40代ビジネスマンに朗報!英単語の覚え方ノートの作成 | 40代後半から英語ゼロにして海外赴任までに至ったブログ

40代後半から英語ゼロにして海外赴任までに至ったブログ

中学生より英語を始め、その当時より英語が大嫌い成績は常に最下位の40代オッサンが英語を始め海外赴任まで至った失敗ばかりの体験記

 

皆さんTOEICの点数UP等で英単語を覚えるのに苦労されている方も多いかと思います。

書店に行くとTOEICの英単語を覚える書物の多さに驚きそしてどれを買い求めて良いのか?

本当に訳が分かりません。

 

多くが単語単語を一語づつ覚えるやり方で、(これは学校教育でも同じですが)

一つの単語を覚えそして全く意味の異なる次の単語の意味を覚えるというやり方がほとんどです。

 

これは語を無数な点を散らばせるやり方で、点と点がなかなか繋がってこないと考えあまり良いかと思いません。

ここで典型的な一例を記します…

 

cohere(筋が通っている、密着する)という単語を覚えるとします。この次に出てくる単語は

correspond(一致する、調和する、通信する。という風に動詞というくくりにしてcohereとcorrespondの関連性は

全くありません。これを本一冊で延々と覚えて行くのですが、最初から最後までぶつ切りで単語動詞の横の繋がりが

いつまで経っても繋がりません。

 

それでは私がどの様にして英単語を覚えたかと申しますと、単語を面で捉えてボキャブラリーを増やして行きました

上記の単語ですと…

 

Verb(動詞)              cohere                                   

 

Noun(名詞)     (in)coherence     cohesion   

 

Adjective(形容詞)     (in)coherent          cohesive       

 

Adverb(副詞)         (in)coherently                                       

 

という風にcohere 動詞から始まりその名詞、形容詞、副詞とひとまとめにして覚えてしまいます。

一見大変そうに見えますがこの覚え方の方が効率が良いかと思います。そして以来ずっとこのやり方で単語は覚えています。

 

そしてこの場合ですと6つの単語を一網打尽に出来、且つ否定形を含めると9単語を面で捉え、覚える事が出来ます。

このやり方を一つ一つやっていくと、かなり多くの単語を関連付けて覚える事が出来ます。

 

人それぞれ覚え方は色々とありますが、一度ご参考までにお役に立てればと思います。