島耕作の事件簿

テーマ:

課長島耕作シリーズのスピンオフシリーズです。

色々考えますね。出版社も必死です。

そういえばこの間アメトークで島耕作をやっていましたね。

 

 

以下ネットニュース

 

『島耕作の事件簿』が期待以上だった件 --- 常見 陽平

私は島耕作が大好きな人材である。全部、持っている。ただ、最近は「安売りしていないか」と思えるような、雑な外伝的作品や、コラボ企画も乱発されており、ファンとして胸を痛めていた。だいぶ回復し面白くなってきたものの、何より「本編」の会長編、ヤング編である「学生・就活編」のテコ入れこそ必要なのではないかと思っていた。

島耕作がコラボ作品、スピンオフ作品として刑事編をやると聞いて、嫌な予感がしていた。これはダメコラボなのではないかと。

しかし、リリースされた『島耕作の事件簿』はそんな嫌な予感を吹き飛ばすほどの佳作だった。原作は樹林伸が担当。説明不要な重鎮だ。そう、『金田一少年の事件簿』や『神の雫』など、数々の名作、ヒット作の原作を担当しているあの樹林伸氏である。あとがきによると、『島耕作』シリーズの弘兼憲史氏とはワイン仲間だそうだ。

これは良コラボだ。舞台を課長時代のバブル期1990年に設定。島耕作の黄金期の一つと言っていいだろう。ネタバレするので、詳細は書かないが、再び注目を浴びつつあるバブル期を舞台に、ビジネス色あり、サスペンス色あり、少しだけエロありと、エンタメ性抜群の作品になっている。

いままでの島耕作コラボには、大安売り感があったのだが、この作品は島耕作のキャラが活きている。弘兼憲史氏も作画に専念しているわけだが、これはこれで島耕作に輝きを取り戻すためのナイスな施策である。一気読みの圧倒的な面白さだった。

島耕作×推理モノというのは、奇策のようで、大ヒットだった。これまでのコラボ、本編のテコ入れという模索の繰り返しの末の大ホームランとも言えるだろう。この1×1が無限大になるのが、良コラボである。

今年は島耕作35周年イヤーだ。今後も驚くような企画が多数リリースされることだろう。期待しよう。

 

渡部建、あの人気漫画「島耕作」に出演していた!?

1月25日(木)放送の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)で、渡部建(アンジャッシュ)と漫画家・弘兼憲史の意外な交友が明らかになった。

1983年に「課長 島耕作」の連載がタート、今年で35周年を迎える「島耕作」シリーズは、累計4000万部以上を発行するサラリーマンのバイブル的存在の漫画。連載開始当初は役職が“課長”だった島耕作も、現在は“会長”になり「会長 島耕作」とタイトルも出世して現在「モーニング」で連載されている。番組では、この島耕作を愛してやまない、渡部建、ケンドーコバヤシ、竹若元博(バッファロー吾郎)らが「島耕作」の魅力を徹底紹介。

2011年に「島耕作芸人」の第1回が放送された際に「弘兼先生が番組を見てくださっていて、その後トークショーに呼んでいただいたんです」と、渡部は番組がきっかけで原作者の弘兼憲史と交流が始まったと明かした。さらに「原画とかいただいちゃって」と渡部がもらった島耕作の原画を見た「島耕作芸人」達からは「うわぁ~」と羨望のため息が。「田辺晋太郎っていう友人と弘兼先生とお食事に行く機会があって、その後『会長編』を読んでいたら、『渡部晋太郎』っていうキャラクターが出てきたんです! 弘兼先生に『これ、どういうことですか?』って聞いたら『渡部くんの名前を借りたよ』って言っていただいて、非常にうれしいです」と、渡部は高めのテンションで報告していた。

とはいえ、渡部晋太郎のキャラクターの“サラリーマンのおじさん”そのもののルックスに「ただね、もう少し似せていただきたかった」と感想をポロリ、ケンコバは「全く、似てないもんな」と言いつつ、大好きな漫画に渡部が出演したことを羨ましそうにしていた。