七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:
$七つの海をバタフライ -吉川晃司--西城秀樹

広島は日本有数のロックボーカリスト量産地だ。

吉川晃司はもちろん、矢沢栄吉、世良公則、もんたよしのり、奥田民生、デーモン小暮閣下、森友嵐士など、誰もがアクの強い声と存在感でそれぞれの音楽の道を開拓している。

だが忘れてはならない。
広島県出身で日本の音楽史に多大なる影響を与えた、稀有な才能のボーカリストがいることを。

西城秀樹。
今年で芸能生活40周年を迎えた、ヒデキカンゲキである。


ヒデキのデビューは、郷ひろみ、野口五郎と並んで称された「新御三家」としてアイドル(当時はスタア)と呼ばれる文脈であった。

・ジャニーズの結晶とも言えるポップ天使・郷ひろみ
・演歌・歌謡という日本土着の文脈を艶っぽく歌う・野口五郎
・激しく荒ぶる魂を燃え盛らせるかのようなアクションと歌唱でロックする・西城秀樹

今見れば全く畑の異なる三者だが、当時は同世代スタアということで、至るところで比較された。


新御三家の3人はそれぞれが自分の枠から抜け出す試行錯誤を続けるキャリアを辿るが、ヒデキは常に「既存概念の破壊」を志向していた。

大阪球場でのスタジアムライブ(10年連続)では、バイクを引き連れての入場や日本では使用例の少なかったレーザー光線演出、そしてゴンドラでの移動など、大がかりなステージセット・演出を早々と導入していた。

また、このスタジアムコンサートでは、ヒデキからの「何か光るものを持ってきて」というファンへの呼びかけが、現在のアイドルコンサートでの基本スタイルとなるサイリウム使用の先駆けとなったと言われる。

そして、日本国民の誰もが知っている「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」。
歌手が歌いながら踊る振付を、コンサートの客席だけに留まらず、お茶の間までをも一体となって踊る文化を日本に定着させたのは、本曲からである。

「YOUNG MAN (Y.M.C.A.)」は元々アメリカ西海岸のバンド、ヴィレッジ・ピープルのカバーだが、ヒデキは特にライブで洋楽のカバーを多く取り入れた。

日本のポップス創世記(日劇ウエスタンカーニバルなど)の時期を過ぎて、職業作家たちが日本のポップス文化を築こうとしている時代にも、あえて洋楽カバーに取り組んだのは、ヒデキが熱心な音楽ファンであったからだ。
海外の音楽が持つ広い音楽性とダイナミズムを体感したかったからだろう。

ライブでカバーした洋楽曲の1部を紹介すると、QUEEN『We will rock you』、ローリングストーンズ『Jumping Jack Flash』、ビリー・ジョエル『Honesty』、ジェームス・ブラウン『Try Me』、ボブ・ディラン『I Shall Be Released』、、、
アイドル(スタア)の選ぶ選曲ではない。

明らかにヒデキの志向が広い音楽の世界を見ていたことの証明である、これらのライブカバー音源が残っていることは、音楽史的にも非常に重要な資料だ。


規格外の活動を続けてきたヒデキだが、日本音楽史への最大の貢献は、彼の独特の「歌唱法」にある。
音程をジャストミートさせずに、微妙に何分の1音か上から下へ落として「音を捕まえる」ようにすることで、音の揺れによる色気とダイナミズムを演出する歌唱法は、ヒデキの最大の発明だろう。

この歌唱法は、BOφWY・氷室京介が色濃く受け継ぎ、GLAY・TERUをはじめとして、現在ではヴィジュアル系と言われる分野のボーカリゼーションの始祖的テクニックとなった。

そんな歌唱法に加えて、ヒデキ独特のハスキーな声質と叫ぶような声量、そして定式のステップやお行儀の良い立ち振る舞いをかなぐり捨てたダイナミックなアクションは、下の世代が体感的にロックの荒々しさを経験する通過儀礼となった。


