七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:
人間の強さは忘れる事だ。
辛い出来事も哀しみもいつか忘れさせてくれるモノに出会う。
石巻市に降り立ち、沿岸を見て回ると、そこかしこに新しく舗装された道路や、仮設住宅が見える。
国道45号線の道路標識はほとんどが流され、壊れてしまったという。
宮城の中心部である仙台市内や都市部においてはさほど変わりなく繁栄を取り戻し、復興を遂げたかのようではある。
だが、未だ津波の影響を受けて、終わらない工事を続けるショベルカーや、舗装工事で砂の巻き上がる荒れ果てた剥き出しの大地や、投げ出された船、車や建物が残る。
『うみはコワイ でもキレイ』
宿泊先には、全国各地からの復興支援メッセージが掲げられていた。
その中にあったのがこの一文だ。幼い少女の書いたであろう一文が、僕たちが日常忘れてしまっている自然への畏怖と敬愛を象徴している。
石巻市だけでは無い。
未だ完全な復興に遠い東北各地では、震災はただの過去では無い。

人間の弱さは忘れる事だ。
時間が立てばあの日々はきっと過去になる。だけど、喪った人々や街は二度と戻らない。
あんなに恐ろしいと感じた津波やその被害も、僕たちは忘れていく。
テレビや新聞でも報道されていく機会は減っている。安全な日常が確保された僕たちにはまるで過去の出来事のようだが、そうではない。
其処に暮らす人々には、今も復興は続くのだ。それも何年も何十年もかけて。
久し振りに見た津波の映像の怖さに僕は目を背けたくなった。恐ろしい速度で何もかも飲み込むその姿に。
そして、喪われた人々や街を偲ぶ慰霊碑や残された建造物に言葉を喪った。

日常は忙しなく過ぎる。しかし心を亡くしてはいけない。
あの中に、誰かにとっての家族が、恋人が、友が、仲間がいたと想像するだけで胸が張り裂けそうになる。
もしかしたら僕らにとって大事な人になるかもしれない、そんな人たちが、たくさんの日常が、いっぺんに飲み込まれてしまった。
誰もが、大きな無力感を感じただろう。
たくさんのミュージシャンやエンターテイメントに携わる人間が自分たちに出来る事を模索した。しかし個に出来る事には限りがある。
ならば、と掲げられた旗が同志諸君と【日本一心】の言葉であった。
僕たちの【日本一心】は一生をかけて『考え続ける事』と『行動する事』だ。

この日、残酷なくらいに美しい、青い青い空と海を前に僕は誓って来た。
また何度もこの場所にやって来る事を。けしてあの日を忘れないようにする事を。
それまでが【KEEP ON 日本一心】。僕たちの回答。

災害防止庁舎
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ドリームオン


『Dream on』
意訳:(命令形で)夢で見てろよ!
勝手に言ってろ。
馬鹿野郎が。



「子供に夢を 大人にも夢を」

これは吉川晃司がニコニコ生放送にて30周年特別番組にて語った言葉だ。


子供時代は誰もが夢を見る。
夢だけは誰にも奪えない心の翼だ。
スポーツ選手だろうが、花屋だろうが、教師だろうが、ハリウッドスターだろうが、夢は等しく素晴らしい。
なぜならば、夢は生きていく為のモチベーションになり、目標設定になるからだ。

しかし、夢はあくまで夢。
誰もがスポーツ選手になれるわけでも、ハリウッドスターになれるわけでもない。努力は勿論、才能や運に左右される。

大人はいつから大人になるのだろうか。
社会を知り、その歯車になる中で、身の丈を知り、人は自分が今まで見た夢をいつか諦めていく。
それはいつの頃だろう。

夢を追うことは素晴らしい。しかし、現実はいつも残酷なまでに急き立てる。
20歳を越えてスポーツを始めても選手にはなれない。
夢を見るにはタイムリミットがある。それがいつなのかは分からない。
だがタイムリミットを迎える頃、人は諦めという結論に至ってしまう。

『イン・ザ・ヒーロー』本作ではスーツアクターとしてアクション俳優をしながら、いつか顔の出る役者として映画出演を願う中年、本城ワタルが描かれる。

彼は40代半ばながら未だ夢を捨てきれずにいる。
子供向けの戦隊特撮やヒーローショーでヒーローのスーツアクターを演じながら、いつか来るかもしれないその時の為に日々を生きる。


・子供に夢や希望を与えること
・自分がかつて憧れたブルースリーのような俳優になること


それを夢見ながら生きている。
彼はまだ自分がタイムリミットを迎えていない、チャンスが来るという希望を捨てきれずにいる。

誰もが、いつしか諦めたのではないだろうか。

"大人になる"

という小奇麗な言葉で自己防衛しながら、夢を見ることの素晴らしさや、その為の努力を放棄したんじゃないか。


《人は 見果てない夢に賭け続け 倒れ続け 消えて逝く》
《信じろ 瞳に宿る光 その流行らない愚直さが美しい》


どんな成功者もかつては夢追い人だっただろう。そしてそれを笑うのはいつも夢を見ることの尊さを忘れた人だ。

吉川晃司は知っている。
挫折した者も、夢の途中で亡くなった者も、星の数程見てきた。それでも、自分はまだまだ果てし無く続く夢追い人で有りたいと。

諦めることはいつでも出来る。
夢は、夢を見続ける人間にしか手に入らない。


Dream on
夢見てんじゃねえよ。
馬鹿じゃねえの。

笑えばいい。夢を追わないやつの嘲笑など何の価値もない。
夢追い人には誰かを笑う時間すら惜しい。


僕たちは知ってる。
夢という扉を自ら開き、未だ泳ぎ続ける男を。
身体は言うこときかないなんていいながら、高々とシンバルを蹴り上げる姿を。
その姿は愚かしいほどに美しいことを僕たちは知ってる。
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。