子どもの成長はホントに早い(寺将会) | ののいち奇襲マニア

ののいち奇襲マニア

筋違い角などの棋譜を掲載


自戦記中心。

楽天イーグルスの大ファン
年一回の仙台遠征が楽しみ

◆(公式)第1回寺王戦開催のお知らせ◆
2020年1月12日(日)
場所:金沢東別院
申込みフォームは↑のページより

歴史ある金沢の寺院を舞台に小学生棋士が主役になれる棋戦がここに誕生

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



11月1日(金)金沢市 安養寺にて寺将会が開催されました。




気が付いたらもう11月ですね

令和元年も残り2月。ほんに光陰矢の如しですわ。

かく言う私は、先日下記リンクのFacebookページでもご紹介させていただいた将棋大会『寺王戦』の準備におおわらわなのです。

参加者として大会に出てる時はな~~~~んにも気にしなかったんですけど、大会準備ってめっちゃ大変なんですね。

時間がいくらあっても足りんです。
『光陰さまどうか鈍足各駅停車でお願いします』なのです。

↓リンクはこちら


さて、寺将会には初心者のお子さんが多いのですが、
その子たちに最近「詰めろ」の概念が芽生えてきております。

「詰めろ」ってのは相手の王様の近くに罠をしかけて、罠を見破れなければ次で仕留めたる!っていうテクニックです。

単純な王手よりも遥かに高度なテクニックなのです。

これって結構高度なテクニックで、自分のしかけた罠に対する相手の対応を読む力がないとできないのです。

つまり「詰めろ」の概念があるってことは、すでにかなり高度な読みの力が身についてきてるってことなのです。

なにが言いたいかっていうと、
こどもの成長はホントに早いな~~~~、ってことなのです。

まさに矢の如しです。

そういう成長の跡を見つけたら私は必ず褒めて褒めて褒めたおしてます。




そうして褒めて認めることで矢の速度がさらに増すことを祈っております。

将棋って純粋に楽しいゲームだから、いい手を見つけたら褒めたげて将棋を好きになってもらえば、後はドンドン伸びていくよな~、って思いながら指導してます。







つまりは将棋というコンテンツの楽しさを信頼しきっている席主が主催している寺将会。

次回は
11月8日 (金)17時~21時 安養寺にて開催予定です。

記 : 寺将会席主 松浦







ブログランキングに参加中です。
宜しければ下バナー↓をクリックお願いしますニコニコ
 
 
 
 
 
 

≪直近の石川県将棋大会・イベント情報≫

 

11/10(日)内灘町長杯将棋大会

場所:内灘町地域防災センター

 

11/17(日)美川将棋大会

場所:美川文化会館

 

11/24(日)アマ名人石川県大会

場所:金沢市ものづくり会館

 

12/1(日)昇龍杯争奪将棋大会

場所:ワークパル七尾


1/12(日)寺王戦

場所 : 金沢東別院

https://ameblo.jp/sujitigai34/entry-12540856268.html

 

---------------------------------------------------------------------------------------------

 

●大会結果●石川県内の将棋大会結果はこちらから↓

 

https://ameblo.jp/sujitigai34/theme-10108579472.html

 

●野々市将棋順位戦●の結果はこちらから↓

 

https://ameblo.jp/sujitigai34/theme-10092812746.html

 

●大会情報●石川県の大会、イベント情報はこちらから↓

 

https://ameblo.jp/sujitigai34/theme-10108579470.html