七つの海をバタフライ -吉川晃司ブログ-

異彩を放ちまくりながらも逞しく泳ぎ続ける吉川晃司。
全てのロックレジスタンスどもへ バーボンを傾けながら・・・。


テーマ:
buck

カテゴライズというのは、犬や猫に名前をつけるのに似ている。
だが、やつらにとってはそんな与えられた名前など意味を持たない。

古くは「髪立て系」「耽美系」そして「ビジュアル系」。
時代とともにその呼び名は変わった。

だがどんなに呼び名や世間の目が変わり続ける中で、変わらないものある。
それが、不動の5人編成バンド「BUCK-TICK」である。

群馬県高崎市出身(この地はBOΦWYを生んだ地)であることから、デビュー当初のBUCK-TICKはビートロックとポップ性を併せ持った正統なるBOΦWY後継者だった。

櫻井敦司の驚異的なルックスと今井寿の全方角的音楽感度を売りにしたこのバンドは、当時シーンにはまだまだ早すぎた「異端児」として映ったことだろう。

だが、その後のヴィジュアル系ブームを先取りしていた点で、BUCK-TICKは80年代と90年代のバンドブームにおけるパイプ役を担っていたといえる。

また、一方で大胆過激でスキャンダラスな外見を誇示すればするほど、硬派を気取る音楽誌、音楽評論家からないがしろにされていたのも事実だ。

転機となるで事件が起こったのは89年。
乗りに乗ってる状況の中、メインコンポーザー今井がドラッグで逮捕されてしまう。

当時固唾をのんで見守っていたファンに対しての今井はじめ彼らとった返答は『悪の華』
ボードレールの詩集から取ったと思しきタイトルに誰もが心の中で「今井やるジャン」と思ったことだろう。

確信犯的なこのメッセージは彼らがロックバンドであるという認識を広める契機となる。

「LSDで良かった。ビートルズもやってたからな。」とは今井の弁だが、ロックミュージシャンたるものエンターテイメントなリップサービスは欠かせない。
アーティストにとってのビッグマウスは自己表現でありパフォーマンスである。

ジョン・レノンは「ビートルズはキリストより有名だ」と。
ジョニー・ロットンは「ロックは死んだ」と。

歴史に残るミュージシャンは極めてアジな発言を口にしてきたものだ。

その後も、順調にキャリアを重ね結成20年の今もって武道館公演を可能とするこのバンド。

先進的な音楽性とダークでデカダンなイメージが若干とっつきにくい印象もあるが、重い扉を開けた先にはめくるめく幻想の世界が広がっている。

吉川とは、よく行き着けの飲み屋で酒を酌み交わす仲だった時代があった。
それに関して、吉川は「あいつら(BUCK-TICK)は静かに飲むんだけど、その量が半端じゃない」と述懐している。

酒好きの吉川にここまで言わしめるBUCK-TICKは『酒』『ドラッグ』『ロック』をまさに体現する数少ないロックバンドである。

この度、彼らのトリビュートアルバムが発売されることが発表された。

評論家に批判や揶揄されても、前線で体を張り続けてきた日本のリビング・レジェンドとしての功績はこのトリビュートを抜きにしても時代が証明している。

変わらない姿勢、変わり続ける音楽性実験精神。
それらはミュージシャンにとって欠かすことのできないものである。

しかしこのアルバム、なかなか錚々たる面子だが今ひとつパンチに欠ける。
ここは一つ吉川晃司に一曲披露してもらいたいと思うのは私だけではないだろう。

今井や吉川は同い年。New Waveを自身の基点とする点なども共通する。

何より吉川20周年記念シングルは『狂った太陽』
BUCK-TICKとの親和性は限りなく高いと見るがどうだろうか?
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
「悔しいけど、僕は男なんだな。」
これは『機動戦士ガンダム』主人公アムロ・レイの台詞である。