アイドル(スタア)としてデビューし、規格外の活動で自分のスタイルを構築、独特の歌唱法やダイナミックなアクション、こうした点は吉川の先駆的存在とも言える。

ただ、ヒデキにあって吉川に無いもの。
それは「フォロワー」だ。

ヒデキには氷室、TERUのような文脈が生まれたが、吉川には後に続く存在がいない。
吉川晃司という存在自体の唯一性はどこまでも孤高なのだ。


デビュー40周年を迎えたヒデキだが、2度目の脳梗塞により入退院を余儀なくされた。

ファンが危ぶむ中で徐々に活動を再開し、2012年4月にはリニューアルオープンとなった大阪・オリックス劇場(旧 大阪厚生年金会館)でのコンサートも開催した。
激しい楽曲は多くなかったものの、『ギャランドゥ』など往年の大ヒット曲で快復を予期される歌唱をステージで見せつけた。

人生は平坦ではない。ヒデキは病と闘いながらも、彼の歌を歌うためにステージに戻ってくる。
何度でも。

そう、まるでブーメランのように。
あなたはもどってくるだろう。
君が望むなら。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
男なら一度はヒーローに憧れる。
ウルトラマンや仮面ライダーを筆頭に、ゲームやアニメの主人公に、自分を重ねてみた事は誰しもあるだろう。

悪を挫き、弱者を助けるその姿に憧れを抱かない少年はいない。

しかし、街でごっこ遊びというモノを観なくなって久しい。
ウルトラマンも仮面ライダーも最初から存在しない、架空のものだと誰もが知っている。

ただ、僕達にとってお気に入りのヒーローになったつもりで遊ぶ快感は、心の原風景として今も息づいているのは確かだ。

少年はいつか大人になって知ることになる。
世の中には正義と悪が闘うのではなく、異なる正義と正義のぶつかりあいだということを。

吐き気を催す悪は、怪獣や異星人、怪人の姿ではなく、ましてや悪の結社でもない。
そして現実にはヒーローなんて存在しないって事を。

-----------------------------
甘ったれた夢を抱き
ポケットのコイン握り締め
都会にあふれ出る
無知な IMAGINE HEROS

人ゴミの中とけてゆく
無防備な後ろ姿
何のあてもなく
彷徨う IMAGINE HEROS

汚れた世界さ
愛も夢もない
悪い奴等が生き残る

WELCOME TO 哀しみの街へ
WELCOME TO もう戻れない
WELCOME TO 憧れの街へ
WELCOME TO もう戻れない
-----------------------------

この『IMAGINE HEROS』と名付けられた詞には誰もが経験したであろう、20代前半の焦燥や苦悩、葛藤が、汚れた世界だと絶望しきれない、諦めきれないでいる姿が、刻まれている。

ウルトラマンや仮面ライダーを始め、数多のヒーロー達が大事なものを守るためとはいえ闘う事に苦悩するように、吉川も夢を実現する為に走る若者を夢想家だと自嘲気味に表現する。

そしてそこから零れ落ちて行くものも、物語のようにカッコイイだけではいられないのが現実だと知る。

我々『Team IMAGINE』の語源ともなったジョン・レノンの『IMAGINE』ではこう歌われる。
「想像してごらん。全てはそこから始まる。」と。

想像することは全てのスタートラインだ。
想い描くことは、誰にも奪えない心の翼。
歴史上のどんな成功者も、英雄も最初は夢想家だと笑われた事だろう。

少年だった僕達が抱いた「ヒーローになりたい」という夢想はどこに消えたのだろうか。
大人になるという事を引き換えに僕達はIMAGINEする事から遠ざかっていったのだろうか。

吉川はヒーローに憧れた。正義や、カッコよさ、憧れがヒーローを生み出すものだと知った。
そしてTVの中で仮面ライダースカルというヒーローを演じた。

そんな彼も大災害の前ではヒーローにはなれなかった。
TVの世界とは異なる現実に打ちひしがれてしまった。

だが、吉川は諦めない。
誰あの日夢見た正義の味方僕ちゃんである為に、少年の頃描いたヒーローに少しでも近づくために「日本一心」を掲げ奔走する。

待ってるだけじゃヒーローはやってこない。
ならば、自分自身がヒーローになればいい。誰の為でもない、自分自身の為に。

ヒーローはどこにもいない。
そう、居るとすれば僕達ひとりひとりの想像の中、心の中なのだ。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$七つの海をバタフライ -吉川晃司--高橋みなみ

