テーマ:

こんにちは 店長の山本です。


前々回掲載のつづき、GI値についてです。


うどんとそばでは、おそばの方がGI値が低い為に太り難いとご紹介させていただきました。


GI値とは、食後に食品別で血糖値の上昇率をあわらした数値です。

GI値が高ければ食後の血糖値の上がり方は急激で、インシュリンの過剰分泌を起こしやすく肥満に繋がることになります。

GI値が低ければその逆となり、太り難いと言えるのです。

昔、低インシュリンダイエットが流行りましたがこれですね。

GI値の目安が60です。

GI値が60以下の食品や食材を選んで食べるようにすれば

食事量を減らさずにダイエットができます。


うどんとそばのGI値をみると、うどん(生)は80、蕎麦(生)は59。

太ることを気にするならうどんよりもお蕎麦ということになりますね。


100gあたりのGI値を調べてみました。

穀類

お餅→84 精白米→83 もち米→80 赤飯→76

発芽玄米→53 黒米→49 はと麦→47

パン

あんぱん→94 フランスパン→92 食バン→90

ライ麦パン→57 全粒粉パン→49 

野菜

じゃがいも→89 にんじん→79 やまいも→74

レタス→22 もやし→21 ほうれん草→16

アルコール

日本酒→34 ビール→33 ワイン→31


少しですが掲載してみました。

是非みなさまも参考にしていただき太りにくい身体をつくっていきましょう。


参考HP

※ダイエットと料理レシピのコツ 食品食材別GI値

お疲れの時はスクムウィットへ・・・ポチッと♪

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

こんにちは 店長の山本です。


前回におそばについて書きましたがが

調べていく内に身体のことを考えたそばメニュー

というものがありましたのでご紹介します。


・腰痛にはきつねそば

ごまをかけてビタミンEとカルシウムが摂取できます。

ビタミンEは血行を良くし、カルシウムは骨と筋肉を強化します。

更に七味を加えると吸収力はアップです。


・ストレスには大根おろし

ストレスでビタミンCが消費されます。

大根でビタミンCを補いジアスターゼで消化を促進。

ビタミンCはルチンの効果を更に高めます。


・貧血にはにしんそば

にしんのタンパク質、鉄、ビタミンB12、ビタミンB6などの

血液の元になる栄養素が含まれています。


・疲れ目には月見そば

卵のビタミンAが視力回復を促します。

海老を振りかけるとカロチンがビタミンAに変換され

疲れ目解消の効果が倍増に。


・肌荒れに天ぷらそば

えびのビタミンEが血行を良くします。


薬味にも色々な効果がありますよ。


・七味、一味

唐辛子のカプサイシンとカロチンが血行を促進させ消化吸収を高めます。


・ネギ

ネギ特有のアリインがそばのビタミンB1の吸収を高め

疲労回復、冷え性などに効果があります。


・胡麻

ゴマリグナンの活性酸素抑制の他にも、カルシウム、ビタミンB群、鉄が含まれ骨や筋肉強化の効果があります。


・ワサビ

ワサビの辛味成分であるシニグリンには殺菌や食欲増進のほかに、そばに含まれるビタミンB2(細胞の活性化)の働きを高める作用があります。


みなさんも是非参考にしていただき栄養あるおそばをお召し上がりくださいませ。


お疲れの時はスクムウィットへ・・・ポチッと♪


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは 店長の山本です。


毎日暑い日が続いてますね。

こんな時は喉越しがいい麺類をよく食べます。

最近はカロリーと健康の為、お蕎麦をよく食べていますが

友達からカロリーが低いのはうどんだと聞き調べてみました。


確かにカロリーが低いのはうどんですが、食物繊維・ルチン・低インスリンなど、身体・便秘解消に良いものが入っているのはお蕎麦でした。

ただお安いお蕎麦は小麦粉の方が原材料が多いので注意が必要です。


お蕎麦の栄養素、ポリフェノールの一種であるルチンにはこんないい事が・・・

毛細血管の強化→毛細血管の膜に厚みと弾力を持たせて

            強化

血圧降下作用→血圧の降下作用で血圧上昇物質の働き

           を弱める  臓病、脳血圧障害の予防

動脈硬化(血管がつまって起こる病気)→血栓を防いで血流

                をスムーズにする作用があります

病気膵臓機能の活性化→血糖値の調整、インシュリンの分

                泌を促す  糖尿病の予防、抑制

ビタミンCの吸収を助けて、コラーゲンの合成を促進します。

しわやシミ、たるみなど肌の老化を防ぐのにも役立ちます。

ポリフェノール効果で脳の記憶細胞に効果があります。

ルチン1日30mg摂取を目標で便秘が解消(食物繊維による効果)


蕎麦とうどんを比較した場合、おなじ炭水化物で同じカロリーであっても、蕎麦の方が太り難いという説があります。

それはGI値の違いによるものです。

GI値が低いと太り難いという事です。

GI値とは・・・また後日お知らせします。


もちろんうどんもいい事がありますよ。

温かい麺類の中でもうどんだけが身体の温度を保ち消化吸収を非常に早く進めます。

消化に無駄なエネルギーがかからないので、食べた時に胃に血液が集中することなく全身に行き渡ります。

血液に含まれる白血球は風邪のウィルスと互角に戦うことができます。

うどんの主成分は炭水化物のため、体内でブドウ糖、グリコーゲンに変性。

体だけではなく脳のエネルギー源にもなります。

消化吸収のスピードが早いので即効的にエネルギー源として使われる為、受験勉強の夜食などに良い働きがあります。


うどんとそば、みなさんはどちらがお好みですか?


お疲れの時はスクムウィットへ・・・ポチッと♪

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。