おはようございます。
占い師の 青山 ほの花です。(*^^*)

本日は、テレビで最近よくお見かけする
平野 紫耀さんを 少しだけ算命学でよませていただきます。
天然な感じが魅力でもありますね。

辛 辛 丙                      牽牛  天貴
未 丑 子            龍高  龍高   鳳閣
己 己 癸            天堂  貫索   天印

戌亥天中殺

日干支が辛未です。
宝石が砂漠の中に置かれた状態です。

これは、洗う水が必要となりますが
子丑の支合で化水、辛と丙の干合で化水しますので、水はたっぷりありますね。


性格は、引っ込み思案ですが 好奇心が強く、芯がしっかりしています。プライドもしっかりあり、それは人から応援されるような明るい自尊心となりますね。

若い頃は特に、肉体的、金銭的に無理をしてしまいがちですが
困難や苦難にあっても 強い意思と根性で乗りきっていきます。
仕事においては、色々なアイデアを持つようですね。

宿命に
納音、庫気刑、害、支合をお持ちです。

家系との縁が強いか薄いか…のどちらかになりますね。(両極端です。)
どちらにしましても
身内からは離れて生きるのが良いでしょうね。

親と運がシーソーしそうなものもお持ちです。

また
子未の害は、腎臓や膀胱、骨、筋、神経痛などには注意ですね。
特に 来年は子が廻ってきますしね。

梟神格に入られているので
禄存・司禄が廻るときは吉(21才~41才頃まで)です。

2018年頃を境に、人生の色が変化したでしょう。
また、昨年と今年は 接運で天中殺ですね。
玉堂(2018年)と龍高(2019年)が廻っていますので、目上に禍が多く出るかもしれません。

まだまだ先の話ですが
42才頃からは、お仕事や対人関係に 大きな変化がありそうですね。

平野 紫耀さんの命式を拝見していまして
なんだか「天然」とは少し違う
奥深さといいますか…
そういったものを感じました。

本来、この方の持つ流れは
清く 美しい。
やはり辛さんだからでしょうかね。(*^^*)



これからも  ご活躍を期待しています。

本日もお読みいただきましてありがとうございました。
ポチッと押していただけますと、励みになりますおねがい
     ↓
いつもありがとうございます。