吉川晃司とAKB48の共通点は・・・全くない。
あるとすれば、昨年の2011 FNS歌謡祭で共演したぐらいだ。

それでさえ、吉川がラジオで「音響設備が整っていない中でよく歌ってくれた」と発言しただけにとどまっている。

だが、吉川晃司とAKB48のリーダー・高橋みなみの共通点となると話は変わる。
といっても、大概の人は?だろう。

分かりやすい共通点を上げるとすると二人はアイドルが出発点ということを挙げることができる。

吉川も元はと言えば、アイドルであった。
しかも、史上最大の大型新人として、事務所が総力を上げて創りだされたアイドルであった。

完全プロデュースされたアイドル。
歌う曲はもちろん、広島から出てきた少年を都会派に仕立てあげられた。

芸能界は人格すらも創造される世界であったが、吉川はそれに満足しなかった。
いや、留まらなかったと言っていいだろう。

アイドルである自分への人気に満足することなく、自身を高め続けた。
楽曲への理解を深め、他の誰も真似ができないダンスを磨き、人気を実力に変えようとした。

このブログでは再三にわたって吉川の恵まれた才能について発信してきた。
しかし、その多様な才能の元は一つの才能だと言えよう。それはいかなる天才も有しているものだ。

そう、その才能とは”努力”。

信じ難い事実だが、『天才は1%のひらめきと99%の努力』という名言があるように、人々に称賛を受けている裏には血が滲むような努力が隠されている。

ここで思い出してほしい。
2012年6月6日のAKB48の第4回選抜総選挙のことを。
高橋みなみのスピーチを。

高橋みなみは第六位に食い込んだ後、こう言った。
「努力しないと始まりません。努力の先に夢がある。努力は必ず報われると私は人生を以って証明する」と。

元々の彼女は内向的な性格で、キャプテシーが備わっていたわけではない。
ダンスも決して上手くはなく、当初はいえば落ちこぼれ的な存在であった。

そんな彼女が自らリーダーに立候補し、これまでAKB48を引っ張ってこれたのは、その先に目指す夢が見えていたからだろう。

女性だらけの大所帯のリーダーを全うする大変さは想像を絶するものがあるはずだ。
高橋みなみは24時間全ての時間を捧げ、様々な感情を有するメンバーの気持ちを一つにまとめ、AKB48を戦える集団に育て上げた。

リズム感がなく、スキップすら満足にできない彼女が最前線で踊ることができるのは、人の何倍もの練習をして、誰よりも振りも立ち位置も頭に叩き込んだからだ。

また音楽番組やバラエティ番組での発言から想像するに、AKB48のスポークスマンとして常に人前に立つ意識を持って日々研究をしていることはファンでなくても容易にわかる。

そして何より彼女には他のメンバーにはない異質さを感じる。
AKB48という枠組みに収まることはないエネルギッシュさを放っている。

流れ星では終わらない、永遠に光り輝く一等星になるのだという意思表示。
先のスピーチはそれに基づいたものではないかと思っている。

高橋みなみはファンも、そしてメンバーも知らないところで努力していることは間違いない。
高橋みなみとしての武器を身につけるために。

芸能界という移り変わりが激しい世界ではそこまでしてやっとスタートラインに立つことができる。
若かれし頃の吉川も同じであっただろう。

もがき苦しみ、迷いながら、己が何者であるかを知ろうとした。
数多いたアイドル達が持ち合わせていない自分だけの強みを探した。

何が武器で、何を持って戦うことができるか。
それは努力なしには身に付けることができないものである。

それを怠ることがない高橋みなみの将来が楽しみで仕方ない。
彼女もきっとアイドルというステージで終わることなく、自分の夢を自分の手で掴みとるだろう。

そして、それ以上に46歳になった今もそれを忘れることなく走り続ける吉川晃司の進化が楽しみで仕方ない。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
吉川が昨年の夏にデッかく打ち上げてくれた日本一心という花火。
今年はTeam Imagineが微力ながらぶち上げます!

