村上春樹さん イスラエルにて「エルサレム賞」受賞 | RE:SUKI

RE:SUKI

考えましょう


テーマ:

The Jerusalem Post に、「Israel is not the egg. 」と題された記事が掲載されました。これは日本の作家「村上春樹」氏に贈られた、「エルサレム賞」に関する記事です。


イスラエルの国際会議センターで行われた「第24回国際ブックフェア」(2年に一度開催)のオープニオング式典での出来事でした。台上では、Shimon Peres大統領と、エルサレム市長の Nir BarkatPresident氏と、一緒に並んでいたようです。「彼は時差ボケと政治的反対、そして、たくさんのカメラマンを打ち破った」と紹介されています。


記事の中では、シュールであり、想像力に富んだ作家であるとされ、「bizarre」奇妙な物に接し、ピカソの作品を見ているようだ、と書かれています。この会場で、村上さんを選んだ際のスピードは速く、満場一致で選ばれたとのことです。


冒頭は、小説家についての話でした。政治家や外交が嘘を付くと話し、小説家の嘘について触れます。小説を書くということの「意味」についての話です。抜粋して紹介します。

"But something distinguishes the novelists from the others. We aren't prosecuted for our lies: we are praised. And the bigger the lie, the more praise we get."

「しかし、他から小説家はなぜか区別されます。私たちは嘘で起訴されることはありません。私たちは賞賛されます。そして、大きな嘘であるほど、私たちは、大きな賛辞を得るのです。」


小説の中での創作を「嘘」と表現することで、小説家が多くの方から得る賞賛についてを語りました。そして、小説家は、小説の中では、嘘を付くものと前提し、1年の中、嘘に関わらない数日ある日の中の1日が、今日であると伝えています。冗談ぽい内容ですね。


"Today, I will tell the truth. There are only a few days a year when I do not engage in telling lies. Today is one of them."

「今日、私は真実を話します。私が嘘を付くことにかかわらないことは、1年に数日だけです。今日は、その中の1日です。」


受賞に際しての、村上さんの考えは、以下のようなものでした。


"When I was asked to accept this award," "I was warned from coming here because of the fighting in Gaza. I asked myself: Is visiting Israel the proper thing to do? Will I be supporting one side?"

「私がこの賞を受けることを聞いた時」「私は、ガザ地区での戦いを理由に、ここに来る事を警告されました。私は自身で問いただした。『イスラエルを訪れることは、適切なことなのか?一方の国の支持にならないだろうか?』」


やはり、ガザ地区での出来事と、ご自身の立ち場について、悩まれたようです。誰もが悩むであろう問題ですが、小説家は、「見て触れなかった物を信用しない」とし、今回のイスラエルへの来訪を決めたとのことでした。


"Novelists can't trust anything they haven't seen with their own eyes or touched with their own hands. So I chose to see. I chose to speak here rather than say nothing."

「小説家は、見なかった物と触れなかったも何物をも、信用することが出来ない。だから私は、見ることを選びました。私は、何も言わないことより、ここで話すことを選びました。」


その後の内容は、日本でも報道されていますが、「卵」を比喩表現として使った、興味深い内容でした。私の中2脳で訳そうかなと思ったのですが、日本の報道のほうが早いので、そのまま転載しておきます。


"So here is what I have come to say."

「私が言いたいことは、ここにあります」


「わたしが小説を書くとき常に心に留めているのは、高くて固い壁と、それにぶつかって壊れる卵のことだ。どちらが正しいか歴史が決めるにしても、わたしは常に卵の側に立つ。壁の側に立つ小説家に何の価値があるだろうか。」


「高い壁とは戦車だったりロケット弾、白リン弾だったりする。卵は非武装の民間人で、押しつぶされ、撃たれる。」


「さらに深い意味がある。わたしたち一人一人は卵であり、壊れやすい殻に入った独自の精神を持ち、壁に直面している。壁の名前は、制度である。制度はわたしたちを守るはずのものだが、時に自己増殖してわたしたちを殺し、わたしたちに他者を冷酷かつ効果的、組織的に殺させる。」

「壁はあまりに高く、強大に見えてわたしたちは希望を失いがちだ。しかし、わたしたち一人一人は、制度にはない、生きた精神を持っている。制度がわたしたちを利用し、増殖するのを許してはならない。制度がわたしたちをつくったのでなく、わたしたちが制度をつくったのだ。」 (
中国新聞「村上春樹さんの講演要旨 」より


記事内の英文では、以下のような言葉が紹介されていました。若干、新聞の訳と内容が異なっていますが、エルサレムポストの内容も省略されたものと思われますので、内容に差があると思っています。


"If there is a hard, high wall and an egg that breaks against it, no matter how right the wall or how wrong the egg, I will stand on the side of the egg.""Why? Because each of us is an egg, a unique soul enclosed in a fragile egg. Each of us is confronting a high wall. The high wall is the system" which forces us to do the things we would not ordinarily see fit to do as individuals.""I have only one purpose in writing novels," "That is to draw out the unique divinity of the individual. To gratify uniqueness. To keep the system from tangling us. So - I write stories of life, love. Make people laugh and cry.""We are all human beings, individuals, fragile eggs," he urged. "We have no hope against the wall: it's too high, too dark, too cold. To fight the wall, we must join our souls together for warmth, strength. We must not let the system control us - create who we are. It is we who created the system."


村上さんは、最後に以下のように伝えています。


"I am grateful to you, Israelis, for reading my books. I hope we are sharing something meaningful. You are the 「biggest reason why I am here."
私は、私の本を読んでくださる、あなた方イスラエル人に感謝します。私は、我々が意味がある何かを共有していることを望みます。あなた方は、私がここにいる最大の理由なのです。」


権力や制度とは反対の存在を「卵」とし、自らを「卵」と表現した村上さんの言葉は、実は非常に重いものです。この発言は、会場では拍手に包まれましたが、イスラエル国内では批判もあるようです。


Avigdor Lieberman氏の「Yisrael Beiteinu」の力が、強く影響を及ぼすであろう、Benjamin Netanyahu氏の「Likud」が政権第一党になり、「Kadima」を抑え、イスラエルは右傾化を強めていると言われています。


その様な情勢の中、イスラエル国内での村上さんの発言は、意味のあるものであったと、個人的には思っています。何もしない、何も出来ない、ではなく、実際に動き、言葉を伝えることは、重要です。全てではなくとも、イスラエルの人に、村上さんの想いは届いたのではないでしょうか?


小説家の嘘、政治家の嘘、どこに真実を見出し、何を重視するかは、人々が努力し探すべき「道」であると伝えているように、私には見えました。意味のある何かを、世界の人々が共有出来るなら、「嘘の世界」はなくなるのかもしれません。


批判されるべき内容ではないですね



↓関連映像ねこへび

Norwegian Wood - Book Trailer

カフカ賞の時の発言

『ノルウェイの森』「何もない」に歌を


■イスラエル関連記事

イスラエル 総選挙は2党勝利宣言

イスラエル 新首相はTzipi Livni?←外してますが

YAN-Cさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