから)同意してしまったから受け入れてしまった時点でセクハラになるかは分からないけど。


でも施術後、帰りながらすごく不快な気持ちになったから次の施術のときはズボンの中に手を入れることを断った。


そしてそこの整体もフェードアウトした。



他の整体もよく分からないままフェードアウトするのがいつものオチだった。




周りの言葉と整体師の言葉の狭間で揺れて、何が正しいのか、どうやっていけばいいのか分からなくなっていつも混乱してたというのが本音。














アスペと診断されてから初めて心療内科のカウンセリングを受けた。


上記したものも含めて10代の頃からいろんなカウンセリングを受けてきたけど、今までは手応えどころか精神状態が悪化したこともあった。

でも心療内科のカウンセリングで私は初めて手応えを感じることができた。
(心理士との相性やタイミングなどいろんな要因があるのだろうけど)


優秀な心理士に当たったおかげでカウンセリングは数ヵ月で終了した。

(カウンセリングは保険が利かなくてお金がかかるからスグに終わって助かったキャッ☆w)















私の発信は毎日何通・何十通と批判コメントが届く。




でも希に

「涙が出ました」

「こういう考えの人を求めてた」

「勇気をもらいました」

「彩乃さんの発信にはいつもハッとさせられます」

「ありがとう」



というコメントも少数ながらいただけるようになりました。







批判されていい気分はしないけど、

叩きたくなるほど相手の心を突き動かす何かが私の言葉にはあるのだと思います。






私は人を怒らす天才なので笑い泣きw
(そんな才能いらないけど…)


普段は温厚な旦那さんもまだ友人だった時代に何度かキレられたことがあるぐらいの女だからウインクw








私の配慮に欠ける(自覚ないけどw)ストレートで極端な物言いは、相手からするとムカついたり、見たくない現実を突きつけてるのかもしれない。




大概の人は現実から目を背けて

「あんたのその考え方おかしい」と

私のことを攻撃してくる。






でも旦那さんだけは唯一、キレたことを反省して謝ってくれて私に歩み寄ってくれた人でした。










私は建前や社交辞令が苦手だからこそ確信を突いた発言をしているのかもしれない。





私は人から確信を突かれてダメージを負ったとしても逃げることはしない。

でも今まで周りから言われてきた言葉を真に受けて変わろうと向き合って、いろんな角度からアプローチしてみた結果、なにをやっても認めてもらえなかった。

そして向き合った結果、相手は私に対する思い込みや勝手な決めつけが多くて私の本質を捉えられてない筋違いな解釈が多かった。

というかほぼ言ってること合ってなかった😓










人間関係が上手くいかなくなるたびに私は自分を責めてきた。


できない自分・理解できない自分がおかしいんだ、弱いんだ、間違ってるんだ、怠けてるんだ、逃げてるんだ、と。








周りの言葉や医者やら専門家やらという"他人"の言葉にずっと影響され続け、それを信じて生きてきた。


 
でもこれからは自分の感覚を研ぎ澄まして生きていく。






実際にそうしてみて間違ってなかったと自信を持って言える。



私はすごい臆病で慎重な人間だから出来ることからちょっとずつ自分に正直に生きはじてみたら、私の不安や心配事などはビックリするぐらいどんどん解決されていってる。(ここに詳しく書けないのが残念だけど)












「自分を大事にするのはいいことだと思うけど、人に迷惑かけることはどうも思わないんですか?」

「人に迷惑かけなければ何してもいいと思うよ!」

「障害者はみんなの迷惑だから社会に出てくるな!」

「人を傷つけるなんてひどい。もう二度と◯◯には来ないでください。」

など

匿名で知らない人たちからいろいろ言われたけど、



迷惑をかけない人間なんている?




私は人に迷惑かけないように、人を傷つけないように、ずっと気を使って生きてきたけど、みんな傷ついたし怒るし泣かれるし、なぜか分からないけど気づくと周りにめっちゃ迷惑をかけちゃってました。






でもこのようなメッセージを読んで私は傷ついたし迷惑だったけど、私は人に迷惑をかけちゃダメで、あなた達は人に迷惑をかけてもOKなんでしょうか?









私は世間知らずだし常識とされていることに関して"何でそれをしないといけないの?"と理解できないことが多いし、端から見たら頭がおかしくて人間です。


私のことを理解できなくて当然。







でも数は少なくても私に共感してくれる人、涙を流して喜んでくれる人たちがいます。






私はいくら社会に合わせようとしても、どうしても適応できなかった。


だからこれからもどうしたってこの性格や生き方は変えられない。



この姿で生きていくしかない。




だからそれを否定されてしまったら私や、私と似た人たちは生きていけない。





だから私は自分の生きやすい社会を作るためにいろんなものを捨てて、嫌われる・批判を受ける覚悟で発信を始めました。

そして自分の好きなことだけで生きていけるようになるために頑張ってるし、実際に叶いました。



そしてこれからも叶え続けます。









大好きな人たちをたくさん傷つけ、迷惑をかけ続け、私自身も涙が出るくらい傷ついたし悲しかったし悔しかった。


どうしたらみんなを幸せにできるのだろうかと。







でも人に迷惑かけないために自分の人生を殺すことはできない。


そんなことしたら私を幸せにしてくれるのは一体誰なの?!という話。















私は今、

急に通院をやめて
勝手に薬をやめて
離脱症状で苦しんでいて
毎日のように寝込んでる。




医学的にやってはいけないことを私はしているけど、正解・不正解は置いといて、

"自分がどうしたいか"で生きてる。





本来、自分のことは自分が一番分かってるんだから。








周りにいる人間や自分の置かれてる環境、社会、多数派の同調圧力や洗脳によって、みんな自分の感性を鈍らせてる。










そんなのもったいねぇーーーぜ!!!😣