日本一心は決死集会のようなもの、吉川はそう言いました。
日本国内だけでなく、世界各地の日本人の力も合わさることで、日本一心への道は開かられると我々は信じています。

今回のイベント会場は神戸になりますが、一人でも多くの方に「COMPLEX☆REVIVAL 2012 ~Don't stop 日本一心~」にご参加頂きたいと想い、イベントの様子をUstreamで一部ライブ配信することを検討しています!

Ustream配信用のURLは後日ご案内します。
しばらくお待ちください!

※電波環境などの問題により配信できない場合があります
※画質・音声に不良が生じる場合があります



【イベント】COMPLEX☆REVIVAL 2012 ~Don't stop 日本一心~
【開催日】2012年7月28日(土)
【時間】開場:17時00分 開始:17時30分 終了予定:20時00分
【会場】キテン2
【会場住所】兵庫県神戸市中央区東町122(地図)
【入場料】1,000円(ワンドリンク付)

※本イベントの収益の全ては東日本大震災の復興、復旧に寄付させて頂きます
※吉川晃司・布袋寅泰両氏の出演予定はございません。ご了承下さい

$七つの海をバタフライ -吉川晃司--COMPLEX☆REVIVAL ポスター
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
$七つの海をバタフライ -吉川晃司--奥田民生

ロックの名産地である広島が生んだ中でも1965年生まれの男が二人いる。
それが吉川晃司と奥田民生である。

バンドブームの80年代後半に現れた「ユニコーン」のボーカルとしてキャリアをスタートさせた奥田は、90年代半ばからはソロ活動を展開。
脱力したキャラクターとラフな格好で歌うスタイルと、自然体な世界を披露。

その後はPUFFYや木村カエラのプロデュース、
寺岡呼人との寺田、
Charと山崎まさよしとの三人の侍、
井上陽水との井上陽水奥田民生など多くの派生ユニットに参加する。

かと思えば、アコースティックギター一本と己の歌声だけで地元・広島球場や各地で行った「ひとり股旅」など、そのフットワークは驚くほど軽い。

同い年で地元も同じだった吉川と奥田は音楽仲間同士でもあり、共通の友人宅で会っていた仲だという。

互いに見知った仲ではあったものの、それほど交流はなかったという事だが、吉川は奥田の事を「知能犯」だと評する。
目立たず無口だったというが、部屋の隅で奥田少年も来るべき自分の未来を描いていたのだろう。

今や株式会社ソニー・ミュージックアーティスツの名誉顧問に就任し、ギブソン社からは表彰をされ、ロックフェスでも大常連であり、ロック誌や後輩からの信望も厚い。

奥田民生はロックンロールミュージックを愛してやまない。
ビートルズを敬愛し、そのサウンドを下敷きにした曲も多数存在する。
日本のロックミュージックシーンにおいても重要な人物であることは疑いようがない。

では、吉川晃司はどうだろうか。
勿論吉川もロックンロールを歌い踊るミュージシャンだ。

しかし、吉川晃司の特殊性とは「ロック」であることだろう。
社会学者の南田勝也氏は、ロックとはアート/エンターテイメント/アウトローの三指標に分類されると著書『ロック・ミュージックの社会学』で述べられているが、吉川晃司はそういった「ロック」性をデビュー以来持ち続けている。

奥田は近年ユニコーンを再結成させ、「バンドやろうぜ!」と立て続けに名作を発表している。
キャリアの円熟した見事なロックンロールは流石の一言だ。

対して吉川はずっと独りだ。
COMPLEXを除けば吉川のキャリアは、「すかんぴんウォーク」と「モニカ」から連綿と続いている独りぼっちの闘いの歴史だ。

誰も吉川晃司の後には続けない。
群れず、媚びず、阿らない、永遠の悪ガキ。

今や失われた「ロック」という思想を体現する数少ない男だと言えるだろう。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。