ガンダムを知らない方にまず説明させていただく。
昨年25周年を迎えた『ガンダム』は宇宙を舞台にしたロボット(MS)戦記ものである。

ロボットアニメにそれまでにありえなかったリアリティーや世界観を与え、今もって年間関連商品が200億円を売り上げるといわれる、まさに化け物アニメである。

主人公アムロは内向的で争いごとを好まない。
そして度重なる敵との戦いの中、もう戦闘にはいきたくないと引きこもる。

それに対して、幼馴染の少女が見かねて戦地へと向かおうとする。
彼女を制してアムロが言った台詞が上記である。

あと一つ断っておかなくてはいけないことがある。
これから先の文章は決して女性蔑視や男尊女卑の目的で書かれたものではない。

が、80年代にウーマンリブ、90年代からジェンダー解放が叫ばれて久しい昨今、うかつな事を言うには危険すぎるため、断りを入れたい。

前置きが長くなった。
我々の世界には2種類の生物が存在する。

「男」と「女」だ。
有史以来、男には男の、女には女の、それぞれの役割があった。

狩りをし、獲物を採り、領土を増やし、他者を征服しようとする男たち。畑を耕し、子を産み育て、家を守り、次の時代に命をつなぐ女たち。

人よりも秀でたい。優れたい。
そしてより高みにいきたいと願うのは「男」という生き物の性である。

その欲求には果てがない。

宇宙の果てまでロケットを飛ばしても、遺伝子のすべてを配列化しても、まだまだ終わりは来ない。

飽きることのない、際限のないもっともっとという欲望・・・。

その欲望のために、人は何度も過ちを侵してきた。
何万人の命が奪われ、どれだけの国が瓦礫と化したことだろう。

悲しいことだが、そうやって時代や文明は進んできた。

男とは馬鹿な生き物だ。
だいたい実は男なんて、甘ったれで、情けなくて、自分勝手で・・・そして何よりも愛に飢えている。

自分自身を守るため、そして大事な人を守るために生きていてもどこかで大事な何かを見失ってしまう。

それが「男」だ。

男坂、男闘呼組、男塾。
事の善し悪しは関係なく、男という生き物は男という言葉に捕らわれ過ぎる。

女が生物的、身体的なもので女であることを意識するのとは違い、
精神性を重要視するのも、男の特性だといえる。

ダンディズムがもはや死語になりつつあるこの時代、男が惚れる男。そんな「生き様」を持つ吉川晃司は絶滅危惧種といえる。

今でこそ少なくなったそんな男性像を、我々は否定しながらも心のどこかで渇望している。

古いと言いたくば言え。笑いたくば笑えばいい。
だが、男は常にオンリーワンでナンバーワンを目指すものだ。

senaka 片手にピストル

片手に花束

唇には火の酒

背中に人生を

(サムライ /沢田研二) 


この歌の主人公のように歳月を重ねられる男に、我々はいつも憧れ続ける。どんな時代が来ようとも、それは変わることがないだろう。

この世に「男」がいる限り。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
8月に開催したイベントの第二弾を、
11月26日(土)に大阪梅田で開催することが決定しました!

▼タイトル  「モニカだけじゃない!!吉川晃司ナイト☆」
▼場所    大阪梅田「Common Bar SINGLES 」 
▼開催日   11月26日(土)
▼時間    19:00~23:00

関西で唯一の吉川晃司ナイトになります。
モニカから始まる歴史を振り返りながら、吉川晃司が愛するお酒を飲みましょう!

吉川晃司ファンの方はもちろん、まだファンでない方もぜひご来店ください!!

【Common Bar SINGLES 】
住所:大阪市北区堂山町10-16 叶レジャービル2F
(MAP)http://www.talkin-about.com/singles/map.html

【連絡先】
Team Imagine
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
kumiko

『ロックンロールは男子(だんし)のもの』

そんな前時代的な既成概念を覆すかのように、現代のロックシーンには魂あふれる女性アーティストが乱立している。

国外シーンにおいては、古くはジャニス・ジョプリンやパティ・スミスなどの先駆者から始まり、コートニー・ラヴやグウェン・ステファニーなど、いつの時代においても「女性でしか生み出せないロック」を発信する存在がいる。

アメリカのような、積極的な自己主張を促す文化的土壌(裏を返せば、主張無き存在への滞在的差別体制)から生まれる女性アーティストのロックは、20世紀後半からのフェミニズム文化の隆盛に伴い、カルチャー・マーケットともに拡大を続けている。

ここ日本においても、こうした時流は例外ではない。
NOKKO(元レベッカ)やYUKI(元JUDY AND MARY)、CHARA、、、

今や『ロックンロールに性別は無い』ことを体現するミューズが現代には多く存在する。

そんな彼女たちが憧れた「QUEEN OF ROCK’N ROLL」、それが山下久美子だ。

1980年、『バスルームから愛を込めて』でデビューし、全国をライブサーキットした彼女に最初に与えられた、「総立ちの女王」という称号はあまりにも有名だ。

1983年に発表された『赤道小町ドキッ』は化粧品のCMソングとして大ヒット。
ガールズロック・ポップが世間的に認知され、マーケット的にも成熟していく象徴的な楽曲となった。

デビュー以後20年以上、「歌う」ことに全身全霊で立ち向かう彼女の姿勢が、後に続く女性アーティストに大きな勇気を与えた影響は甚大だった。

そんな彼女のキャリアは大きく3期に分けられるだろう。

■ デビュー当初
■ 布袋蜜月期
■ 布袋後~現在

ただただ歌うことに夢中で自身のスタイルを確立することに一直線だったデビューから数年。
固定化してきたイメージや楽曲スタイルに壁を感じ始めた彼女が出会ったのが、布袋寅泰、その人だった。

実生活でもパートナーとして歩んだ時間の中で生み出された、山下久美子meets布袋寅泰の楽曲群は、彼女自身のキャリアの中でも、最も激しく強い光を発した時期の結晶だ。

『SINGLE』『Tonight~星の降る夜に』『真夜中のルーレット』『宝石』...激しく・温かく人を愛することに精一杯な彼女自身の魅力を、布袋寅泰は自身の作品ではあまり表現しない、カラフルな「POP」カラーに溢れたきらびやかな音色で彩った。

布袋は彼女の歌を、“恋に破れた乙女や、愛することの意味を忘れかけた男たち、星を見つめて明日を夢見るドリーマーや、疲れ切ってすり切れたハートたちを抱きしめるように歌う彼女だからこそ歌える「心に痛いロックンロール」”と表現した。

出会いから別離に至るまでの物語は、彼女自身の著作『ある愛の詩』に詳しいが、二人で生み出した楽曲群は多くの言葉よりも強く二人の関係性を物語っている。

布袋とのパートナーシップを解消した彼女は、一人の女性として、新たな世界を表現し続けている。
シングルマザーとして双子の愛娘を授かり、ともに人生を歩むことに幸せを見つけた、今の彼女の歌は温かな愛に包まれている。

さて、彼女のキャリアを大きく分けた3期を見て気づいた方もいるだろう。少々暴論だが、吉川晃司にもこの分類は当てはまる。

■ デビュー当初
■ 布袋蜜月期(COMPLEX)
■ 布袋後(COMPLEX以後)

「ナベプロ」という巨大な芸能組織に身を置きながら、自身のロックンロールを求道する中で、布袋という才能に出会い、パートナーシップの中から多くを吸収し、スタイルを確立していった道程は、両氏に共通する。

事務所の先輩・後輩、ライブを支えたバックバンド『Pa Pa』、伝説のバー『レッドシューズ』での交遊録、そして布袋寅泰という存在。
同じ時代を過ごし、多くの共通点を持つ彼女を吉川は姉のように慕っている。

2004年年末に行われたFM802主催の公開放送&ライブでは、そんな二人の関係性を微笑ましくも感じさせる、温かな空気を感じさせていた。

『女子(じょし)にしか歌えないロックンロール』を「生き様」で体現し続ける彼女の遺伝子は、これからもシーンに芽吹き続けるだろう。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
siam

『密接した影』という言葉の意味よりも、語感とデザイン性で決まったと思われる名を持つこのバンド。

ツインギターと高音シャウトのボーカルを擁する、いわゆる王道のハードロックである。

初期は見た目にも多少の化粧はしているものの、一時期のモトリー・クルーに比べても大人しい程度。

時代が違えば、間違いなく「ジャパメタ」に位置づけられる。
彼らの音楽性はアースシェイカーや44マグナムの影響を色濃く受け継いでたものだった。

松本孝弘には及ばなくともギターキッズに多分にコピーされたであろうDAITAを筆頭に、楽器隊のスキルはかなりのハイレベルであった。

同時代のバンドの多くがアイドル化ギミック化していく中で、「男樹」等のボーイズ限定ライブの開催は他とは一線を画していた。

まず、テクニックありきのその姿は純・お笑い系メタルバンド『SEX MACHINEGUNS』にも通ずる、「男が憧れるバンドサウンド」といえる。

シャムといえば「1/3の純情な感情」であるのは間違いない。
歌モノのメロディとツインギターのメリハリの利いたリフに、印象的なソロは彼らの売りの1つだ。

しかし、活動後期ではラップやスクラッチといったアプローチをした曲をシングルで出したり、ライブではシングル無しといった挑戦的な姿勢が高く評価されていた。

そんなシャムがロックの聖地・武道館で解散をしてから早や三年・・・。


■HIDEKI(Vo)は『ACID』を経て、このたび佐久間正英プロデュースでのアルバムリリース。

■KAZUMA(Vo、G)はビビアン・スーとのデュエット曲がスマッシュヒット。

■JUNJI(Dr)はソロと平行してドラムセミナーやTMRevolutionのサポートとして活躍中。

■DAITA(G)は氷室京介バンドの一員として、ヒムロック・サウンドを盛り上げている。


ここまで来て、まだ吉川晃司との関連は全くのZEROである。

だが、バンドのボトムラインを支えていたリーダーであるNATCHIN(B)は、この度吉川晃司のサポートメンバーとして決定した。

まだまだ日比谷野外大音楽堂でのライブでの実績しかないものの、原田喧太達、長年連れ添ったバンドメンバーとの別離は「俺はやるぜ!一人でも止まっちゃいられない」ということだと解釈できる。

今までにないキャリアの若い世代が、吉川サウンドにどんな色を添えるのか?
バンドサポートとはいえ、そのメンバーとのケミストリーをスパークさせた音を作り出してきた吉川だけに。

次のシングル、アルバムにはいやが上にも期待は高まる。
まだまだ吉川を通して見るDREAMSはNEVER ENDである。
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。